「赤い公園」津野米咲さん死去…SMAPも語っていた楽曲の魅力

「赤い公園」津野米咲さん死去…SMAPも語っていた楽曲の魅力

「赤い公園」津野米咲さん死去…SMAPも語っていた楽曲の魅力の画像

10月19日、4人組ロックバンド「赤い公園」のメンバー・津野米咲さんが東京都内で死亡していたことが報じられた。29歳という若さだった。

各メディアによると18日午前9時ごろに東京都杉並区の住宅で、ぐったりしている津野さんを関係者が発見。搬送先の病院で死亡が確認されたという。

「高校の軽音部の仲間で結成されたバンドは、12年2月にメジャーデビュー。人気が上昇するいっぽう、同年10月に津野さんの体調不良を理由に活動休止。ですがその後、13年3月に活動を再開。津野さんはバンドのリーダー的存在で、作詞・作曲、プロデュースを手がけていました。またSMAPやYUKI(48)、モーニング娘。’16に楽曲を提供するなど、ミュージシャンとしての実績を着実に築いていたのです」(音楽関係者)

Twitterでは「津野米咲さん」がトレンド入りし、突然の訃報に衝撃が走っている。そんななか、「SMAP」というワードも浮上した。

13年6月にリリースされた、SMAPの通算50枚目となるシングル『Joy!!』の作詞・作曲を手がけたのは津野さんだった。当時21歳という若さでの楽曲提供は“異例”として、音楽業界の話題をさらった。

同年4月から放送された、香取慎吾(43)主演の『幽かな彼女』(日本テレビ系)では主題歌として起用された同曲。リリース当時、メンバーは本誌に楽曲の素晴らしさを語っていた。

本ドラマで教師役を演じた香取は、「主演ドラマの主題歌なので思い入れが強いです」とコメント。「主題歌としての思いだけでなく、生徒たちと一緒に過ごした数カ月の思い出が詰まった曲ですね」と明かしていた。

中居正広(48)は、「応援歌とまではいいませんが、聴く人の背中を肩ひじはらず、カジュアルに押してあげるような歌詞になっていると思います」と絶賛。

また稲垣吾郎(46)も「すごく楽しい曲ですし、踊りが苦手な僕でも覚えやすかったので、皆さんもテレビを見ながらできちゃうんじゃないかな」と楽曲の魅力を語っていた。

「リリース直後、津野さんは音楽番組でSMAPと共演。赤いワンピースでギターを弾く姿は、ひときわ輝いていました。木村拓哉さん(47)が歌いながら、彼女に歩み寄る演出も印象的でした。木村さんの計らいに、津野さんは大変喜んでいました」(前出・音楽関係者)

素晴らしい楽曲をいくつも送り出してきた津野さん。その訃報に、悲しみの声が広がっている。

■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時〜午後9時/毎月10日・午前8時〜翌日午前8時)

関連記事(外部サイト)