吉岡里帆、『ハケンアニメ!』で共演の中村倫也は「不思議な魅力というか引力がある」

辻村深月さんによる原作小説『ハケンアニメ!』が、ついに実写映画化。ここでは、大手スタジオ・トウケイ動画、シリーズアニメの監督に抜擢された新人・斎藤瞳を演じる吉岡里帆さんと、デビュー作『光のヨスガ』が驚異的なヒットとなった伝説のアニメ監督・王子千晴を演じる中村倫也さんの対談をお届け!

――昨年の劇団新感線の舞台『狐晴明九尾狩』でも共演していたおふたりですが、じつはこの映画の撮影が初対面だったとか。

中村倫也:初めて会ったとき、ものすごい壁を感じましたよ。まあ、初対面なのにイエーイってノリでいっちゃったせいもあるけど。

吉岡里帆:びっくりして、めちゃくちゃ警戒しちゃいました(笑)。

中村:あそこで、デリカシーがないやつだと思われたみたいで…。

吉岡:デリカシーがないとは思ってないですけどね。

中村:でも、女性の危機察知能力でアラート鳴ってたでしょ?

吉岡:完全にアラートは鳴ってました。まさかこんなに面白い方だとは思ってなかったので。単純に…セクシーすぎて怖いみたいなことってあるじゃないですか。

中村:何言ってんだ? 絶対に今、思ってないこと言ったでしょ。

――中村さんは吉岡さんにどういう印象を持たれたんですか?

中村:真面目で一生懸命頑張る子。

吉岡:その通りです(笑)。

中村:あと“どんぎつね”。

吉岡:それも間違いじゃないです。

――映画と舞台を経て、お互いの印象は変わりました?

吉岡:変わりました。面白い方だなって。どこまでがふざけていて、どこまでが真面目なのか、境界線がわからないんですけど。あと単純に、舞台のときの座長っぷりが本当に素晴らしかったんです。冗談めかしているけれど、じつは一番真面目な方なんじゃないかと。

中村:(おどけて)そうなんだよね。根が真面目なんだよね〜。

吉岡:(笑)。でも本当にとても気配りされるというか、カンパニー全体が楽しくやれるように皆さんに接していらして、そういう現場の向き合い方がとてもいいなあと。

中村:俺の場合、里帆ちゃんに当初抱いたイメージはその通りだけど、ちょっと天然な面もあるんだなってのが見えてきたというか。真面目すぎるから全部を抱え込もうとするんだけど、それが追いつかなくなったときの里帆ちゃんの開き直りが結構好き(笑)。

吉岡:いろいろ見せたくないところも、目撃されちゃっていますから…。

中村:それを俺は横から見て、ニコニコしてました。

――たとえばどんな場面でですか。

吉岡:たぶん、新感線の稽古場でのことですよね。いのうえ(ひでのり)さんの演出があまりに緻密で、繰り返し同じ場面を稽古するので、どっかでパーンって頭がスパークしちゃったんです。

中村:そのときの里帆ちゃんて、すごいわかりやすく、プレーヤーでいうところのチャプター飛ばしボタンを押してる状態になるんですよ。今、心の中で連打してるなって思いながら見てた(笑)。

吉岡:めちゃめちゃ恥ずかしくて嫌なんですけど、それ(笑)。

中村:でも、そういう無意識の状態が面白いんだよね。舞台でご一緒したときは、何かその魅力をうまいこと板の上に出せたらいいなって考えてましたね。

――今お話を聞いていても、おふたりとも役柄と似ているな、と。

吉岡:瞳って、感情を溜め込んで溜め込んで、周りの人たちからの刺激があって初めて爆発させるみたいなキャラクターかなと思うんですけど、そこは似ているかもしれません。ひとりでやっているときは冷静で理想が高くて…。でも、モノづくりってそんな簡単なものじゃなく、王子とか行城(理)にいろいろ言われて瞳が感情を出す場面とか、めちゃめちゃ自然にお芝居できました。中村さんと初対面のときに警戒心を感じたのは、何か一種の…劇中で瞳が王子に抱く強い憧れの気持ちからくる畏怖みたいなものだったのかなと。そういう存在と対峙したときに、瞳の本質的なものがバーンって出てきた。それは中村さんとだったから出てきたんだと思います。

――まさにおふたりが直接対峙するシーンがそんな感じでした。

吉岡:そうなんです!

