OCTPATHの強みは変幻自在さ!? 振付にも要注目の2ndシングル発表

オーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の参加者で結成されたOCTPATH。今年2月、念願のデビューを果たし、早くも2ndシングル『Perfect』をリリース!

日プ2出身グループが2ndシングル発表で加速!


――初登場なので自己PRを!

太田駿静:(真っ先に挙手して)世界一マッシュが似合います!

海帆:世界イチ!?

太田:言いすぎた(笑)。アピールポイントは笑顔です。

海帆:パワフルダンスが得意です。

古瀬直輝:自分は憑依型アイドルというか、楽曲の世界観に入り込めます。

高橋わたる:僕は、彫刻のような顔をアピールしたいです。いつかルーブル美術館に飾られたい(笑)。

栗田航兵:ステージの遠くからでもわかる顔の濃さでは負けません!

小堀柊:成長率ナンバー1! 主人公補正の小堀柊です!!

四谷真佑:大気圏を突き抜ける高音ボイス、一家に一台四谷真佑です!

栗田:マイペースなメンバーが多い中、時間に厳しいのが四谷くん。

太田:「もう出るよ!」ってよく言われる(笑)。

――“美貌市場グループ”というキャッチフレーズがユニークですね。

海帆:最初に知った時は、僕らも衝撃でした!

古瀬:美貌=見た目だけでなく、人間性も磨いていけたら。

小堀:得意なダンスや声質がメンバー一人ひとり違うからこそ、コンセプトに合わせて変幻自在なのがOCTPATHの強みです。

――新曲について教えてください。

高橋:表題曲の「Perfect」は、“そのまま”の自分を大事にすると幸せになれるよというメッセージが込められています。

四谷:自己肯定感が高まる曲ですね。振付はKiel TutinさんというNiziUさんの縄跳びダンスなどを作ったすごい方なんです。

高橋:サビの“OKダンス”は、親指と人差し指でを作って、8の字に揺らすだけ。ぜひ、一緒に!

海帆:「Wild」はデビュー曲の候補だったくらい、パワーのある曲。振付も野心が前面に出ています。

太田:キャッチーなイントロからパワフルに変わっていくのが面白い。

小堀:僕らがCDにインストも収録しているのは、OCTPATHの楽曲は音の作りも面白いから。インストも聴いてみてほしいです。

古瀬:「雨」は別れの物語を描いているんですが、最後は前に進んでいくんです。まだデビューして日が浅い僕らですが、必死に進もうとする想いがこの曲を通じて伝わるといいなって。振付を担当させてもらったんですが、みんなの表現の幅を狭めないことを意識しました。

四谷:腕に布をつけるんだよね。

高橋:少し前に腕の太さ測られたのは、そのためだったのか!

――7月には、2回目のファンミーティングが開催されますね。

栗田:1回目は、オーディション後、THme(スミー/ファンの名称)のみなさんにようやく会える場だったので、“お待たせしました”“おかえり”という温かい空気だったんですけど、次はアーティストとして、パフォーマンスで圧倒したいです。

四谷:2022年の夏が一番熱かったというファンミにしよう!

ドラマ『不幸くんはキスするしかない!』主題歌「Perfect」ほか2曲と、各インストを含む全6曲を収録。シングル『Perfect』【初回盤(CD+DVD)】¥2,000 【通常盤(CD)】¥1,200(YOSHIMOTO UNIVERSAL TUNES.)

オクトパス 2022年2月『IT’S A BOP』でデビュー。メンバーは、左下の金髪の古瀬直輝から時計回りに、海帆、四谷真佑、小堀柊、高橋わたる、栗田航兵、中央が太田駿静。インドネシア出身で、5か国語を話せ、楽器演奏も得意な冬馬は活動休止中。7/20より名古屋、大阪、横浜を巡るファンミーティング「THme Vacation」を開催。

※『anan』2022年6月22日号より。写真・小笠原真紀 取材、文・小泉咲子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)