妻夫木聡とベッドを並べて…豊川悦司の台湾“撮影裏話”

演技はもちろん、その指先、佇まい、表情など、その全てで私たちを魅了し続ける豊川悦司さん。昨年台湾で撮影した映画がもうすぐ公開予定。現在57歳、大人の男の魅力をご堪能あれ。

老後は台湾で暮らすのもいいかなって。そのくらい素敵な場所でした。


昨年、NHKの連続テレビ小説で、男性の天才少女マンガ家という役を演じ、独特の存在感を放った豊川悦司さん。‘90年代に恋愛ドラマに出ていた豊川さんを見ていた大人世代はもちろん、20代女子の間でも「何このかっこいい大人の男!!」と大いに話題になりました。そんな豊川さんが、今月公開の映画『パラダイス・ネクスト』で、罪を背負い台湾に逃げたヤクザを演じています。あのロマンティックな秋風先生がヤクザ!? 舞台は台湾!? ということで、お話を聞いてきました。

――もうひとりの主演である妻夫木聡さんと半野喜弘監督、そしてカメラマン以外、俳優もスタッフもすべて台湾人という環境で撮影された映画と伺っています。まずこの映画の出演依頼が来たときは、何を思われましたか?

豊川:いつもと違う環境で仕事をするということは、僕は結構好きなほうなんです。なので、すごくやってみたいな、と思いました。あと、妻夫木くん…僕はブッキーって呼んでるんですが(笑)、ブッキーと一緒に芝居をするのも久しぶりで、しかもここまでガッツリやるのは初めてだったんです。彼と一緒に台湾で1か月映画を撮るっていうことに、惹かれましたね。

――台湾という場所に馴染みはありましたか?

豊川:映画祭で2度、撮影で1度行ったことがあるだけで、いずれもショートステイだったんです。今回みたいに長く行くのは初めてで。

――刺激的な場所でした?

豊川:刺激的でもありましたが、でも、それよりも居心地が良かったほうが大きいかな。とても気持ちのいい1か月を過ごせたんです。なんか、将来老後をここで暮らしてもいいかなって思うくらい、台湾が好きになりましたよ。日本ではないんだけれども、外国なんだけれど、なんかこう、とても近くて、懐かしい感じがするというか…。経験したことはないけれど、昔の日本ってこういう感じだったのかな、と思うことが多かったです。あと、食べ物の好みが合う。ご飯文化だというところでまず嬉しい。僕はパンよりご飯党なので(笑)。味付けも日本に近いし、野菜もちゃんと出てくるし。そして僕の好物である肉料理もおいしい。ホントにいいところでした。

――9割台湾人という環境でのお仕事だったと思うのですが、言葉が通じないことのストレスはなかったのでしょうか?

豊川:それがね、結構気持ちよかったんです。確かに、自分の母国語ではない言葉で現場が動いていくんですが、言葉が分からないからこそ余分な情報が耳に入らないので、意外と集中できる環境なんですよ。例えばスタッフ同士が揉めていても、何言ってるか分からないから、気にならない(笑)。あと、ありがたいことに台湾のスタッフは僕の名前は知ってはいてくれたけれども、情報量が少ないから、僕のことをフラットに見てくれている感じがあって。それも居心地が良かった。なんでしょう、デビューしたての頃みたいな気持ちになりました。良い芝居をすると、僕を見る目が変わっていく、あの感じ。名前ではなく、結果で判断してくれる感じが、良かったです。

――妻夫木さんとの共演は、いかがでしたか?

豊川:彼はねぇ、大変だったと思いますよ(笑)。僕が演じた“島”という役は口数が少ない男だったので、佇まいとか表情での芝居が多く、言葉が通じない環境でも、比較的やりやすかったと思う。一方ブッキーが演った“牧野”は、ずーっと日本語で演じなきゃいけない役だったから、すごく難しかったと思う。でも彼はすごくバランス感覚に長けた人で、芝居の上では孤独だったかもしれないけれど、それ以外の場所では台湾人のスタッフとすぐ仲良くなれるような人懐っこさも持っているんです。なんていうのかな、多面的で、球のような男。見ていて飽きないし、一緒にいて気持ちがいい。僕が女の人だったら、付き合ってると思います(笑)。そのくらい魅力的な男です。

――1か月ご一緒となると、飲みに行くこともあったのでは?

豊川:ええ、ほぼ毎日(笑)。

――めっちゃ仲良しじゃないですか!! では、何かとっておきの仲良しエピソードを…。 

豊川:えー!? あるかなぁ…。あ、1回一緒に台湾マッサージに行ったんですよ。撮影が休みの日に。「豊川さん、すごい体が楽になるところがありますよ」ってブッキーが言うから、「じゃあ連れてって」って。

――お二人で? もしや同じ部屋ですか? ベッドを並べて!?

豊川:もちろん(笑)。で、行ったんだけど、背中に役のために入れ墨を描いてたことをすっかり忘れてて、オイルマッサージだったんだけど、マッサージしてくれた人の手と僕の背中がオイルと絵の具でぐちゃぐちゃになってしまって…(笑)。それで、その人が怒りだして、僕だけ途中で切り上げられちゃったんです。それでロビーみたいなところに降りたら、従業員の人が僕の顔を見てみんなクスクス笑っててさ。たぶん、見栄っ張りで描いてるんだと思われたんでしょうね。“豊川さん、すいません、オイルにしちゃって”“いや、俺も忘れてて”とか言いながら、二人で帰りました。散々な経験でしたけど、あれはおもしろかったな。翌日描き直しになっちゃったので、メイクさんにはホント迷惑をかけましたが(苦笑)。

とよかわ・えつし 大阪府出身。『3−4X10 月』『12人の優しい日本人』などの映画で注目された後、『Love Letter』『NIGHT HEAD』『愛していると言ってくれ』『愛の流刑地』『犯人に告ぐ』、数々の映画賞を受賞した『今度は愛妻家』『必死剣 鳥刺し』など話題作に出演。NHK連続テレビ小説『半分、青い。』(‘18年)の秋風羽織役も記憶に新しい。

※『anan』2019年7月24日号より。写真・田村昌裕(FREAKS) スタイリスト・荻野玲子 取材、文・風間裕美子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)