朝ではなく深夜に放送!? 阿佐ヶ谷姉妹も登場、NHK『夜のテレビ体操』とは

深夜のテレビに突然映し出され、話題をさらった5分間の体操番組『夜のテレビ体操』。ゲストにあの姉妹も登場し、日本中が騒然。で、いったいなぜ深夜に体操番組を…?

素晴らしい睡眠導入と話題! NHKの『夜のテレビ体操』が気になる。


NHKの体操番組といえば朝の印象。それをなぜ夜に放送しようと思ったのかを伺ってみると、

「一日を締めくくる時間に体を動かし、冷えた体を温め、コリやハリをほぐして疲れを癒す。そのお手伝いを、新たにできれば、と考えました。実は出演している先生たちの間では、10数年前から、“夜にも体操を伝えられたら…”という話が出ていたことを知り、ならばと制作陣が動き、去年番組を開発。今夏、新作を放送しました」(NHK報道局・望月渉さん)

朝の体操番組でも指導をしている多胡肇さんによると、朝の体操の狙いは“覚醒効果”で、一方、夜は質の良い眠気を誘うこと。

「一日の活動で使った筋肉を緩めることを目的に、副交感神経を優位に導き眠りを促します。疲れてバタンと寝るより、心身を気持ちよく緩めてから寝る習慣をつければ、睡眠中に疲れを取り除きやすくなります」

提案するのは寝ている姿勢で行えて、“やらされる体操”ではなく、“自ら自然に体を動かす体操”。寝具の上で行い、そのまま寝てもらってもよいと考えているそう。また、流れる音楽は耳馴染みのあるJ‐POPで、電子ピアノで奏でられるというところも素敵です。

「J‐POPの名曲の中から、夜の雰囲気に合い心地よく運動できる候補曲を絞り、20~60代のスタッフと協議をし、選んでいます。ピアノ演奏者が各回の運動を考慮して、テンポやフレーズをアレンジして演奏しているんですよ」(望月さん)

現在は不定期での放送。でも次の放送の問い合わせも多いそうなので、ぜひレギュラー化してほしい!!

セットは地方都市にあるリゾートホテル風CG。「コロナ禍でワーケーションが話題になったので、いつか過ごしてみたい非日常の空間をイメージしました」(望月さん)

第2弾には阿佐ヶ谷姉妹が登場。「おふたりのほんわかした雰囲気がぴったりでした。打ち合わせから参加していただき、アイデアを多数いただきました」(望月さん)

「“この雰囲気が好き。運動が得意ではない私たちでもできるし、何よりピアノ1本でというのが素敵”と、おふたりも番組を面白がってくださいました」(望月さん)

上・ピアノ演奏の細貝柊さんが奏でる音色に癒される…。下・朝の体操でもお馴染み、体操指導の多胡さん。

『夜のテレビ体操』 これまでに第1弾、第2弾合計6回放送されており、NHKプラスでの見逃し配信や再放送は随時実施中。YouTubeなど動画配信サイトでも配信中。詳しくは公式サイトで。

※『anan』2022年8月31日号より。

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?