“モテ芸人”見取り図も驚いた「こんな映画みたいな誘われ方ある?」

新作が発表されるたびに、世界的な反響を巻き起こしているマーベル・スタジオ。この夏の暑さに負けないほど“ホットなヒーロー”雷神ソーが主人公を務める『ソー:ラブ&サンダー』がいよいよ7月8日(金)に公開を迎えます。そこで、マーベル大好き芸人で知られるこちらの方々にお話をうかがってきました。

見取り図の盛山晋太郎さん & リリーさん


【映画、ときどき私】 vol. 498

今回、本作の宣伝アンバサダーに抜擢された見取り図の盛山さん(写真・左)とリリーさん(右)。日本語版声優としても参加することとなり、話題となっています。そこで、今年の4月から東京に拠点を移し、ますます勢いを増しているおふたりに、ソー顔負けのモテエピソードや世の女性たちに伝えたいことなどについて教えていただきました。

―おふたりはマーベルファンということですが、ハマったきっかけは何ですか?

リリーさん もともとは仕事を通じてマーベルを知り、そこから2人で同時に好きになりました。

盛山さん 魅力といえば、痛快でカッコイイが詰まっているところ。大人になっても、こんなに空想上のキャラクターに憧れられるんだと思いました。

―おふたりの演技に関しては、いろいろな意味で話題になったこともありましたが、オファーが来たときは不安もありましたか? それともリベンジ的なお気持ちでしたか?

リリーさん 僕の場合は、誕生日のサプライズとしていきなり聞かされたこともあり、状況判断もできない状態のまま始まったので、ただただ必死にやった感じでしたね。

―確かに、マーベルの日本語版声優さんで当日発表される方は、いないかもしれないです。

リリーさん そうなんですよ。心の準備も整えられなかったので、とにかくできることをしただけです。

―逆に、すでにご存じだった盛山さんはどんな準備をされていたのでしょうか。

盛山さん 僕は、1か月くらい前から役作りしていましたね(笑)。奥歯を抜いたり、役の性質に合うことをしてみたり。

キーになるような役どころになっているはず


―役どころに関してはまだ明かされていませんが、ぜひヒントをお願いします!

盛山さん それはもう、すごいキーになる役ですね。

リリーさん おそらく僕らのあのシーンで、物語がかなり決まって来るのではないかなと。

盛山さん というか、今回の『ソー:ラブ&サンダー』は、あのシーンがすべてですね(笑)。

リリーさん 僕もそう信じています(笑)。

盛山さん 起承転結で言ったら「転」になると思うので、めちゃくちゃ大事なんじゃないかな。

―ぜひ、見逃さないように注目していただきたいですね。ちなみに、アフレコで苦労したことはないですか?

リリーさん 何回かしましたが、案外早くできたと思います。以前、アニメの吹替をさせていただいたことがありましたが、そのときは20テイクくらい重ねたので。そういう意味では、マーベルと相性がいいのかもしれないですね。

盛山さん 声優さんでも難しいと聞いていたのに、僕らみたいな素人にありがたいです。とはいえ、マーベルファンのみなさんの気に障らなかったらいいんですけど……。

―主人公のソーといえば、女性から人気の高いモテ男ですが、おふたりも女性ファンが多いかと。最近のモテエピソードなどがあれば、教えてください。

盛山さん やっぱりそれはリリーちゃう?

リリーさん いやー、最近はマジでないですね。

盛山さん これは昔からなんですけど、出待ちのお客さんとかに「リリーさんに渡しておいてください」といってよく差し入れ預かることがあるんですよ。まるでUber Eatsのようにね。でも、ここだけの話、マジでひとつも渡したことありません。

リリーさん (笑)。

盛山さん そんなことを人に頼むのに、ちゃんと届くと思うなよと。多分、ほかの芸人も渡してないですよ。

リリーさん まあ、失礼やもんな。

相方のモテ方は本当にすごいと思っている


―確かにそうですね。ちなみに、それらの差し入れはどちらに?

盛山さん パンツだったら僕が履かせてもらいますし、お菓子だったら「リリーは甘い物食べへんな」と思って食べます。

リリーさん いや、サイズ合わへんやろ。

盛山さん (笑)。あと、メイクさんでリリーとしゃべりたかったのか、リリーに40分くらいかけていた人がいて、やっと僕の番が回ってきたと思ったら、巨大パフを1発だけ顔にボンとされたこともありました。

―それはなかなかですね(笑)。とはいえ、SNSのコメントなどを見ていると盛山さんに対して女性のコメントも多く目にするように思うのですが。

盛山さん リリー、どう? 俺、モテてる?

リリーさん あのね、これは本当にすごいなと思ったことなんですけど、ある番組で共演しているメスの犬がいて……。

盛山さん そんな話、書けるわけないやろ!

