女性にも人気!? ゲーム実況“でびさま”の目標は「ピカチュウのポジションを奪うこと」

でびさまの愛称で日々契約者と呼ばれる視聴者を増やし続けているでびでび・でびるさん。見た目は灰色の小さな可愛らしいぬいぐるみのようで、独特なボイスは不思議な癒しがある。YouTubeのチャンネル登録者数は約3年で45万人以上。その4割が女性というのも特徴だろう。ゲーム配信ではでびさまの言動や一喜一憂する様を視聴者は楽しんでいるようだ。

いじられキャラで、ホラー好きな怖がり悪魔。


「そうだね、契約者(視聴者)が僕に望んでいるのは超絶神プレイとかではないからね。もちろん、悪魔だから神プレイはできる! 余裕だよ。でも、悪魔だから“神”って付くことからして嫌だしね。あえて普通の人間レベルで見せているんだよ」

『スーパーマリオブラザーズ3』で始めたゲーム配信。難しさから苦しみつつもクリア。他の配信者とのコラボでは、『マリオカート』や『スプラトゥーン』が見ていて面白い。そこでのでびさまは常に劣勢だ。コラボ相手からは頻繁にいじられている。そして想像を超えた斜め上をいく言動が飛び出し、終始見ている人を喜ばせている。

「なんのこと? いじらせてあげているんだよ。プロだから、お仕事でいじらせているのであって、プロいじらせ。もし、そう見えたのであれば、僕の狙い通り、僕の勝ち! たとえいじられてイライラしても、そこも含めて楽しいし、自分が楽しめないとダメ。まず、自分がとことん楽しむことが大事。それがみんなにとっても幸せだと思うからね」

配信では常に自身が楽しむことに努めているでびさま。それ以外では『アイドルマネージャー』をお酒とともに嗜んでいるらしい。

「酒を飲みながら、アイドルを育成するというのは最高の時間だよ。もう、できません! とアイドルが泣き言を吐けば、頑張れ! まだできる! と励ましつつ働かせる。これこそ至高の時間。疲れたanan読者にもおすすめ(笑)」

そもそもゲームをやり込むようになったのは配信者になってから。それまでは触れる程度のライトユーザーだったそうだ。

「悪魔だからゲームなんて簡単に攻略できちゃう。だから、これまではやり込むなんてことはしなかった。でも、最近はストーリー性があるものを好んでやっているかもしれない。そうした点で言えば『デトロイト』は映画の中に入ってプレイする感じだし、選択肢次第で物語がどんどん枝分かれしていくから面白い。もともと映画が好きだったのもあるけど、物語性があるゲームは気になるよね。『SEKIRO|隻狼』は、いわゆる“死にゲー”というジャンル。でも、絶対に乗り越えられないわけではなく、何度も繰り返し挑戦することでクリアできる点がいい。難しさの先にはきちんと物語があって、爽快感や達成感も得られる良いゲームだよ。どちらも映像も素晴らしいので、未プレイの人はぜひやってみてほしいぞ。うむ」

では、現在気になるゲームもストーリー性重視なのだろうか?

「そうだね。『デドバ』(デッド・バイ・デイライト)とかもやっているけれど、『ブラボ』(ブラッドボーン)は気になる。不気味な感じが漂っていて良い感じなんだよね。もちろん不気味さで言えば僕の方が遥かに上だけどね。あと、『零』シリーズも大好きで配信もしている。これは和風ホラーで昭和の日本が舞台。成仏できない心霊たちをカメラで撮って撃退するという心霊現象体験ゲームなんだよ」

配信を見る限り、ホラーがとても得意には見えないが…例えるならでびでび・びびる…?

「なにがびびるだ! あれもプロとして怖がってみせているだけ! ぜんぜん怖くない」

では、ゲーム配信だけでなく、「超絶冷たい恋愛相談」や対談など、人気コーナーを多数抱えるでびさま。この先、どんな未来を思い描いているのだろうか。

「契約者(視聴者)を増やし、すべての人間から崇拝される。これは当然として、サブ的にはピカチュウのポジションを奪うこと。女子高生とかが僕のマスコットやキーホルダーを付けて、あーそれ新しいやつ! でびさまはやっぱり可愛いよねー、とか言ってキャッキャしている。そんな光景が僕には見える! うむ」

大切なゲーム


『零』シリーズ2001年に1作目『零 zero』が発売されて以降、根強い人気を博している。’21年にはシリーズ20周年を記念して、リマスター版『零 濡鴉ノ巫女』が発売された。?2014-2021 Nintendo /コーエーテクモゲームス

次に遊びたい一本


『Evil West』「昨年のThe Game Award 2021で最新のトレーラーを見たんだが、地獄の扉が開く感じが、僕の世界観と同じ。プレイヤーは吸血鬼ハンターとなって、アメリカの西部に漂う脅威に立ち向かう。という感じなんだと思う」とでびさま。稲妻を燃料にガントレットやガジェットで血に飢えた怪物たちを叩く。1人でもマルチでもプレイ可能なアクションアドベンチャー。PS5、PS4、PC(Steam)などに対応。販売価格や発売日はいずれも未定。

でびでび・でびる/チャンネル登録者数 45.5万人

初めてやったゲームは?/『スーパーマリオブラザーズ3』 一番熱中したゲームは?/『SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE』 ゲーム選びのポイントは?/ストーリー性 配信以外で楽しんだゲームは?/『アイドルマネージャー』 1日のゲーム時間は?/2〜3時間くらい

でびでび・でびる 2018年、にじさんじSEEDs 2期生第2弾として活動開始。同年、YouTubeで初配信。ゲームを始めたのは近年。『デトロイト』をはじめ、『SEKIRO|隻狼』『零』シリーズなどを配信。他の配信者とのコラボも人気。愛称は「でびさま」。登録者数は1月20日現在

※『anan』2022年2月9日号より。イラスト・望月けい 取材、文・川上浩平

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)