門脇麦「日本語を介さない創作現場では本質だけが残る」 舞台『ねじまき鳥クロニクル』が再演

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 村上春樹作『ねじまき鳥クロニクル』を原作とした舞台が3年ぶりに再演される。
  • イスラエル人の演出家インバル・ピントが振付と美術を手掛け、言葉を使わず五感で表現方法を演者に伝えた。
  • 門脇麦は初演から引き続き出演し、言葉以外の表情と身体立ちpositionから物語の本質を伝える演出に感銘を受けた。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

村上春樹の小説を原作に、意識と無意識を融合させたキュートかつダークな世界。ダンス、音楽、美術、衣装、全てにおいてセンスを感じる舞台『ねじまき鳥クロニクル』は、観客を極上の観劇体験にいざなった。イスラエルのインバル・ピントが演出・振付・美術を手掛け、大友良英率いるバンドが生演奏を行った。初演は好評を博したが、コロナで全公演の上演は叶わず、3年ぶりに再演が実現。門脇麦さんは初演に続き、17歳の笠原メイを演じる。

五感を使って演出意図をキャッチして体に落とし込む作業をしてました。


「インバルは、視覚センスが突出している人。人物の立ち位置から場面を組み立ててみたり、時間をかけて振り付けても、やはり違うと思ったら、潔く一から作り直したり。ニュアンスや空気感をとても大切にされていて、その創作過程は稽古場で見ていても刺激的でしたね」

原作は全3巻もある長編小説である。門脇さんは村上作品の大きな魅力の一つは文体にあると感じていた。

「ただ、あの日本語のニュアンスは翻訳ではおそらく伝わらないと思います。だから、私が原作を読んで感じ取った空気感やメイという少女を表現することよりも、イスラエル人のインバルが日本文学の村上作品を読み、どんなエッセンスを受け取り表現したいと思ったのか。それを体現することの方がこの舞台では大事なんじゃないかなと思いました」

稽古場での、言葉に頼らないコミュニケーションは性に合ったらしい。

「文学作品の舞台というと、言葉が一番大切なように思うけれど、日本語を介さない創作現場では、削ぎ落とした骨組み、本質だけが残ります。インバルたちがどうしたいのかを五感を使ってキャッチして、体に落とし込む作業を稽古場ではひたすらしていた気がします。私もたいてい勘で生きているので、全く違和感はなかったです(笑)」

14歳まではバレエダンサーを目指していた門脇さん。フィリップ・ドゥクフレや野田秀樹など、これまでも身体的な表現を得意とする演出家の舞台に多く出演してきた。そんな経験が、インバルの創作現場を楽しむ力を蓄えていたのかもしれない。

「もともと身体先行の感覚人間なので、言葉を使うと、どう説明しようという方に気持ちが傾いて、そっちの方が意味を限定してしまい、かけ違うことがあるように思いますね」

最近では、映画『ほつれる』や『渇水』などの映像でも言葉以外の、表情や佇まいでその人物を強く印象づける豊かな表現をしている。

「映像は日に3~4シーン撮らなければいけないので迷っていられません。想像以上に感情が高まってしまったなと後から思うような時もあります。その点、舞台は稽古期間があり、試行錯誤できます。基盤がある状態で本番を迎えられるから映像より自由度は高いかもしれないです」

最近特に表現に深みが増して見えると伝えると、年齢のせいじゃないですか? と笑う。

「一応、毎日一生懸命生きているので、ちょっとは深まってもらわないと困るんですよね(笑)」

どんな現場でも、能動的に楽しもうと取り組めば楽しみは必ず見つかる。そう気づいてから演じることがますます面白くなってきたらしい。

「楽しむパワーって、大きいんですよね。客観視して没入しすぎない方法を今は楽しんでいますけど、また気が変わるかもしれません(笑)」

舞台『ねじまき鳥クロニクル』 飼い猫捜し、女子高生の笠原メイとの出会い、謎の女からの電話、妻の失踪…。岡田トオルの身に次々と不可解な出来事が起きる。現代の世田谷から戦時中の満州まで、時空を超えて世界が繋がる。11月7日(火)~26日(日) 池袋・東京芸術劇場 プレイハウス 原作/村上春樹 演出・振付・美術/インバル・ピント 脚本・演出/アミール・クリガー 脚本・作詞/藤田貴大 音楽/大友良英 出演/成河、渡辺大知、門脇麦、大貫勇輔・首藤康之(Wキャスト)、音くり寿、松岡広大、成田亜佑美、さとうこうじ、吹越満、銀粉蝶ほか S席1万800円(土・日・祝日1万1800円)、サイドシート8500円 ホリプロチケットセンター TEL:03・3490・4949(平日11:00~18:00) 大阪、愛知公演あり。

かどわき・むぎ 1992年8月10日生まれ、東京都出身。2011年ドラマデビュー。主な出演作に映画『愛の渦』(’14)、『浅草キッド』(’21 Netflix)、『あのこは貴族』(’21)、『ほつれる』(’23)、ドラマ『リバーサルオーケストラ』(’23)など。台湾映画『Old Fox』が台湾にて公開。

モヘアニットトップス¥45,100 中に着たカットソー¥11,000 スカート¥39,600(以上オーラリー TEL:03・6427・7141) ブレスレット¥53,900 左手のリング¥32,400 右手のリング¥35,200(以上サピア バハール/フィルグ ショールーム TEL:03・5357・8771)

※『anan』2023年11月8日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・高野智史 ヘア&メイク・伏屋陽子(ESPER) インタビュー、文・黒瀬朋子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?