中村:あのシーン、めちゃくちゃいいシーンになってたよね。

吉岡:王子がわざと瞳を挑発するような態度をとるんですけど、その表情とかを見ていたらクッソーみたいな気持ちになりましたもん。中村さんと一緒だと、そういうのしょっちゅうです。

中村:それは普段ってこと?

吉岡:普段もです! なんか私がムキーッてなるような言い方してくることありません?

中村:(大爆笑)

吉岡:私が悔しがるポイントがわかりすぎてて…。

――戦略ですか?

中村:いやいや自分ではわかんないです。芝居は全部わざとですが。

吉岡:あれは天然だと思います。天然じゃなかったら…ちょっともう、勘弁してください(笑)。

中村:でも王子と瞳のシーン、里帆ちゃん、泣いてましたよね。

吉岡:泣く気は全然なかったんですけど、幼い頃からシビアな現実を突きつけられて育ってきた瞳は、大人になって王子の作品に出合って、救われたっていう想いがあるんですよね。そういうバックボーンを背負った瞳として、あれを作った人が目の前にいるって考えたら、震えが止まらなくなって…。

中村:フフフ…(笑)。

吉岡:中村さんって、人柄もだし、不思議な魅力というか引力があるんですよね。その中村さんが王子を演じたからこそ、瞳が我慢して抑えてきたものの蓋が開いたのかな、みたいな感覚がありました。

中村:あのシーンをやってるときは、自分はそこまで具体的にわかってなくて。予感はあったんだけど、出来上がったものを見て、このシーン、想像を超えてきたなと思った。王子も瞳も、自分の内側からのプレッシャーと外からかけられる圧力と、いろんな負荷を感じながらあの場にいるんだよね。そんな中で瞳が、抱えていたものを吐き出してアウトオブコントロールになってく様を前にして、それまでカリスマ然としていた王子のいろんなものがほぐれて、彼自身もアウトオブコントロールになっていく。互いが互いに影響されて起こった反応だから、予想できないシーンになっていて、なんかお芝居を超えて、そこにちゃんと生きてる人間がいるなって思えて、すごくいいシーンだなと。

吉岡:ですね。

中村:ただ王子も瞳も、もう少し社会性は身につけた方がいい。

吉岡:私も、もうちょっとうまく立ち回ろうよ、って思ってました(笑)。

中村:でも、監督の吉野さんもわりとそういう人だし、世の監督っていう人はああなのかもしれない。

吉岡:吉野さん、不器用ですもんね。瞳は、かなり吉野さんエッセンスが強めなので、もうこれは吉野さんそのものだ、って思っていました(笑)。

中村:そうそうそう。吉野さんが思うクリエイター像って、たぶんああいう感じなんだろうね。

映画『ハケンアニメ!』 新人アニメ監督・斎藤瞳を吉岡里帆、彼女を振り回すプロデューサー・行城理を柄本佑、天才監督・王子千晴を中村倫也、王子に振り回されるプロデューサー・有科香屋子を尾野真千子が演じる。この2組、覇権を取るのはどっち!? 監督/吉野耕平 脚本/政池洋佑 出演/吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子ほか 5月20日より全国公開。?2022 映画「ハケンアニメ!」製作委員会

よしおか・りほ 1993年1月15日生まれ、京都府出身。現在、出演する蜷川実花監督の映画『ホリックxxxHOLiC』が公開中。7月にはパルコ劇場にて、初の単独主演を務める舞台『スルメが丘は花の匂い』も控えている。ドレス¥59,400 パンツ¥61,600(共にMM6 Maison Margiela/マルジェラ ジャパン クライアントサービス TEL:0800・000・0261) 

なかむら・ともや 1986年12月24日生まれ、東京都出身。2014年の舞台『ヒストリーボーイズ』で読売演劇大賞優秀男優賞受賞。10月には、主演ミュージカル『ルードヴィヒ〜Beethoven The Piano〜』が控えている。シャツ¥66,000(ラキネス/アルファ PR TEL:03・5413・3546) 中に着たシャツ¥34,100(アンデコレイテッド/アンデコレイテッド TEL:03・3794・4037) パンツ¥28,600(デザインワークス/デザインワークス 銀座 TEL:03・3573・6210) シューズ¥39,600(フット・ザ・コーチャー/ギャラリー・オブ・オーセンティック TEL:03・5808・7515) ソックスはスタイリスト私物

※『anan』2022年5月18日号より。写真・MELON(TRON) スタイリスト・Maki Maruko(吉岡さん) 小林 新(UM/中村さん) ヘア&メイク・北原 果(KiKi. inc/吉岡さん) Emiy(中村さん) 文・望月リサ

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)