Novel Core「心の底から音楽がすごく好き」最新作の意義

【音楽通信】第118回目に登場するのは、15歳でラップを始め、ZeebraさんやSKY-HIさんらからも一目置かれるラッパーでシンガーソングライターのNovel Core(ノベルコア)さん!

指揮者を目指したのちラッパーとなり才能が開花


【音楽通信】vol.118

15歳でラップを始め、ストリートパフォーマンスやMCバトルで頭角を現し、2017年には「BAZOOKA!!! 第12回高校生RAP選手権」で歴代最年少で優勝したNovel Coreさん。

その後、ヒップホップ界のカリスマであるZeebraさん主宰のレーベルと契約後、本格的にアーティスト活動をスタート。現在はSKY-HIさん主宰のマネジメント/レーベル「BMSG」の第一弾アーティストとなり、2021年にリリースしたメジャー1stアルバム『A GREAT FOOL』が1位を獲得するなど、ラッパー/シンガーソングライターとして活躍されています。

そんなNovel Coreさんが2022年8月3日、2ndアルバム『No Pressure』をリリースされたということで、お話をうかがいました。

――まずは小さい頃に音楽に触れたきっかけから教えてください。

母親が学生時代にバンドのボーカルを担当していたこともあり、小さい頃から、家ではロックを中心にオールジャンルの音楽に触れる機会がありました。なかでも、(アメリカのロックバンド)ボン・ジョヴィが好きで、東京ドームの来日公演も観に行ったことがあります。

中学生のときは、合唱コンクールで指揮者に立候補したことがきっかけで、クラシックにすごくハマった時期がありました。一時期は指揮者を目指して独学で勉強していたのですが、音楽大学に行くというのが、当時は経済的にも学力面でも厳しく、諦めることに。そんな挫折したときに、ラップに出会いました。

高校1年生になる前のタイミングで、「音楽がやりたいけれど自分に合うものはあるかな?」といつものように音楽の動画を観ていたら、ヒップホップのインスト動画が出てきて。インストなのでボーカルは入っていなかったのですが、その動画ではいろいろな音楽のジャンルが入っていて、「これは面白いな」と感じました。

――2017年に若手ラッパーの登竜門と言われる「BAZOOKA!!! 第12回高校生RAP選手権」では、歴代最年少で優勝していますね。クラシックからラップへと移行されてから、本格的に音楽の道を目指すようになったのでしょうか。

はい。ラップに出会ったタイミングから、音楽で大きくなりたいという気持ちが芽生えました。最初の頃は、路上パフォーマンスもやっていて、少しずつ注目されていって。そこから音楽の制作をし始める前に、名前を売るためにMCバトルなどに出させていただいていましたね。

――10代の頃から才能を発揮されて、ZeebraさんやSKY-HIさんからスカウトされレーベルに所属するなど、一目置かれるご自身の魅力はどこだと分析されますか。

Zeebraさんも日高さんも(SKY-HIさんの本名、日高光啓さん)、僕の行動力を買っている、というお話をされたことがあります。明確に未来へのヴィジョンがあって、入念に準備して行動に移すというのが、ルーティンとしてあって。それが15歳の時点で固まっていたというところで、Zeebraさんにお声がけいただけたのかなと。

6月に行ったワンマンライブでは、Zeebraさんや日高さんにゲストとして来ていただいて、一緒にパフォーマンスをさせていただきました。

――現在、SKY-HIさん主宰のレーベルに所属されていますが、普段から交流はあるのでしょうか。

暇さえあれば、音楽の話やそれ以外のところでも、いろいろな話をします。アーティストとしてのキャリアのことなど、悩んだことがあったら、まずは日高さんに聞きますし、逆に日高さんから相談を受けることも。僕たちにしかわからないことを話し合うことがありますね。

