miwa「同じ時代を生きる人たちに響くメッセージ」を込めた新作を語る

【音楽通信】第104回目に登場するのは、やさしさあふれるバラードから力強いロックチューンまで、多彩な歌声を届けてくれる、シンガーソングライターのmiwaさん!

幼い頃から歌手になりたいと思っていた


【音楽通信】vol.104

2010年の大学1年生のときにメジャーデビューしたmiwaさん。翌年にリリースした1stアルバム『guitarissimo』は、平成生まれのシンガーソングライターとして、初めてアルバムチャート1位を獲得。以降、透明感がありながらも力強い歌声で、数々のヒット曲を聴かせてくれています。

そんなmiwaさんが、2022年2月23日に5年ぶり、6枚目となるニューアルバム『Sparkle』をリリースされるということで、音楽的なルーツなどを含めて、お話をうかがいました。

――小さい頃やデビューする前によく聴いていた音楽から教えてください。

親やまわりの友達が聴いているようなJ-POPや洋楽をよく聴いていましたね。親世代が聴くような年代のものから、友達が聴くような当時の流行の曲まで、幅広く音楽を聴いていました。

――15歳の頃からギターでオリジナル曲を作り始めたそうですが、そもそも楽器を始めたきっかけがあったのですか。

クラシックピアノを10歳までやっていたのですが、やめてしまって。その後、シェリル・クロウやアヴリル・ラヴィーンなどの女性アーティストが、自分でギターを弾きながら歌っている姿を見て「かっこいい!」と影響を受けて、15歳から自分でもギターをやりたいなと思って始めました。

――19歳のとき、シングル「don’t cry anymore」でデビューされましたが、実際にアーティストになろうと意識されたのはいつ頃なのでしょうか。

歌手になりたいというのは、幼い頃から思っていました。でも、歌手になりたいというのは漠然とした夢だったんです。成長して、自分で作詞作曲をするようになってからは、「シンガーソングライターになりたい」と、具体的に目指す夢になっていきました。

新作は“自分らしく輝く”ということがテーマ


――2022年2月23日に6枚目となるニューアルバム『Sparkle』をリリースされます。タイアップ曲や新曲が収録された今作ですが、どんな思いが込められていますか。

まず1曲目に「Sparkle」というタイトル曲があるのですが、この曲は“自分らしく輝く”ということをテーマにしています。いまの世の中、なかなか自分を解放したり新しいことを始めたりという前向きでポジティブな気持ちになりづらい状況で、ふさぎこんでしまう瞬間も多くある感じがするのですが、そんなときにこそ音楽が少しでも励みになって背中を押せればいいなと。曲自体はかなり前に書いた曲なんですが、いま聴いてみると、こういった世の中で同じ時代を生きる人たちに響くメッセージになっているのではないかなと感じています。

――アルバムのジャケットもきらめいていて、タイトルのお話でもお聞かせくださいましたが、こちらも“輝く”というコンセプトでしょうか。

そうですね。外に向かって輝いていくようなきらめき、自分の内側からあふれる輝きのようなイメージを大事にしました。手に取る方がハッとするようなポジティブさや、未来に向かって進んでいける希望を持てるジャケットにしたくて。こだわりを持ってスタッフの方たちも含めてみんなで作っていきました。衣装も着たことのないようなものだったり、メイクもホログラムをたくさんつけてみたりしています。

――では4曲目「UUU(ユーユーユー)」はどんなふうに生まれた楽曲でしょうか。

曲に出てくる主人公は学生で、恋愛をテーマにした曲です。いま10代の方は、もっとSNSが身近で、スマホが生活に密接にリンクしていますよね。わたしが10代だったときはLINEがまだなく、携帯のメールが中心だったと思うのですが、いまはTwitterもInstagramもLINEもなんでもあって、ある意味スマホの中の世界がリアルのような気がしていて。

そんなSNS上のやりとりに一喜一憂して、スマホを手放せなくなっているということが起きているんじゃないかなと思うんです。わたしが学生の頃はメールの返信がきていないと、折り畳み式の携帯電話の画面をパカパカ開く時代で、そんな気持ちを思い返していました。そういったスマホの中の恋愛、相手とのやりとりに夢中になっている瞬間をとらえている曲になっています。

