速水けんたろうが語った家族のコロナ闘病「妻は死も覚悟…」

速水けんたろうが語った家族のコロナ闘病「妻は死も覚悟…」

速水けんたろうが語った家族のコロナ闘病「妻は死も覚悟…」の画像

「医療従事者の方たちには、本当によくしていただきました。防護服をまといながらも危険をかえりみず、医師の先生、看護師さんたちが、いろいろと気にかけてくださいました。私たち夫婦が不安になっているときにも励ましてくださって……、感謝の言葉しかありません」

そう語るのは、『おかあさんといっしょ』の8代目うたのおにいさんで歌手・声優の速水けんたろう(58)。

4月8日に新型コロナウイルスの感染を公表し、1カ月近い入院生活をおくった彼が、闘病を振り返るとともに、現在の生活について語ってくれた。

「発症したのは4月3日のことでした。全身の痛み、特に腰に強い痛みを感じて、熱を測ったら38度近く。4月7日にPCR検査で陽性反応が出てしまったのです」

陽性反応にショックを受けた速水をさらに打ちのめしたのは、妻の感染も判明したことだった。

「きっと僕が(ウイルスを)自宅に持ち帰ってしまったのだと思います。同居している妻と次男の家族3人が陽性という結果でした。僕より妻の症状が重かったのも申し訳なく思っています。

僕が入院後に4〜5日ほど発熱が続いたのに対して、妻は2週間ほど高熱が続き、ようやく平熱に下がったと思ったら、2〜3日後に再び39度以上の高熱が3日間続きました。2人ともアビガンを投与してもらいましたが、効果が出るのにも差があったようです。同じ部屋に入院していたので病状も把握していましたが、僕もとにかく不安でした。

妻は一時期、“死”も覚悟していたようです。『もしかしたらこのままダメかもしれない』と、口にしていて……。『絶対、大丈夫だよ』『先生を信じよう』と、励まし続けました」

医師たちの尽力もあり、5月上旬には退院を果たすことができた速水夫妻。1カ月の外出自粛をへて、現在は軽い運動を始め、慎重に生活しているという。

「自宅ですので激しい運動はできませんが、椅子に座って軽くストレッチをしたり、筋トレをしたりして体力の低下を防ぐことを心がけています」

退院から12日後の5月16日に仕事復帰を果たした。ラジオ番組『羽多野渉と古賀葵 コエ×コエ』(TOKYO FM)に、自宅からリモート出演したのだ。

「洗足学園音楽大学の声優アニメソングコースで音楽講師も務めていますので、先日はリモートで授業に参加しました。

いまの目標はステージ復帰ですね。この数年は『おかあさんといっしょ』OB・OGによるファミリーコンサートに出演しています。夏にはコンサートも予定されているので、そのステージに立てればと考えています。ファンの皆さんにもご心配をおかけしましたので、早く元気になった姿をお見せしたいです」

「女性自身」2020年6月23・30日号 掲載

関連記事(外部サイト)