“ポスト水谷”は誰に!? 世界卓球選手権に挑む、層厚き日本代表選手たち

東京オリンピックで日本代表の男女全選手がメダルを獲得、大会後も余韻が残るほどの活躍を見せ、大きな関心が集まった卓球。その世界選手権「2021 世界卓球選手権」が11月23日から29日にかけてアメリカ・ヒューストンで開催される。

東京オリンピックの活躍から再出発。卓球日本代表が大舞台に挑む。


世界選手権は隔年で個人戦と団体戦が行われ、今回は個人戦の年でシングルスとダブルス、混合ダブルスを実施。日本からは男女それぞれ5名が出場するが、楽しみなメンバーが名を連ねる。東京オリンピックに出場した選手たちは無条件で代表に選出され、引退した水谷隼を除き勢ぞろい。一方に代表選考会を勝ち抜いた選手がいる。どちらの立場にあっても大切な“スタート”の場だ。

女子のオリンピック代表、伊藤美誠は“打倒中国”を心に抱き、平野美宇は“パリオリンピックでの金メダル”を目標に据え、石川佳純は短期の目標をその都度設定しながら進んでいくという。それぞれに今後への思いの色合いは違っても、その一歩となるのがこの世界選手権だ。

そのほかオリンピック代表を争って惜しくもなれなかった早田ひなと芝田沙季が出場。潜在能力をかねてから高く評価される早田は、過去の世界選手権(個人戦)で獲得した2つのメダルはダブルスでのもの。シングルスで好成績を残し、パリオリンピック出場へ向けて幸先のよいスタートを切りたいところ。芝田は早くから頭角を現す選手が多い卓球界にあって24歳で初めて代表入り。努力を積み重ねてきた成果を見せたい。

男子は長年にわたり牽引してきた水谷の後継者は誰なのか、“ポスト水谷”が注目ポイントの一つ。張本智和、丹羽孝希には結果に加え、チーム内での求心力も望まれる。26歳の森薗政崇は4大会連続の世界選手権(個人戦)出場。初出場の宇田幸矢と戸上隼輔は共に20歳。世代は少し異なっても、パリオリンピックを目指す姿勢には変わりない。

経験豊かな選手から若い世代までそろった男女計10名の代表。この顔ぶれは日本卓球界の層の厚さを物語っている。それも含め、日本がここまで強くなったのは中国を倒して世界一になるという目標あればこそ。悲願をかなえるために、日本卓球界にとってもスタートとなる世界選手権は見逃せない。

伊藤美誠

オリンピックで金、銀、銅と3つのメダルを獲得。五輪後は休養を取り久々の大会になる。

石川佳純/平野美宇

オリンピックで息の合ったプレーを見せた石川(左)と平野(右)。世界選手権のダブルスでもコンビを組む。もうひと組は伊藤と早田のペア。こちらも楽しみ。

早田ひな

オリンピックでは、リザーブとして代表選手のサポートも。パワーでは国内屈指を誇る。

張本智和

期待を集めたオリンピックのシングルスは4回戦で敗れた。再出発の世界選手権で上位を目指す。

宇田幸矢/戸上隼輔

代表選考会で1位の宇田(左)と3位の戸上(右)。明治大学の同級生の二人、シングルスのみならずダブルスでも活躍を期す。

「2021 世界卓球選手権」 11/23〜29 開催地:アメリカ・ヒューストン テレビ東京で放送。張本、宇田、早田は、混合ダブルスにも出場、3試合を戦う。

※『anan』2021年11月24日号より。写真・Getty Images 新華社/アフロ 文・松原孝臣

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)