リリーさん いや、でもマジでなついているので、めっちゃメス犬にモテるなと思ってます。

盛山さん それは本当ですね。動物にはモテます。

リリーさん ほかの人のところにはいかないのに、すごいなついていて、しかもしゃべれるよな?

盛山さん そうですね、マジでしゃべれます。昔から、動物と子どもにはなつかれますね。でも、実は最近ちょっと風向きが変わってきたような気がしているところもあって、「もしかしてモテてる?」と思うことは増えてきたかもしれません。いままではモテないエピソードで生きてきて、虐げられていましたけど。

リリーさん そんなことないよ。

うろたえたのは、海外の求愛の仕方


―ちなみに、どんなことがあったのでしょうか。

盛山さん ロケとかに行くと、俺のことを好きという人にちょこちょこ出会うようになってきたんですよ。この前も、商店街のロケで60代のおばさまから「あなたのこと大好きなのよ」とずっと言われましたし。カメラが回ってないところでほっぺギリギリのところまで顔を寄せられて、ベタベタ触られました(笑)。

リリーさん あと、海外の方にもすごいモテてない?

盛山さん そうそう! すごくモテますね。

リリーさん 求愛の仕方がすごい人もいたよね。

盛山さん テレビだったら絶対にカットされちゃうんですけど、僕を上目遣いで見ながら舌を出してなめるジェスチャーをずっとしてきたんですよ!

リリーさん あれはほんまにおもしろかったな。

盛山さん 「こんな映画みたいな誘われ方ある?」みたいな感じで(笑)。とりあえず、投げキッスで返してみたら、それを受け取るジェスチャーをしながら胸元が大きく開いている服から見える谷間に僕の投げキッスを入れていて、ほんまにびっくりしましたよ。というか、うろたえましたね。でも、海外の方からは「セクシー」とか「クール」とか言ってもらえます。

リリーさん ワールドワイドだよね。

盛山さん いや、日本でモテてへんから!

―おふたりとも、さすがのモテエピソードです。今回は、ソーの元恋人であるジェーンも大活躍しており、非常に魅力的ですが、おふたりが素敵だと思う女性のポイントがあれば教えてください。年齢を重ねて、女性の見方に変化などもあるのでしょうか。

盛山さん 僕はずっと言ってますが、アナウンサーさんとか知的な人が好きですね。

リリーさん 本当に、昔から言ってるよね。

盛山さん ちなみに、僕は共演したアナウンサーさんをインスタでフォローさせてもらっているんですけど、そのせいで、ついにオススメページにまったく知らない人も含めて、アナウンサーの人しか出てこなくなりました。

リリーさん (笑)。僕が最近変わったなと思うのは、子育てをしている女性をすごいなと思うようになったことですね。妹に子どもができたというのもありますけど、たまに甥っ子や姪っ子と会うだけでも大変なので。そういったこともあって、子育てをしている女性たちを尊敬するようになりました。

盛山さん そういう意味では、僕も働いている女性は好きですね。がんばって仕事をしている姿とかにキュンキュンします。

“お笑い界のアベンジャーズ”とは?


―話は変わりますが、もしおふたりが“お笑い界のアベンジャーズ”を作るとしたら、どんなメンバーで構成しますか?

リリーさん うわー、それは選べないですね。

盛山さん まず、当然入ってくるのはダウンタウンさんかな。でも、ダウンタウンさんってアベンジャーズというよりも、もはやウォルト・ディズニーみたいじゃない?

リリーさん 確かに。お笑いを作ったみたいなところあるからね。

盛山さん じゃあ、あえて自分たちを入れた同世代でやってみる?

リリーさん そうだね。

盛山さん ニューヨーク、マヂカルラブリー。

リリーさん 漫才枠でミルクボーイ。

盛山さん いいね。それにしても、“お笑い界のアベンジャーズ”って難しいですね。

リリーさん マジで言い始めたら、なんぼでもおるからね。あと、霜降り明星とか……。

―このままだと、全員の名前を挙げるだけで取材が終わりそうです。

盛山さん じゃあ、「アメトーーク!」で見取り図同期芸人してもらったばかりなので、そのメンバーで固めますか。見取り図、さらば青春の光、ジャングルポケット、ジェラードン、ランジャタイ、マヂカルラブリーでどうでしょう。

リリーさん キャプテン・マーベルみたいに(渡辺)直美もいるしね!

盛山さん いや、直美はサノスかな。

リリーさん めちゃくちゃ悪い奴やし、敵やないか!