――2020年にメジャーデビューされ、2021年に発表したメジャー1stアルバムが1位を獲得するなど、注目度が高まっていますが、何か心境の変化はありましたか。

MCバトルに出たときも、路上パフォーマンスを行ったときも、恋愛リアリティショー(AbemaTV『月とオオカミちゃんには騙されない』)に出演させてもらったときも、そのときどきで大きく注目されることがありました。その度に、いまの自分に対して「もっとうこうしなきゃ」と常に考えます。

どんなきっかけであれ、たくさんの方に僕のことを知ってもらえて興味を持ってもらえるのであれば、精一杯いいものを作って、それをサプライし続けていきたいですね。

「幸せとは何か」という普遍的なテーマのアルバム


――2022年8月3日に、2ndアルバム『No Pressure』をリリースされましたね。いつ頃から制作されていましたか。

昨年末から取り掛かり、実質的には今年に入ってから、半年間ぐらいで制作しました。

――アルバムのタイトル曲「No Pressure(Prod.UTA)」や、軽快なリード曲「独創ファンタジスタ(Prod.KNOTT)」は、どのように生まれた曲ですか。

今回、アルバムの制作中に、初めての全国ツアーをやらせていただいたり、ワンマンライブにバンドの追加メンバーが入って体制が変わるなど、アルバムの制作に集中しながらというよりは、いろいろなことをこなしながら作って。スタジオには、当日もまだ歌詞をまったく書けていない状態で行って、ブースで2時間で歌詞を書き上げて、そのまま録るということがほとんどでしたね。

――すべての作詞作曲を手がけていらっしゃいますが、いつもはもっとじっくり曲作りをしていくのですか。

けっこう時間をかけて、歌詞を書くこともありました。でも最近は、時間があったとしても、スタジオに入ってからそのときに出てくる素直な感情を採用したくなって。考える時間があればあるだけ、本当に伝えたいことが遠回りになりそうな気もするので、その場で作るようになりました。できるだけストレートにメッセージを伝えたいから、瞬発的に出る言葉や直感的なものを大事にしています。

そういったとき以外のメロディや歌詞の内容は、シャワーを浴びている最中だったり、移動中のタクシーの中だったり、ふと浮かんでくることが多いです。窓から見える景色にインスピレーションを得て降ってくるようなこともあるので、忘れないようにフレーズをメモしておいたり、メロディはボイスメモに録っておいたり。いざ制作に入ると、プロデューサーさんにそうやって生まれた曲を渡して、一緒にああだこうだ言いながら作っていくのがすごく楽しいですね。

――わずかな音だけが聴こえる8曲目「Skit」が最後の曲の前に入っていますが、どのような意図でしょうか。

この曲には、カセットテープの再生を停止する音のようなものを入れさせていただきました。実は最後の9曲目は最後ではなく、7曲目がアルバムの最後というイメージ。つまり、1曲目から7曲目の再生を終えたイメージで、8曲目にこのカセットの音を入れて、9曲目につながる時間の変化を表現しています。

――そんな9曲目「Untitled(Prod.Yuya Kumagai)」は雰囲気が変わり、アコースティックギターに乗せて歌うバラードですね。

この曲はもともとアルバムに収録する予定ではなく、急きょ増やした1曲です。制作が佳境に入り、締め切りが迫ってきたタイミングであったワンマンライブで、僕のバンドでギターを弾いてもらっているクマガイユウヤさんにプロデュースしていただきました。クマガイさんは、僕が路上パフォーマンスをしていた同じ時期に、同じ場所で、路上ライブをされていた方。

話を聞けば聞くほど「もしかしたらどこかですれ違っていたかもしれない」という方と、こうして音楽のもとで巡り合って、一緒に音楽を作っているという感動やその空気感をこのアルバムに入れたくて、ワンマンが終わってからオファーさせてもらいました。

この曲は、もし明日地球が終わるとしたら自分自身は今日、何をするかがテーマ。サビにある「今を口ずさんで」というフレーズは自然に出てきたんですが、そのとき「地球がもし明日終わるとしても、誰かに向けた歌じゃなかったとしても、自分の今を切り取って歌にするんだな」と気づきました。そこから「心の底から音楽がすごく好きだ」ということを再確認して、聴いていると涙が出てしまった曲です。

