ジェニーハイ・川谷絵音「ポップスとは何かをめちゃくちゃ考えた」 初の映画主題歌!

映画『ハケンアニメ!』約2時間の物語の最後を彩るのは、エンディングの多幸感をさらに膨らませてくれるような、疾走感のあるポップチューン。川谷絵音さん率いる個性豊かなジェニーハイのメンバーに、初の映画主題歌のこと、そして作品の感想などを伺いました。

物語に寄り添う音楽とは。その結果生まれた曲は…。


――この映画の主題歌を作ってほしいという依頼は、いつ頃みなさんの元に届いたのですか?

川谷絵音:たしか去年の10月くらいです。で、原作をまず読んで、それから試写を拝見しました。僕が観たのはアニメ部分がまだ仕上がっていないものだったんだけど、映画がとにかくすごくおもしろくて。アニメってこうやって作られているんだ…とか、そのへんが興味深かったのと、視聴率…いわゆる数字に追われる感じとかは、音楽業界と同じだな、と思ったり(笑)。クリエイターとして共感できるところがたくさんありました。

中嶋イッキュウ:映画の主題歌っていうのは、ジェニーハイとしては初めての経験で。私たちのことをまだ知らない人にも、私たちの音楽を聴いてもらえるということが、とても嬉しかったです。映画で自分たちの曲が流れるって、一つの憧れでもあったので。

小籔千豊:こんな依頼をいただけて、ありがたいなと思いました。「おもしろい映画だから、観て」って周りの人に言いまくりました、試写を観る前でしたけど(笑)。

川谷:映画も良かったし、すぐに曲ができそうだと思ったら…。

新垣隆:大変だったんだよね(笑)。

川谷:普段の自分の音楽は、外からテーマを与えられて作るということはなくて、それこそゼロからテーマを見つけて作り上げるものなんだけど、それに比べて今回は映画というテーマがあるわけだから、いつもより楽なはず…と思ったら、全然そうじゃなかった(笑)。

――何度か作り直しをされた、と伺いました。

川谷:そうなんです。まず1曲作り、それをボツにしてもう1曲。めちゃめちゃキャッチーでポップな曲を作ったんですが、なんか自分の中で恥ずかしくなっちゃって、メロディを変えて、それでもまだ恥ずかしくて今度はコード進行を変えて…と紆余曲折の後、この「エクレール」にたどり着いた。

――映画の主題歌である、ということが、逆にネックになってしまったということですか?

川谷:音楽単体として聴いたときの良し悪しと、映画と一緒という視点で考えたときのそれは、違うんだなと思いましたね。僕はミュージシャンだから、そっちの視点を忘れてしまう。改めて、映画の主題歌としてマストなことは何かとか、ポップスとは何なのかということをめちゃくちゃ考えました。

くっきー!:レコーディングに行ったら、自分が覚えてきたバージョンとは曲が変わってて(笑)。急遽覚え直すという地獄の作業をしたんですが、持ち前の才能で時間内に終わらせることができました。

小籔:ドラムは、コードやメロディが変わってもそんなに影響はないんですが、やっぱり頭が“??”となりながらも、持ち前の勤勉さで乗り切りました(笑)。

新垣:僕としては、ジェニーハイのレパートリーが増えたから良かったな、と思ってましたよ。

中嶋:なんてポジティブ!(笑)

――タイトルの「エクレール」は、映画に出てくるお菓子“エクレア”からヒントを?

