手越祐也 農業構想明かすも山口達也とのコラボが懸念される訳

手越祐也 農業構想明かすも山口達也とのコラボが懸念される訳

手越祐也 農業構想明かすも山口達也とのコラボが懸念される訳の画像

6月19日にジャニーズ事務所を退所した元NEWSの手越祐也(32)。8月5日、フォトエッセイ『AVALANCHE』(双葉社)の出版会見を開いた。

同書でも明かしているという、食文化や農業技術を伝える農業園「手越村」の構想を発表した手越。これまでの渡航経験から、「日本の食は世界に誇れる」として食や農業の大切さを力説した。

具体的な候補地として、山梨県を挙げた手越。だが、農業に関する知識や技術はないという。そこで協力者として、18年にTOKIOを脱退した山口達也(48)を推薦したのだ。

過去に『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に出演した手越は、山口を「本当にかっこいい、大切な先輩」と尊敬。続けて「お互いが事務所の人間ではないからこそ、人生の先輩・農業の先輩として指導してほしい」と熱弁した。

しかし山口には連絡を取っておらず、会見で初めて名前を出したという手越。「夢を語るのは自由」と述べた上で、山口にサポートを求めた。

ネットでは山口を勧誘することについて、《お門違い》《巻き込まないで》と否定的な声が上がっている。

7月22日、TOKIOは長瀬智也(41)が21年3月末で事務所を退所することを発表。同時に城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)が、ジャニーズグループ関連会社「株式会社TOKIO」を設立することも公表した。

発表にあたって、城島、国分、松岡は報道陣の取材に応じた。その際、松岡が山口に直接報告したことも明かした。そして、彼の近況をこう語っていた。

「彼は彼なりにこれから頑張っていく、と言ってましたし、今何を頑張ればいいのか、というのは具体的にたぶん彼自身が決めていくことだと思うんですけど、とても元気にしてます」

引退後もTOKIOと良好な関係を築いているという山口。将来的に手越と合流するのは、“新天地”として相応しいのだろうか。

「山口さんは退所後、メンタルケアに専念するため入院していました。現在は一般人として生活していますが、将来的に人前に出ることを社会復帰の目標としているそうです。

確かに山口さんは、申し分のない農業のノウハウを持っています。『鉄腕DASH』に出演していた頃は、ロケがない日でも農作業をしに行くほどでした。

ただ山口さんが降板してから、事務所は所属タレントを出演させるなどして取り計らっていました。また会社として、山口さんをサポートする姿勢も表明していました。

そんななかで“泥沼退所”と言われた手越さんの元で復帰するとなれば、その溝が深まるのではないでしょうか」(芸能関係者)

関連記事(外部サイト)