ゲストの努力に嫉妬で突っ込み! “ひねくれ目線”が話題の番組って?

南海キャンディーズの山里亮太さん、ハライチの岩井勇気さん、三四郎の小宮浩信さんが今年の4月から番組をスタート。その名も『ひねくれ3(スリー)』。編集者・箕輪厚介さんやロンドン五輪柔道女子57kg級金メダリスト・松本薫さんなどの若き成功者をスタジオに招き、「嫉妬」や「ひねくれ目線」でゲストの偉業や野望を検証していく、という禁断の組み合わせが話題を呼んでいる。

時代が求める“ひねくれ者”たち。若き成功者に、ひねくれが炸裂!


「努力する若者を普通に紹介しても『情熱大陸』みたいになっちゃうので、真逆な人をぶつけてバラエティにできないかと思ったところから企画を練り始めました。僕自身そういう番組を見た時に、“それ、本当かよ”と突っ込みたくなるタイプだったので、だったらそれをテレビでやっちゃえって(笑)」

と語るのは、清水俊雄プロデューサー。深夜帯の冠ラジオ番組を持つ芸人3人のキャスティングに、ラジオファンからの反響も多いよう。

「“ひねくれ”と一言で言っても、ひねくれ方は三者三様。山里さんはまとめ役であり、嫉妬目線でのひねくれをされる方。アニメやゲームに詳しい岩井さんは、クリエイター目線というか、ゲストに近いひねくれ方。小宮さんは、一番視聴者に近いひねくれ。普通なら一瞬考えてしまうような発言も、臆せず突っ込んでくれるので鉄砲玉的な立ち位置です。とはいえ、ゲストの方々が真っ当な人ばかりなので、3人とも感銘を受けて“普通にためになったな…”とか“これ、ひねくれられないよ!”という流れになることも多いんです。そういうところも含めて、みなさんいつも本音を喋ってくれて…根本はピュアな3人ですよね」

番組として、今後の目標は?

「ブームや爆発的なヒットを作るというより、長く続けながら、視聴者と近い距離感で交流を持っていきたいです。ひねくれている視聴者を100人くらい集めて、公開収録とかやってみたいですね。そしてアンアン世代の女性にも、3人のひねくれに共感しながら、日々のストレスを和らげてもらえたら嬉しいです」

しみず・としお テレビ東京 制作局 CP制作チーム プロデューサー。『ひねくれ3』の他、『そろそろ にちようチャップリン』『超かわいい映像連発!どうぶつピース!!』などを担当。

『ひねくれ3』 テレビ東京系で毎週土曜22:30〜放送中。進行役を乃木坂46の秋元真夏さん、ナレーションをマキタスポーツさんが担当。番組とカルロスK.さんがコラボした楽曲「何もなくて夏」がiTunes Store、Spotifyなどで配信中。

※『anan』2019年9月4日号より。写真・角戸菜摘

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)