――では、いつも曲を作られるときは、主人公を設定して、物語を作り込んでいらっしゃるのですね。

この曲のようにテーマを決めて書くときと、曲にひっぱられてテーマができあがっていくときと、両方ありますね。いろいろなアプローチで作っています。

――10曲目「Storyteller」は強い信念を感じる歌詞のロックナンバーですね。こちらはどのように作っていかれたのですか。

最初からタイトルとテーマを決めてから作った曲ですね。「Storyteller」というタイトルから連想する自分らしさや、自分の人生を主体的に生きるというような意味を込めています。誰かに「こういう生き方だよね?」と言われるのではなく、自分から「これが私の人生です」と自分で言える力強さを表したいと思って書きました。

ある意味、シンガーソングライターという仕事も、自分の考えや信念を曲に込めていける職業だと思うんです。そういったなかで、自分の思いをかたちにするという視点から、この曲が生まれてきました。

――12曲目「君の声が」は、miwaさんの歌声がダイレクトに届くバラードですが、どんなシチュエーションから生まれましたか。

実はアルバムの中で、もっとも昔に作った曲です。当時、(イギリスのシンガーソングライター)エド・シーランに感化されて、彼のようにエレキギターでラブソングをロマンチックに歌うことをやってみたいと思って。そんなことを一緒に曲を作ってくれているプロデューサーのNAOKI-Tさんと話しながら作っていったので、あらためてこのアルバムを作るときに歌詞を完成させていきました。

そのときに、当初思い描いていたすごくロマンチックな部分を大切にしようと思って、何度でも出会って、何度でも恋をする、出会いの奇跡と運命みたいなものを歌っている曲です。

――ラストを締めくくる13曲目「Who I Am (Album Version)」は、一度2020年に配信された楽曲でもありますが、今回あらたに収録されたのはどのような思いからですか。

今回、頭のサビの部分を英語にしたのですが、この英語のテイク部分は2019年の1月に、ロサンゼルスで作った曲なんです。2017年にリリースした「We are the light」という曲があるのですが、その曲はLA在住のプロデューサーher0ism(ヒロイズム)さんやTova Litvin(トヴァ・リトヴィン)というメンバーと日本で制作して。

そのときのメンバーと今回、LAで再会して、また3人で作ったんです。なかでもTovaとは、以前も初めて会ったのにすぐ意気投合して、今回LAでの再会もお互い楽しみにしていて。私がショートヘアにしてからの再会でしたが、偶然Tovaさんも髪を何十センチも切っていて「お互い髪切ったね」という話から近況を話していくうちに、同性で同世代ということもあって共感する部分がありました。

そのなかで「私たちらしさってなんだろう」と、自分の人生の進め方について、親友のように語り合ったままの気持ちで作った曲なので、私にとっても人生のターニングポイントとして大事な曲です。自分自身もすごく励まされましたし、力がわいてくる気がしていて、そのときにLAで録ったデモが、今回のアルバムバージョンに入っているものになります。

実は東京でも英語バージョンも日本語バージョンもレコーディングし直しているのですが、聴き比べてみると、やっぱりLAで録ったデモのほうが作ったときの感情が詰まっている気がして、すごくよかったんです。そのときのパッションを大切にしたいと思って、そちらを今回入れてみました。

――2月からは「miwa concert tour 2022 “Sparkle”」と題した全国ツアーも開催されます。どのようなステージになりますか。

久しぶりにバンドでまわるツアーになるので、すごく楽しみにしています。東名阪で行うのですが、とくに名古屋公演は久しぶりで、数年ぶりに会う方もいるでしょうし、いまライブができること自体が貴重なことですから、無事に開催できることを祈るばかりです。来ていただける方々も、体調に気をつけていただきながら、こちらもできる限りの対策をして、安全にみんなで楽しめるライブにしたいと思っています。

東名阪ツアーでみなさんに会えるのが楽しみ


――Tovaさんとのエピソードでもお話しくださいましたが、以前はロングヘアのイメージもあったmiwaさんですが、いまショートカットで、今後はどんな髪型をお考えですか。

