どんぐりず・森「俺はバチバチのラップをかますし、チョモはヤバい音を作る」

ヒップホップ、エレクトロ、テクノ、ハウス、ソウル、R&B…多彩なジャンルを自由自在に横断する群馬県桐生市在住の幼馴染みふたり組、どんぐりず。曲の制作で意識していることはあるのだろうか。

曲作りから、アートワークやMVまで手がける新鋭コンビ“どんぐりず”


チョモ:特に枠組みを意識せずに曲を作っている結果、いろんなサウンドが生まれます。だから、今リリース中のジャンルが違う4作のEP連作シリーズも、俺らなら作れるなと思ってやり始めたんですよね。気がコロコロ変わっちゃうのでコントロールはできないけど(笑)。

森:うん。確かに何も意識していないのが大きいかもしれないです。

チョモ:最近、周りから「これ、チョモっぽい音だね」って言われることが増えてきたんですが、自分では何が自分ぽいかわからない。でも、森と一緒に「こんな曲作ろうか」っていうところから始まって、そもそものイメージの振り幅が広がってきてるとは思います。お互い、「今これにハマってる」っていうふうに好きな曲を教え合ったり、日々高め合っています。

森:かっこいい(笑)。でも基本“なんでもあり”ですね。

チョモ:バンドだとバンドの枠組みがあるけど、どんぐりずはそういう固定の形がないのも大きい。やんわりとした括りくらいで。だから、あんまり“界隈”を意識しなくて済むんですよね。つい最近、「踊ってばかりの国」とのツーマンをやった翌日に、MONDO GROSSOのイベントに出演したんです。それは振り幅があったので、特に嬉しい2日間でした。でも対バン相手に大きく寄せるっていうことはしないです。その時は、『4EP3』っていうダンスミュージックをテーマにしたEPを制作中だったので、電子音をガチガチにしたアプローチが面白いかなって思ってやってた。そうやっていつもやりたいようにやっているんですけど、謎にいろんな方に呼んでもらえています(笑)。

――対バンだけでなくフェスやイベントも様々なジャンルに出演。どこにいても違和感のない存在になってきている。

チョモ:ありがたいことですね。2022年はできるだけ楽しそうなところに行こうと決めてるんです。おかげさまでかなりいろんなところから声をかけてもらっているので「遊べるな」と。来年も声がかかるように、遊びすぎないように頑張りたいです(笑)。

森:遊べるか遊べないかは大事ですから。

チョモ:「あいつら呼ぶと遊んじゃうから、来年呼ばないようにしよう」ってなっちゃわないようにしないとね。今年初めて出るフェスやイベントがほとんどなので、どこでどういう遊び方ができるのかを試したいですね。

――“ボーダレス”なサウンドを生み出す上でのこだわりとは。

チョモ:自分がアガるかですね。地元の遊び場兼スタジオで、あらかたトラックを組んでからリリックを乗せて、「これアガる!」って思ったら本格的に作り始めます。そのアガり方を詰めている時が楽しい。俺ひとりでちまちま画面とにらめっこしながら作業して「どんどん良くなってんじゃない? イエーイ!」みたいなことを繰り返してゴールします。

森:俺がチョモに言うのは、「このバージョン聴いてみたい」とか「これ足したらどうなる?」とかぐらいですね。

チョモ:森は感度がめちゃめちゃいいんです。トラックを組んで、ずっとループさせて、そこで森に何か歌ってもらうと割とそこから引っ張れる。

森:それでどんどん繋げていくみたいなね。グルーヴは大事にしてます。

――映像やアートワークもセルフプロデュースしているが、その理由を聞くと、シンプルに「面白いから」という答えが返ってきた。

チョモ:MV含めて、自分たちで全体の出し方を考えるのも好きなんです。

森:イメージを考えるのが楽しいですね。昔はデザインを溜めて、曲ができたら「これが合いそうだな」って感じで決めていたんですけど、今は曲ができてから音の感じでイメージを膨らませて作っています。そこには何のこだわりもなく、気分です(笑)。

チョモ:アートワークに関して、俺が何か言うこともないですね。大体「いいじゃん」ってなりますし。俺らは個人個人でやってる感じなのでユニット感はあまりないかもしれない。

森:でも、バランスはすごく良いと思います。俺はバチバチのラップをかますし、チョモはヤバい音を作る。ファッションもアートワークのひとつだと思うので、俺はファッションも好きで。でもチョモはそこは無頓着。ただ、それもチョモの味に繋がってると思うんですよね。俺は影響を受けやすいので、ファッションがその時どきでかなり変わります。’70年代のブラックカルチャーの映画、『スーパーフライ』や『コフィー』を観た影響で、今は’70年代のちょいドレッシーなスタイルが好き。あと、『サマー・オブ・ソウル』のファッションもすごく良くて、あれがきっかけでスクエアのサングラスを買いました。わかりやすく“絵”みたいなファッションに惹かれます。「森だ!」って感じでわかりやすい絵みたいな男になりたい。

チョモ:森は本当に自分のことが好きなんです。

森:かっこつけることが好きなんですよ。

チョモ:自分の名前の歌を最近作ってました(笑)。それぐらい自分が好きって「すげえな!」って思いましたね。

森:びっくりするぐらい自分好きなんで(笑)。

どんぐりず 右から、チョモ(トラックメイカー/プロデューサー)、森(ラッパー)。群馬県桐生市を拠点に、音楽、映像、アートワークをセルフプロデュースする幼馴染みふたり組。2021〜’22年にかけて、ジャンルの異なる4作のEPを展開。最新作の『4EP3』が発売中。

どんぐりず(DONGURIZU) – official siteTwitter どんぐりずInstagram dongurizu

※『anan』2022年6月22日号より。写真・岩澤高雄(The VOICE) ヘア&メイク・上野知香 取材、文・小松香里

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)