――クールでメッセージ性の強い曲から、そっと語るように歌う曲まで、表情豊かな9曲がそろいましたね。あらためて今作をどのように聴いてほしいでしょうか。

今の時代、サブスクリプションが主流になって、1曲単位で聴いていただく機会が多いと思うのですが、1回目の視聴はできれば頭から最後まで並び順で聴いてもらえたらうれしいですね。流れを大事にしながら制作したアルバムでもあるので、頭から聴いてもらえたら、アルバムにした意味がそこにあります。

――ジャケット写真は「No Pressure」のリリックビデオに登場するクマのキャラクター「ロンリーベア」のイラストですね。

これはポジティブとネガティブの両方の象徴としてのキャラクターです。このアルバムが持つ幸せとは何か? という普遍的なテーマに関して、ジャケットにNovel Coreが前に出すぎるとテーマが死んでしまう気がして、何か違うキャラクターが必要だと感じて作りました。ロンリーベアは笑ったり、慌てたりもなく、表情がないのが大事。だからこそ、悲しんでいるのか、喜んでいるのか、想像する余白もできると思っています。

――アルバムリリース後は、ツアーのご予定はありますか。

発表は8月中旬ですね。前にやらせていただいた全国ツアーは僕の相棒のDJ KOTAくんとまわらせてもらったんですが、今度の全国ツアーは、僕のワンマンライブで組ませていただいたバンドと一緒に全国をまわらせてもらいます。バンドだからこそのセットリストの組み方になるはず。音楽で走り切るライブにしたいので、MCも極力削って、スピード感あるものにしようと考えています。

デビューから3年以内に日本武道館公演をやる


――お話は変わりますが、普段の様子も教えてください。ご趣味はありますか。

映画を観ることやファッションに関することがすごく好きです。休日は映画館に行ったり、外食したときはそのまま原宿へ洋服を買いに行ったり。1日で7、8店舗まわることもあるので、スタイリストさんと話が盛り上がります(笑)。

――すごいですね。映画は配信で観る方も多いですが、ちゃんと映画館で観る派ですか。

できれば映画館で迫力のある音で観たいなと。とくにトム・ハンクスとジム・キャリーが大好きなので、あのふたりが出ている映画は全部観ていますね。それと映画館のポップコーンが大好きで、市販のポップコーンではなく、「今焼きました!」という感じのポップコーンがすごく好き(笑)。だから、たまに映画館には、映画は観ないでポップコーンだけ買いにいくこともあります。

――ファッションは、ハイブランドを着用されている印象がありますが、ご自身でもお好きですか。

そうですね。洋服はハイブランドだったり、逆にストリート寄りのものだったり、セレクトショップに買いに行くことが多いかな。モードとストリートの中間ぐらいをいくのが好きですね。“ラグジュアリーストリート”のようなテーマが好きです。

ファッションにおいて、差し色は常に意識しています。今日のように黒と白でシンプルに構成しているときは、シルバーのアクセサリーを身に着けたり、パールを入れたり、アクセントを意識して服を組んでいます。今日はわりとそろった形のパールをつけていますが、メンズはふぞろいな形のパールもつけやすくて、いつもは四連ぐらいのパールや、大玉のパールをつけることもありますね。

――おうちではどのようにリラックスされていますか。

僕は保護した猫を3匹飼っているので、猫とたわむれるのが一番、リラックスできる時間ですね。前も1匹だけ飼っていたときがあったのですが、仕事に行っている間は1匹だけにしてしまうので、寂しくないかなと心配だったのですが、3匹いると僕がいないときも3匹で遊んでいてくれるので、安心しています。小さい頃から動物が大好きで、犬も飼っていました。いまも猫を飼っていても、猫カフェに行ったりします(笑)。

――本当に動物がお好きなんですね。猫カフェに行くときは、変装して行きますか?

