森崎ウィン、木村多江との撮影で鳥肌 「これはいいシーンになるって確信した」

2018年にスティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』の主要キャストのひとりに抜擢され注目された森崎ウィンさん。近年ますます映画にドラマにと活躍中です。

――昨年、ソロアーティストとしての活動もスタート。歌で表現することと、お芝居で表現することに、何か違いはありますか?

両方を完璧に分けているかといったら、できてないです。通じるものもあると思うし。ただ、ずっとドラマを撮っていて、休みの日にMVを撮りに行ったりすると、うまく気持ちを切り替えられなかったりします。あと、歌のときは赤裸々に自分を語っているような、裸になっていく感覚があります。自分が書いた曲でなくても、歌詞が自分の言葉を語っているような。お芝居は、脚本家さんや監督さんがいて、自分の体を使って誰かの代弁をしている感覚です。

――自分が経験していないことを、どう役に落とし込んでいますか?

作品や役によって、毎回いろんなやり方をしています。自分が過去に経験した感情を使うこともありますし、相手役のかたの顔を見て自然とその感情になるときもありますし。前もって作るときもあれば、向こうのセリフがどうくるかで変わることもあるから作るのをやめようと思うこともあります。

――これまで難しかった役というのはありますか?

毎回、やり切ったというのはなくて、反省で終わることは多いですけど…今年やったドラマ『西荻窪 三ツ星洋酒堂』の小林という役は難しかったです。自分とは真逆にいる人間だったから。こんなボソボソしゃべんないし、なんでこんなにずっとイライラしてるんだろうとか、撮影に入った当初は手がかりも少なくて模索してました。

――確かに、ほとんどしゃべらない謎めいた役柄でしたよね。でも、とても存在感がありましたよ。

普段の自分はこんなんだから(笑)…役に慣れなくて。

――あの役もですが、作品によって雰囲気をガラッと変えてこられるので、一瞬森崎さんだと気づかないことがあります。

結構そう言っていただくことがあって、嬉しいです。たまに自分でも役なのか自分なのか、よくわからなくなったりします。

――憑依型なんでしょうか。

どうなんでしょうか…。自分でもまだよくわからないんです。

――現場で、思わず心が動かされた瞬間みたいなものはありますか。

最近でいうと、木村多江さんと共演したときです。あるシーンを撮影するときに、台本を読んだ時点で大体の絵は想像していたんです。でも、木村さんが役として前に座った瞬間、なんかわからないけれど感情が溢れてきちゃって…。その前に素の木村さんとは、ご挨拶もしてお話もしていたのに。あれは鳥肌が立ったし、その場にいる誰もが、これはいいシーンになるって確信したと思います。

――「芝居って面白い!」みたいな気持ちになりました?

役者としていいのかわからないけれど、すごいお芝居をされるかたにお会いすると嬉しくて楽しくなっちゃうんです。もちろん怯む気持ちもあるけれど、それよりも嬉しさや興奮がまさるんですね。そんなシーンじゃないのにテンションが上がっちゃって、「そんなんじゃダメだ、ウィン」って自分に言い聞かせてました(笑)。

役者の前にひとりの人間。まずは人間力を上げたい。


――仕事を始めてから『レディ・プレイヤー1』の出演が決まるまで約10年。その間、仕事を続けてきた理由はなんでしょう?

もともとクリエイティブなことが好きで、みんなでひとつのものを作っているのが面白かったんですよね。それまでの役のほとんどがオーディションでしたけど、それでも楽しかったんですよね。

――同世代の俳優さんの存在とか、意識されたりします?

刺激になりますし、まったくしないと言ったら嘘になりますけど…。ずっと僕は自分と他人とを比べてきたので、その価値観を変えたいと思っているところです。あいつよりいい芝居したいとか、比べることばかりで本来自分のやるべきことを見失ってしまっては意味がない。比べる癖をやめて、いいと思ったことには拍手して、自分も頑張るって方向にマインドを変えているところです。…って、ちょっとカッコいいことを言ってみました(笑)。

――憧れる俳優さんはいますか。

現場でカッコいいなと思うかたはいますけど、この人みたいになりたいとかはないです。ただ、身近にいるトレーナーさんのことは羨ましいなって見ていますよ。俺ってポジティブな半面、考え込んじゃうとマイナス思考になってしまうんです。でもその人はすごいポジティブで、気持ちで前に進んでいくタイプ。あんなふうにマインドを切り替えられるといいなって。役者である前にひとりの人間なので、まずは人間力を上げたいんですよね。そのためにも色々なかたと深く関わって、自分の中の引き出しを増やしていきたいです。

森崎ウィンさんが橋颯さんとWキャストで主演するミュージカル『ジェイミー』は、8月8日(日)〜29日(日)に東京建物Brillia HALLにて上演。主人公・ジェイミーは、ドラァグクイーンを夢見る高校生。本来の“自分らしい”姿でプロムに参加しようとするが周囲の猛反対に遭い…。大阪、愛知公演あり。ホリプロチケットセンター TEL:03・3490・4949

もりさき・うぃん 1990年8月20日生まれ、ミャンマー出身。2008〜’20年までダンス&ボーカルユニットの一員として活躍。俳優としても数々の作品に出演し、’18年の映画『レディ・プレイヤー1』で注目を集める。昨年には、MORISAKI WIN名義でリリースした配信シングル「パレード‐PARADE」でメジャーデビュー。

シャツ¥39,600 パンツ¥69,300(共にビューティフルピープル/ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F TEL:03・6452・5622) ブレスレット¥58,300(ハリム) リング¥14,300(ミラ) 共にスタジオ ファブワーク TEL:03・6438・9575

※『anan』2021年8月4日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・森田晃嘉 ヘア&メイク・KEIKO インタビュー、文・望月リサ

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)