スターと共演で貫禄つきすぎ!? 「名役者ねこ」の“タマ”さんに注目!

百花繚乱のタレント猫界で、あの岩合光昭さんが認めるニュースターが誕生。和の風貌と演技力で魅せるベーコンくんが今、アツい! さすがの貫禄「名役者ねこ」に注目します。

100匹の中から抜擢。一気にスターダムに!


ベーコンさん(♂4歳)

個性たっぷりのキジトラ柄に、なんともふてぶてしい(!)表情。あまりの貫禄に、思わず「アニキッ!」と呼び掛けたくなるベーコンくん。相葉雅紀さん主演ドラマ『ようこそ、わが家へ』でデビューを果たし、今年は映画『ねことじいちゃん』で、100匹以上の中から主役猫の座を射止めた。普段は、他の猫の一歩後ろに下がるような引っ込み思案な性格。でも撮影となると一転、現場の空気を読み、長回しの難シーンも見事クリア。岩合光昭監督や主演の立川志の輔さんをも唸らせる名演技を披露し、スター猫の仲間入り!

スターの貫禄たっぷり! 『ねことじいちゃん』にタマ役で出演。


世界的な動物写真家・岩合光昭さんの初映画監督作品。70歳の元小学校の校長先生とタマとの島暮らしを描く。『ねことじいちゃん』全国公開中?2018「ねことじいちゃん」製作委員会

表情のバリエが豊富なベーコンくん。こんないかつい顔もできちゃうんです。

障子からゆっくりフレームインする際も、しっかりカメラ目線。「ちゃんと撮れてる?」

※『anan』2019年5月15日号より。写真・山口 明 取材、文・小泉咲子 協力・anicas

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)