神尾楓珠「友達に羨ましがられるかな」 西野七瀬と映画『恋は光』で同級生役に

“恋の光が視える”男子が3人の女子と恋を哲学する映画『恋は光』。今作で相棒のような幼なじみを演じた、神尾楓珠さんと西野七瀬さんが語るお互いのこと、そして自分だけにきらきら光って見える大好きなモノのこと。

恋する女子が光って視える特異体質を持つ男子・西条と、幼なじみの北代。何でも話し合える相棒で親友、だけど…? はがゆい距離感の二人を演じた神尾さんと西野さんが思う恋とは、光とは。

神尾:僕の演じる西条は恋する女子の光が視えはするけど、恋愛経験値はゼロ。北代に助言されてやっと前に進んでるかんじですね。好きになるのは他の女子だけど。でもああいう何でも話せる対等な関係っていいなと思う。

西野:私が演じる北代は自分の気持ちを抑えて西条の恋を応援するんだけど、それってすごいことだと思う。私だったら絶対そんなことできないと思います(笑)。

神尾:七瀬ちゃんだったら?

西野:見て見ぬふりするかも(笑)。

神尾:残念ながら北代の恋の光だけは西条には視えないから…。

西野:だよね。映画では恋の光をきらきら〜って輝きで表現してるけど、神尾くんが思う恋って?

神尾:実際光ってると思います。

西野:え、ギラギラ系…?

神尾:ギラギラではないけど、はっきり、鮮明なピンク色に。

西野:私は白かな。太陽に反射してキラッと輝く白い光。

神尾:ちょっとこの映画と似てるかも。そういえば北代と実際の七瀬ちゃんも自然体なところが似てると思います。でも語るのは恋じゃなく、お笑いとかゲームだったりするけど(笑)。

西野:お笑いとゲームは私にとって光だから。神尾くんにはどっちの話も通じるから話しちゃうし意見も求めちゃう。神尾くんの光は…犬だ! ロケ先でシーズー見かけたときのテンションが…(笑)。

神尾:ははっ。うち、おじいちゃんも親戚もシーズー飼ってるんで街の中で遭遇するとパッと目がいっちゃう。うん、確かにシーズーは光って見える!

西野:そういえば神尾くんと西条は共通する要素ないなぁ…。

神尾:あんな硬派になれないっす(笑)。でも西条みたいに特異体質を持つなら…空を飛べるようになりたい! で、夜の空を移動して東京タワーを上空から見たり。え、空飛びたくないですか?

西野:飛びたい、飛びたい(笑)。…って、何かと共感することは多いかも。今回は同級生役だけど、次共演するなら…。

神尾:会社の同僚とか? なんとなくだけど、先輩後輩ってかんじがしないから。

西野:それならパン屋さんかペットショップの店員さんがいい!

神尾:そっち!? でも合うかも。

西野:そう、なんかほっこり系が合う気がする。

Q. 相手の光って見えるところは?


神尾楓珠七瀬ちゃんの光ってるところ? …全部じゃないですか。お話をいただいたときはテレビで見ていたアイドル時代の印象があったので「友達に羨ましがられるかな」とか思いましたけど(笑)、正直アイドルモードで来られたら、人見知りの俺は壁を作っていたかも。でも実際会ったご本人はフラットで相手に気を遣わせない人でした。それがありがたかったです。

でも大好きなお笑い芸人さんの話をするときは人が変わったように饒舌になるんですよ。そのときめちゃ輝いてます(笑)。七瀬ちゃんの光を色に例えるとたまご色。ほのぼのと、やわらかな輝きです。

西野七瀬神尾くんの光ってる部分は、きれいなお顔(笑)。大きな瞳にまつげもいっぱいあって…歯はちっちゃいのがかわいいなって、ひそかに観察してました(笑)。映画では硬派な役なので、輝きを抑えめにしてましたね。そういう調整機能も備わってそう(笑)。最初はクールな人かと思ってたけど全然! やさしいし、かわいい。好きな音楽も似てて「あの曲いいよね」って言うと動画を探してくれて。え、私のアイドル時代をテレビで見てくれてたんですか? そういえば映画では同級生だけど、何歳下なんだろ…。なんか年齢とかを感じさせない不思議な人です。

『恋は光』 恋する女子が光って視える特異体質の大学生男子が、恋する3人の女子と「恋とは何か」を語り合い、やがて初恋に出逢う文科系哲学恋愛映画。秋枝の漫画原作を小林啓一監督が映像化。共演に平祐奈、馬場ふみか他。6月17日全国公開予定。

かみお・ふうじゅ 1999年1月21日生まれ、東京都出身。2015年のデビュー以来、映画やドラマに多数出演。秋には劇団新感線の舞台を控える。今作では真面目で幼少期の心の傷を抱えた大学生、西条を演じている。1枚目写真:コート¥132,000(スタジオ ニコルソン/インコントロ TEL:03・6805・1082) ジャケット¥106,000 シャツ¥90,000 パンツ¥75,000 シューズ¥37,000(以上ルメール/スクワット/ルメール TEL:03・6384・0237) タートルネック¥25,300(ジョン ローレンス サリバン TEL:03・5428・0068) ソックスはスタイリスト私物2枚目写真:ジャケット¥97,900 一番下に着たシャツ¥42,900 下にはいたパンツ¥35,200(以上スタジオ ニコルソン/インコントロ) シャツ¥39,600(ジョン ローレンス サリバン) スラックス(ジャケット付き)¥22,000 ベルト¥6,600(共にジャンティーク TEL:03・5704・8188) シューズ¥69,000(ルメール/スクワット/ルメール) ソックスはスタイリスト私物

にしの・ななせ 1994年5月25日生まれ、大阪府出身。2011年乃木坂46一期生としてデビュー。卒業後もドラマや映画など演技の分野で活躍。今作では主人公にひそかな思いを寄せるヒロイン、北代役。1枚目写真:コート¥228,000 ブラウス¥69,000 スカート¥136,000 シューズ¥78,000(以上ルメール/スクワット/ルメール) 下に着たシャツ¥39,600(ジョン ローレンス サリバン) ソックスはスタイリスト私物2枚目写真:ジャケット¥132,000 シャツ¥41,800 スカート¥41,800(以上ジョン ローレンス サリバン) ノースリーブ¥13,200(スタジオ ニコルソン/インコントロ) シューズ¥22,000(ジャンティーク) ソックスはスタイリスト私物

※『anan』2022年6月15日号より。写真・三吉杏奈(TRON) スタイリスト・樋口麻里江(TRON) ヘア&メイク・内藤 歩(神尾さん) 猪股真衣子(西野さん/TRON) 取材、文・大澤千穂

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)