一度ショートから伸ばして、ボブにしてみたのですが、なかなか長くなるまでの途中段階が難しくて、髪を伸ばすのはけっこう大変だなあって(笑)。もし今後髪を伸ばすとしたら、肩につくぐらいの長さにしようかなと。

――では普段のスキンケアなどで意識されていることはありますか。

スキンケアではそれほど意識していることはないのですが、けっこう敏感肌なんです。いまはマスクの時代じゃないですか。私はどうしても不織布マスクだと肌が荒れてしまうので、マスクの中に洗えるタイプの布を入れてから、不織布マスクをつけて二重にしてつけています。

――では最後に、今後の抱負をお聞かせください。

今年は5年ぶりに、『Sparkle』というオリジナルアルバムをリリースできるのが本当にうれしいんです。アルバムには未発表曲も入っていて、シングルとしてリリースした曲も含めて聴いていただけると、前向きになったりほっこりしたり奮い立ったり。バリエーションのある曲が入っているので、知っている曲も知らない曲も、ひとつの作品として全部聴いていただければうれしいです。東名阪ツアーで、みなさんに会えるのを楽しみにしています。

取材後記


華奢な印象ながら、歌や楽曲ではパワフルなパフォーマンスで活躍されているmiwaさん。ananwebの取材では、アルバムのタイトルではないですが、どこかキラキラとした輝きを感じさせるさわやかさでインタビューに応えてくださいました。そんなmiwaさんのニューアルバムをみなさんも、ぜひチェックしてみてくださいね。

取材、文・かわむらあみり

miwa PROFILE1990年6月15日、神奈川県葉山生まれ。15歳の頃、シェリル・クロウやキャロル・キングなどの女性シンガーソングライターの影響を受け、オリジナル曲を作り始める。自宅で弾き語りしたデモテープを手にライブハウスへ飛び込みで出演をブッキング、ライブ活動をスタート。下北沢のライブハウスで演奏する姿が関係者の目にとまり、デビューに向けて本格的な楽曲制作に入る。

2010年、大学1年の3月にシングル「don’t cry anymore」でメジャーデビュー。2011年4月、1stアルバム『guitarissimo』をリリースし、オリコンアルバムチャート1位を獲得。平成生まれのシンガーソングライターとして初となった。2012年、シングル「ヒカリヘ」が大ヒット、大学卒業と同時に初の日本武道館公演を開催。2013年から2016年まで、4年連続でNHK紅白歌合戦出場を果たす。

2022年2月23日、6枚目となるニューアルバム『Sparkle』をリリース。同日より、東京・大阪・愛知、全国3箇所を巡るツアー「miwa concert tour 2022 “Sparkle”」を開催。

Information


New Release『Sparkle』

(収録曲)01. Sparkle02. CLEAR03. リブート04. UUU05. DAITAN!06. ティーンエイジドリーム07. Holiday08. Aye09. アイヲトウ10. Storyteller11. 神無-KANNA-12. 君の声が13. Who I Am (Album Version)

2022年2月23日発売*収録曲は全形態共通。

(初回仕様限定盤)SRCL-12058(CD)¥3,300(税込)

(初回生産限定盤A)RCL-12054-12055(CD+Blu-ray+豪華ブックレット)¥6,100(税込)<特典:Blu-ray収録内容>miwa Billboard Live Tour 2021 “miwa CLASSIC”:1.Delight、2.friend 〜君が笑えば〜、3.アイヲトウ、4.みんなでお楽しみメドレー(春になったら/ミラクル/シャイニー/君に出会えたから)、5.月食 〜winter moon〜、6.片想い、7.オトシモノ、8.Faith、9.ヒカリへ、10.神無-KANNA-

(初回生産限定盤B)SRCL-12056-12057(CD+Blu-ray)¥5,500(税込)<特典:Blu-ray収録内容>“miwa clips vol.3”:1.Princess、2.結 -ゆい-、3.シャイニー、4.アップデート、5.タイトル、6.RUN FUN RUN、 7.リブート、8. Storyteller、9.ティーンエイジドリーム、10.DAITAN!、11.神無-KANNA-、12.アイヲトウ、13.Sparkle、14.Sparkle(Music Video Making)

取材、文・かわむらあみり

関連記事(外部サイト)