小田凱人や錦織圭にも注目! 灼熱のNYで全米オープンが開幕

テニスの四大大会最終戦、全米オープンが28日に開幕する。テニスツアーは年始から休みなく続いており、この時期は選手の疲労も溜まりやすく、けがを抱えたままの転戦や欠場も多く見られる。さらにニューヨークは真夏。年によっては40°C近い猛暑が選手を襲うサバイバル要素の大きい大会でもある。

車いすテニスの小田凱人は今大会も優勝候補筆頭だ。ウィンブルドンではセットを1つも落とさずに圧倒的な勝ち上がりで優勝したばかり。既に向かうところ敵なしの構えだ。全米も取って四大大会3連勝となり、世代交代と小田時代の到来を宣言する大会になるのだろうか。

男子の注目は、やはり前年の覇者、アルカラスだ。ウィンブルドンでジョコビッチをフルセットで破り優勝。20年間にわたって続いたBIG4による優勝独占を崩し、世代交代を強く印象付けた。これまでにも世代交代の兆候はあったが、アルカラスの活躍は過去最大級のうねりを伴っている。昨年は瞬く間に駆け上がって史上最年少で世界ランク1位となった感があるが、今年に入って数字や記録に実力が追いついてきた。20歳とは思えぬメンタルの強さと老獪さも兼ね備えており、このまま新王者となれるか。初の防衛戦となる全米は大きな試金石となりそうだ。グランドスラムで2大会連続でBIG4が優勝できなかったことは2003年以来一度もない。ジョコビッチが意地を見せるのか。さらなる新星が現れ世代交代は加速するのか。

そして、ついにグランドスラムに錦織圭が帰ってきた。1年8か月ぶりの復帰戦となった下部ツアー大会では、史上初となる世界ランキングなしでの優勝。過去に何度も大けがからカムバックしてきたが、その中でも、今回は上々のスタートを切ったといえるだろう。試合勘を取り戻すには時間がかかるのでまだ慣らし運転ではあるが、全米オープンは過去3度ベスト4以上がある、最も相性のいい大会。組み合わせ次第ではいきなりの躍進も期待できそうだ。

女子は引き続き混戦模様。注目は昨年出産し、ママさんプレーヤーとしてこの春からコートに戻ってきたスビトリナだ。WTAファイナルズ優勝経験もある実力者が、全仏ベスト8、ウィンブルドンベスト4と調子を上げてきている。正確なショットを武器に初の頂点を目指す。

小田凱人(ときと)選手17歳の若さで早くもグランドスラム2連勝。レジェンド国枝慎吾から引き継がれた王者の称号は、簡単には渡せないはずだ。

カルロス・アルカラス選手史上初となる10代での世界ランキング1位の座に就く。フェデラーとも比べられる早い展開のテニスが、新世代の旗頭となる。

錦織 圭選手準優勝で空前の錦織フィーバーを起こしたのも9年前。新たな気持ちで再び頂点を目指す戦いが始まる。

エリナ・スビトリナ選手夫は独創的なテニスをプレーすることで知られているモンフィス。祖国ウクライナのためにも悲願のグランドスラム初優勝を狙う。

全米オープンテニス2023 日程/8月28日(月)~9月10日(日) 会場/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター WOWOWで生中継。

※『anan』2023年8月30日号より。写真・Getty Images 文・今田望未

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?