川谷:はい。エクレアの語源が“エクレール”という言葉で、フランス語で“稲妻”の意味なんだそうです。よくクリエイターが、いいアイデアがひらめいたときのことを、“稲妻が走った感覚”みたいに言うじゃないですか。この映画はクリエイターの物語だから、なんかいろいろ繋がるな、と。今日撮影で久しぶりにエクレアを食べましたが、美味しかったです(笑)。

――完成した映画をご覧になった感想を教えてください。

中嶋:この映画って、アニメを作る2つのチームが覇権を争う、というのが物語の柱ではありますが、1つの作品を作るのにこんなにたくさんの人が関わっていて、どの人の仕事にも共感する部分がたくさんあった。大勢の人が一つの目標に向かい、一丸となって進んでいくところに、私は感動しました。

小籔:吉岡里帆さん演じる斎藤瞳が、制作スタッフ一人一人に、頭を下げながらお願いをするシーンがあるんですが、それを観ていて、自分が吉本新喜劇で座長をやっているときのことを思い出しました。ベテランの芸人さん、スタッフさん、それぞれに説明の仕方を変えないと伝わらない。プロデューサーから降ってくる無理難題も、今この歳になれば理解できるんですが、若かったときは“なんで?!”って思うこともあったんで、僕はずーっと“吉岡さん頑張れ!”って思いながら観てましたね。

くっきー!:僕としてはやっぱり、バンドの曲が流れる1.05秒前からが最高のシーンです(笑)。でも正直、エンディングに僕らの曲が流れるってことを知っていたんで、終わりに近づくにつれて、“いつ来るんやろ、いつ来るんやろ?!”って思っちゃって、全然純粋な気持ちで観てなかった気がします(笑)。なのでもう一回、ピュアな心で観直したいと思います。

新垣:映画のラストは、作品の中で最も大事な場面の一つだと思うので、そこでジェニーハイの音楽が活躍できるっていうのは、本当に嬉しいですよね。

川谷:あとぜひ、僕らの曲が流れるエンドロールを最後まで観ていただきたいです。続きがあるので。

くっきー!:そう、それは絶対。

ジェニーハイ テレビの企画により2017年より始動したプロジェクト。今回の曲「エクレール」(ワーナー)には、本作に出演している高野麻里佳がゲストボーカルで参加し、作品内アニメの声優らも掛け声で参加。メンバーが着ているのは、映画の中で制作されるアニメ『サウンドバック 奏の石』と、『運命戦線リデルライト』のキャラクターがあしらわれた、それぞれ世界で1着のスペシャルな衣装。

写真左から、くっきー!(野性爆弾) ベース担当。お笑いコンビ〈野性爆弾〉のメンバー。以前から音楽活動を行っており、ギターも得意。自身のバンド〈THE SESELAGEES〉では作詞・作曲も手掛ける。また絵画の才能も評価されている。

川谷絵音 ギター、プロデュース担当。〈ゲスの極み乙女。〉や〈indigo la End〉などのメンバーとして知られている。メンバーからはプロデューサーの頭文字である“P”と呼ばれている。

中嶋イッキュウ(tricot) ボーカル担当。4人組のロックバンド〈tricot〉のメンバーとしても活躍しており、バンドは海外の音楽シーンからも注目されている。また〈tricot〉ではグッズのデザインなども担当。

新垣 隆 キーボード担当。現代音楽作曲家、ピアニスト。また、大学の音楽講師や特任教授の顔も持つ。多数のクラシック音楽や現代音楽を作曲している。ジェニーハイへの参加は、小籔さんの推薦がきっかけだそう。

小籔千豊 ドラム担当。お笑い芸人であり、俳優、司会者でもある。音楽フェス「コヤブソニック」の主宰や、音楽ユニット〈ビッグポルノ〉のメンバーとして音楽活動も行っており、音楽への思いが熱い。

映画『ハケンアニメ!』 新人アニメ監督・斎藤瞳を吉岡里帆、彼女を振り回すプロデューサー・行城理を柄本佑、天才監督・王子千晴を中村倫也、王子に振り回されるプロデューサー・有科香屋子を尾野真千子が演じる。この2組、覇権を取るのはどっち!? 監督/吉野耕平 脚本/政池洋佑 出演/吉岡里帆、中村倫也、柄本佑、尾野真千子ほか 5月20日より全国公開。

※『anan』2022年5月25日号より。写真・野呂知功(TRIVAL)

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)