盛山さん 直美はすべてをエンドゲームさせますから。しかも、ちょうどいま来日してますよね。って、同期に対して「来日」って初めて使いましたよ。

リリーさん 確かに(笑)。

盛山さん でも、直美を筆頭にという感じですね。

女性のカッコよさも楽しんでほしい


―今年でついにご自身の家族よりも一緒にいる時間が長くなったそうですが、改めて相手に伝えておきたいことはありませんか?

盛山さん 僕はよくスベるんですけど、そのときに我関せずで無表情のまま見ているんですよ。孤軍奮闘していることが多いので、ぜひ援軍としてかけつけてほしいですね。何かありますか?

リリーさん 伝えておきたいこと……、そういえば昨日タンタンメン食べました。

盛山さん 知るか! 

リリーさん 一応伝えておいた方がいいかなと思って。昨日のお昼です。

盛山さん 相方の飯とか一番どうでもいいわ。

リリーさん あと、エビをトッピングした。

盛山さん 「それ汁なし?」とかも聞かないし、汁があろうがなかろうが、それも知らん!

リリーさん 汁はありです。

盛山さん いや、もっとほかにあるやろ!

―(笑)。まだまだお話をおうかがいしたいところですが、最後にananweb読者に向けて、メッセージをお願いします。

盛山さん まずは、『ソー:ラブ&サンダー』を観てもらいたいですね。

リリーさん ジェーンのような時代を象徴する女性の強さとカッコよさも楽しめると思うので。

盛山さん そのうえで、ソーみたいな人を好きになってほしいです。というのも、いま世の中の女性は、中性的な男性がめっちゃ好きじゃないですか。僕からすると、いい加減にしてほしいんですよ。なので、こういう男性ホルモン全開の男のカッコよさも知ってもらえたらと。

anan読者にモテるような男になりたい


―そこから盛山さんへと繋がっていくわけですね。

盛山さん そうですね。そもそも僕は、ソーの影響でこの髪型してますから。

リリーさん そうなの? 知らんかった。

盛山さん 最初は木村拓哉さんから入ったんですけど、そこから反町隆史さんになり、いまはソーですね。リリーは女性読者のみなさんに向けて何かありますか?

リリーさん 昨日の21時半くらいのことですが……、高知県の日本酒を飲みました。

盛山さん なんで昨日のことばっかり言いたいの?

リリーさん 名前は忘れちゃったんですけど、高知県の日本酒です。

盛山さん しかも、名前を忘れるような酒か!

―それを女性たちにオススメしたいと。

リリーさん そうですね。高知県の日本酒は、カツオのタタキとも合いますから。

盛山さん もうええ、高知県の話。本当にそれが伝えたいこと?

リリーさん はい、わら焼きのタタキと日本酒は合うのでオススメです。

盛山さん いや、普通やな(笑)。まあ、僕はanan読者のみなさんにモテるような男になりたいので、今後ともよろしくお願いします! そういえば、かまいたちさんがananのダイエット企画をしたときに、「半年くらい前に言ってもらえたら、僕も30キロくらいは痩せれますよ」と言いましたが、編集部にやんわり断られました。

リリーさん 見取り図の盛山で勝負せんやろ!

盛山さん なので、読者のみなさんからananさんに言ってもらえたらと。オファーがあれば、30キロ痩せる意気込みはあります! いや、やっぱり30キロはヤバいかな(笑)。

インタビューを終えてみて……。


盛山さんとリリーさんが繰り広げるテンポのいい受け答えには笑いが止まらなくなりましたが、いっぽうでワードセンスの高さと頭の回転の速さについていくのが必死でもあった今回の取材。仕事を忘れておふたりのやりとりだけをずっと聞いていたい衝動に駆られつつ、最初から最後まで楽しませていただきました。劇中でのおふたりがどんな活躍を見せているのかは必見です。

雷のような衝撃が体に走る!


前代未聞の“神バトル”に始まり、圧倒的な映像力からソーの肉体美まで見どころ満載の本作。愛にあふれるパワフルな女性たちの活躍にも、テンション上がること間違いなし!

写真・北尾渉(見取り図) 取材、文・志村昌美

ストーリー


アベンジャーズ最強の雷神とされていたソーは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』での激闘のあと、多くの仲間と家族を失ったトラウマから、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーと地球を後にしていた。

戦うことを避け、自分探しをしていたソーだったが、全宇宙の神々抹殺を誓う“神殺し”のゴアが襲いかかる。絶体絶命と思われたそのとき、ソーに並ぶ力を持つ新たな“マイティ・ソー”に姿を変えて現れたのは、元恋人のジェーンだった。はたして、2人のソーは全宇宙の神々に迫る危機を止め、世界を救うことができるのか……。

テンションが上がる予告編はこちら!


作品情報


『ソー:ラブ&サンダー』7月8日(金)より、全国公開配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

?Marvel Studios 2022

写真・北尾渉(見取り図)

関連記事(外部サイト)