ピクサー映画の“ひみつ”を体験! 話題の展覧会がアジア初上陸

『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』などヒット作を多く手がけるピクサー・アニメーション。きっと誰もが一度は観たことがあるはず。これらの作品の神髄に踏み込んだ展覧会『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』が始まる。本展は2015年、「The Science Behind PIXAR」の題名でボストンサイエンスミュージアムを皮切りにスタート。アメリカやカナダなど8か所で合計150万人以上を動員した話題の展覧会。それがついにアジア初上陸となった。

本展最大の魅力は、ピクサー・アニメーション制作の裏側を“ハンズオンスタイル”で楽しめること。実際にスイッチやレバーを動かしながら、カギとなる8つの工程に沿ってアニメーション技術を体験することができる。例えば、作品に登場するキャラクターの姿や形を作りあげる〈モデリング〉。またキャラクター体内の骨・関節・筋肉を設計する〈リギング〉。そして表面の質感を表現することで、キャラクターに外見上の個性を与える〈サーフェイス〉など。キャラクターが誕生した段階から、骨格のデザイン、さらに細かなエフェクトへと、順に学べる仕組みだ。なかには、現実世界の物理法則を映画の世界で再現しようとする工程も。キャラクターの服や髪の毛の動き、燃え上がる炎や川の流れなどが生き生きとして見えるのも、こういった緻密で科学的な作業があるからこそ。ピクサーならではの、リアリティある作品が生まれる仕組みを理解できる内容になっている。また、画面を覗き込み、自分で動かしながら展示を見て回ると、まるで自分自身もクリエイターになった気分になれるかも。本展のタイトルにある“ひみつ”とは、ピクサー映画の舞台裏に隠された科学のこと。子供から大人まで人々に夢や感動を与えてきた、ピクサー映画を支える科学というひみつを体験してみて。

米国での展覧会の様子。ボタンやレバーを実際に操作する“ハンズオンスタイル”で、3D技術を体験できる。?Disney/Pixar

世界中を魅了し、映画史を塗り替えた「トイ・ストーリー」シリーズ最新作。世界が涙した前作を超える感動のアドベンチャーが誕生。映画『トイ・ストーリー4』は7月12日より全国で公開。?2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 東京都港区六本木6‐10‐1 六本木ヒルズ森タワー52F 4月13日(土)〜9月16日(月) 会期中無休 10時〜22時(入館は閉館の30分前まで) 一般1800円ほか 東京シティビュー TEL:03・6406・6652

「PIXARのひみつ展」はボストンサイエンスミュージアムがPIXARとの協力により開発したものです。?Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.

※『anan』2019年4月17日号より。文・山田貴美子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)