いえ、そのまんまで行きます(笑)。基本的に、仕事での衣装もスタイリングはセルフですし、今日の衣装も私服なんです。ステージに立っていたときの衣装で派手なものはそのまま私服なので、わりと街では「あれ? Novel Coreじゃない?」とバレたりもするんですが(笑)、逆にそのまんますぎてあやしがられて、声をかけられないですね。

――いろいろなお話をありがとうございました。では最後に、今後の抱負をお聞かせください。

メジャーデビューから3年以内に「日本武道館公演をやる」ということを目標にしているので、まずはそこにたどりつけるように頑張りたいです。そしてリリースを止めずに、これからも、新しい作品を世に出していきたいと思います。

取材後記


ZeebraさんやSKY-HIさんといった錚々たる方たちからも一目置かれる、Novel Coreさん。ananwebの取材の日、東京では雨が降っていました。撮影時、服がぬれないか心配していると、「全然平気ですよ」と爽やかな笑顔で応えてくださったNovel Coreさん。しかも衣装ではなく私服で、さらにスタイリングもご自身でされているとはスゴイですよね。そんなNovel Coreさんのニューアルバムをみなさんも、ぜひチェックしてみてくださいね。

写真・大内カオリ 取材、文・かわむらあみり

Novel Core PROFILE2001年1月18日、東京都生まれ。ラッパー、シンガーソングライター。

15歳でラップを始め、ストリートパフォーマンスやMCバトルでその頭角を現す。2017年、「BAZOOKA!!! 第12回高校生RAP選手権」にて歴代最年少で優勝を勝ち取り、 Zeebra主宰のレーベル「GRAND MASTER」と契約後、本格的にアーティスト活動を開始。現在はSKY-HI主宰のマネジメント/レーベル「BMSG」に第一弾アーティストとして所属。

2021年12月にリリースしたメジャー1stアルバム『A GREAT FOOL』が各チャートで日本1位を獲得するなか、トップメゾンのモデルに起用されるなど、 ファッション業界からも注目を集める新鋭アーティスト。

2022年8月3日、2ndアルバム『No Pressure』をリリース。全国ツアーも予定。

Information


New Release『No Pressure』

(収録曲)01.TROUBLE (Prod. Ryosuke “Dr.R“ Sakai)02.JUST NOISE (Prod. MATZ)03.BABEL (Prod. KM)04.No Stylist (Prod. Yosi)05.独創ファンタジスタ (Prod. KNOTT)06.No Pressure (Prod. UTA)07.HAPPY TEARS feat. Aile The Shota (Prod. Matt Cab)08.Skit09.Untitled (Prod. Yuya Kumagai)

2022年8月3日発売*収録曲は全形態共通。*全形態スマプラ対応。

(通常盤)AVCD-96998(CD)¥2,200(税込)特典:ジャケットサイズステッカーAジャケットサイズステッカーB(BMSG MUSIC SHOP限定)

(初回生産限定盤)AVCD-96997/B(CD+Blu-ray)¥7,150(税込)特典:直筆サイン入りZine ver.1(全24P)

【Blu-ray収録内容】(MUSIC VIDEO)・HAPPY TEARS feat. Aile The Shota ・独創ファンタジスタ(LYRICS VIDEO)・TROUBLE ・No Pressure(LIVE)”A GREAT FOOL” BIRTHDAY LIVE (2022.01.22)at CLUB CITTA'”(DOCUMENTARY MOVIE)Behind The Scenes of No Pressure

(BMSG MUSIC SHOP限定盤)AVC1-96999/B(CD+Blu-ray)¥7,150(税込)*Blu-ray収録内容は初回生産限定盤と共通。*仕様:三方背ケース。*特典:直筆サイン入りZine ver.2(全24P)

写真・大内カオリ 取材、文・かわむらあみり

関連記事(外部サイト)