スパイダーマン声優の榎木淳弥、 尾上松也からエール「楽しみにしています」

今回、ご紹介するのは、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。2017年からスタートした、『ホーム』シリーズ3部作の集大成を描く最終章です。スパイダーマン/ピーター・パーカーの日本語吹替版声優を担当した榎木淳弥さんにお話をうかがいました。

【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 98

「スパイダーマン映画の魅力を詰め込んだ作品です」


全世界で社会現象を巻き起こした、トム・ホランド主演の映画『スパイダーマン』シリーズ。2017年『スパイダーマン:ホームカミング』、2019年『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に続く、待望の最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がついに日本上陸を果たします。

12月17日(金)に全米で公開された本作は、コロナ禍における最大オープニング記録はもちろんのこと、全米における全スパイダーマン映画のオープニング興行成績の歴代1位という映画史に残る大記録を残しました。

物語は、スパイダーマン/ピーター・パーカーが、世界中に正体を知られるシーンで幕を開けます。平穏な生活が一変し、大切な人たちを危険にさらす現状に心を痛めた彼は、ドクター・ストレンジの力を借りに行きます。ところが、ドクターの呪文によってマルチバースが出現!

グリーン・ゴブリン、ドック・オク、サンドマン、エレクトロ、リザードといった、『スパイダーマン』シリーズの過去作に登場したヴィランたちが大集結し、全ユニバースを賭けた戦いが繰り広げられることに。ドック・オク役のアルフレッド・モリーナ、グリーン・ゴブリン役のウィレム・デフォー、エレクトロ役のジェイミー・フォックスなど、ヴィランたちを当時の俳優たちが再演。壮大な世界観を盛り上げています。

スパイダーマン/ピーター・パーカーの日本語吹替版声優を担当するのは、榎木淳弥さん。『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁役、『機動戦士ガンダムNT』のヨナ・バシュタ役、『鬼滅の刃』の煉獄千寿郎役など、国民的人気を誇る作品で大活躍する実力派が、スーパーヒーローとしての宿命と向き合うピーターの決断を情感たっぷりに演じています。

ーーかつてスパイダーマンの日本語吹替は、トビー・マグワイア版を猪野学さん、アンドリュー・ガーフィールド版を前野智昭さんが担当されていました。榎木さんがスパイダーマンを演じると決まった後、おふたりから何か声を掛けられたことは?

榎木さん 猪野学さんとはお会いしたことがないのですが、前野さんとはお仕事でよくご一緒させていただいています。その際、“榎木くんはいま、コレ(榎木さんが両手を前に出して、スパイダーマンが蜘蛛の糸を出すポーズをする)をやっているもんね”といじられたことがありました。

ーーおふたりがスパイダーマンのポーズで通じ合うところが素敵です。愛あるいじりですね。

榎木さん かわいがっていただいています。

ーー本作には、いくつもの大きなサプライズがあります。

榎木さん いろいろなウワサは耳に入っていましたので、実際に本編を観たとき、“こういうふうになるんだ”と、答え合わせをするような楽しみがありました。本作に対して、皆さんの期待が高まっていると知り、嬉しく思っています。

ーー本作は、歴代ヴィランたちの豪華共演が話題となっています。純粋な少年役がハマる、好感度抜群な榎木さんですが、ヴィランな心をのぞかせてしまう瞬間は?

榎木さん 雨の日にビニール傘を持ってスタジオに入り、仕事を終えて帰ろうとすると、傘がなくなっていることがよくあるんです。そのとき、一瞬だけ、傘立てに残っているビニール傘を持って帰りたい気持ちになるのですが、“誰かが不幸になるかもしれない”と思うと持って帰れなくて。そういうときは、新しい傘を買って帰るようにしています。

ーー“スパイダーマンの日本語吹替を担当されているんですよね”と、いろいろな方から声を掛けられるとか。最近、お仕事で尾上松也さんと対面されたそうですが、印象に残っているエピソードを教えてください。

榎木さん 尾上松也さんはスパイダーマンだけでなく、アクション・アドベンチャーゲーム『アンチャーテッド』もお好きだそうで。トム・ホランド主演の実写映画版『アンチャーテッド』では、僕が日本語吹替を担当させていただくことになっているため、尾上松也さんから“楽しみにしています”と言っていただきました。

ーー嬉しいですね。いまや、榎木さんはトム・ホランド担当といっても過言ではありませんし。

榎木さん たくさんの作品でトムを演じることができ、光栄です。

ーー最近、トムとお話する機会はありましたか?

榎木さん 先日、リモートでインタビューさせていただきました(※)。久しぶりにとても緊張しました。彼から“日本語吹替を演じてみて”とリクエストされたので、“スパイダーマンだ!”というようなセリフを言うと、すごく喜んでいただきました。

※インタビュー映像は、1/7(金)に榎木さんのTwitterとソニー・ピクチャーズ映画公式SNSで公開予定。

ーースパイダーマンを演じたことで、榎木さんの人生にどのような影響がありましたか?

榎木さん 『機動戦士ガンダムNT』のプロデューサーの方は、常にガンダムの主役を演じることのできる声優を探していて。ある日、僕が演じたスパイダーマンの声を聞いて、“ガンダムの主役をやれる声だ”と思ったそうなんです。

ーーそれはすごい。運命を感じます。

榎木さん スパイダーマンをきっかけとしてお仕事をいただく機会が増え、ありがたいと思っています。

ーー榎木さんが考える、トム・ホランド版スパイダーマンの魅力とは?

榎木さん 高校生の子どもならではの優しさと脆さです。敵を過度に傷つけないところも好きです。

ーー最後に、本作の見どころをお願いします。

榎木さん スパイダーマン映画の魅力を詰め込んだ作品です。なるべく、事前に情報を頭に入れず、まっさらな状態で劇場に行ったほうが楽しめると思います。そして、すべてのエンドロールが終わるまで、決して席を立たないでください。

インタビューのこぼれ話


榎木さんに、“スパイダーマンの能力で欲しいものは?”と聞くと、想定外の答えが! 「危機回避能力です。先日、引っ越しをしたのですが、ガスの契約を忘れていて。水で頭を洗いました。とても寒くてきつかったです」。

Information


『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』2022年1月7日より、日本公開出演:トム・ホランド、ベネディクト・カンバーバッチ、ゼンデイヤほか日本語吹替版:榎木淳弥(スパイダーマン/ピーター・パーカー役)ほか?2021 CTMG. ? & 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

撮影・山本嵩 文・田嶋真理  スタイリスト・久芳俊夫 ヘアメイク・fringe

撮影・山本嵩 文・田嶋真理 スタイリスト・久芳俊夫 ヘアメイク・fringe

関連記事(外部サイト)