我が家・坪倉由幸、俳優業で大活躍も「かが屋、ハナコ岡部がとにかく怖い」

ドラマのみならず映画、舞台で活躍し、俳優としての才能を発揮する、我が家・坪倉由幸さん。来年の大河ドラマにも出演が決定。ますます注目の芸人俳優バイプレイヤー筆頭です!

演技がうまい若手が今はとにかく怖い!


お笑いトリオ・我が家の坪倉由幸さんは『下町ロケット』や『あなたの番です』『わたし、定時で帰ります。』など話題のドラマに続々と出演する芸人俳優バイプレイヤー代表格のひとり。なかでも『アンナチュラル』第4話で演じたバイクの事故で亡くなる父親役はメッセージを託す物語とともに強い印象を視聴者に与えた。さぞ、ご本人もこの役柄のお芝居に満足されていることだろうとお話を伺ったら、意外な返事が返ってきた。

「満足どころかお芝居をすることがずっと不安なんですよ。『アンナチュラル』なんてひとりでオンエアを見るのが怖くてテレビをつけられなかった。でも、放送終了後にはすぐエゴサーチをして(笑)。そうしたら“すごくよかった”といいコメントがいっぱい並んでいたんです。それで、ほっとしつつも、でも自分としては“そんなによかったかな?”とずっと半信半疑でした」

かつて俳優の養成所に通っていたものの根っからのお笑い志望。ドラマ初出演も『主に泣いてます』で、イケメンだけど帽子を取るとハゲている警察官という役柄がぴったり、と見た目重視のキャスティングだった。

「だから演技は下手でもいいのかなと思っていました。それでも自分としては一生懸命やってみたんです。でもその時に演技がうまくできないな、もっと自然にセリフを言えたらいいのにと思った。その気持ちが今もずっとあります」

コントで見せる大ボケ役のキャラクターのように飄々とドラマの現場をこなしているのかと思いきや、一つの役柄、一つのセリフをとことん吟味し、自分の中で反芻してから現場に挑みたいと言う。演じることへの繊細さが言葉の端々にうかがえる。

「いや、それは多分僕が芸人だからです。舞台だと笑いが起きてスタッフさんやお客さんのリアクションをダイレクトに感じられる。ネタも何回も舞台にかけて練れるじゃないですか。ドラマの現場はそれがない。シーンとしていてリアクションはないし、チャンスはリハと本番の2回だけ。本当に厳しい世界です。だから不安になってあれこれ考えちゃう。せめて自分なりにどう演じるか準備しておかないとってなりますよ」

その真摯さがあるからこそ、多くのドラマプロデューサーや演出家のお眼鏡にかなうのだろう。来年はじまる三谷幸喜脚本による大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に抜擢され、初となる大河ドラマ出演が決まった。

「3月に放送された三谷さん脚本のドラマ『死との約束』にまず呼んでいただいたんです。その時も驚いて。現場に三谷さんがいらした時にお話をしたら(アメリカのドラマシリーズの)『ブレイキング・バッド』に登場する弁護士役が好きで、その役者さんが僕とよく似ていると。だから、そんな感じで演じてねと言われた。え、もう撮影中盤過ぎているのにどうすればいいの? ってその時は思ったけど(笑)、うれしかったですね」

大河の撮影も順調に進み、秋には新しい舞台も決まっている。俳優業はいよいよ順風満帆?

「いや、もう若手の台頭がとにかく怖いですよ。かが屋とかハナコ岡部とか今、コントやっている後輩の子たちは本当に芝居がうまいじゃないですか。何か言われた時の受けの演技がめちゃくちゃいいんですよね。あれはドラマの現場でも求められているものだと思いますよ。…いや、もうこれ以上褒めるのはやめましょう。僕が今スベっちゃうわけにはいかないんで。役者としてスベったらもう我が家ごと崩壊しちゃうかもしれないから(笑)。ここは、僕が今、ふんばっておかないといけない場所だぞって思ってます」

Masterpiece


『アンナチュラル』


過労死した父親役をナチュラルに好演。

石原さとみ主演の法医学ミステリー。坪倉さん出演の第4話は過労死をテーマに“誰のために働くか”を問いかける。新井順子プロデューサー作品にはその後『わたし、定時で帰ります。』『着飾る恋には理由があって』にも出演。

『主に泣いてます』


民放連ドラ初出演のコミックドラマ。

東村アキコ原作のコミックを菜々緒主演でドラマ化。“美人至上主義”のハチャメチャな警官・勅使河原耕三を演じた。「現場がとにかく楽しかった思い出があります。これが最初のドラマでよかったなと思ってます」

Review


お顔立ちは二枚目ですし、ニヒルなイメージもあって、いい人も悪人もできる変幻自在の感じがすごい魅力だと思います。芸人ぽさを封印するのもうまく、演技に引き込まれます。(ドラマプロデューサー・岩崎愛奈さん)

バイプレイヤーに欠かせない存在。『アンナチュラル』では、演技に泣かされてしまいました。短い出番でも、この人の人生にはいろんなことがあったんだろうなと想像をかきたてられます。(ライター・西森路代さん)

つぼくら・よしゆき 1977年生まれ、神奈川県出身。2003年に杉山裕之、谷田部俊と我が家を結成。舞台にも熱心に挑み、9/19〜本多劇場で上演される『物理学者たち』にも出演。

いわさき・あいな ドラマプロデューサー。2020年に手がけた『私の家政夫ナギサさん』が大ヒット。現在、重岡大毅さん主演のファミリードラマ『#家族募集します』が放送中。

にしもり・みちよ ライター。香港、台湾、韓国と日本のエンタメ事情に精通。共著に『韓国映画・ドラマ──わたしたちのおしゃべりの記録2014〜2020』(駒草出版)がある。

※『anan』2021年8月11日‐18日合併号より。写真・土佐麻理子 イラスト・岡田成生 取材、文・梅原加奈

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)