俳優たちの怪演ぶりが! 映画『ハミングバード・プロジェクト』の見どころ

映画評論ユニット「お杉とB子」が今回おすすめするのは『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』です。

お杉:金儲けへの執念とその先に待っているものの描き方が、とってもアメリカ的な映画よね。

B子:だって、実話にインスパイアされた物語だもの。リーマン・ショック後に盛んになった株の「高頻度取引」で大儲けするために、すごいことを考えた男がいたのよ。

お杉:ニューヨーク証券取引所とカンザス州のデータセンターを1600kmの直線ケーブルで結んで、アクセス時間を短縮するの。

B子:私たちにはよくわかんないけど、それで年間500億円以上の収益が得られるらしいよ。詳細は、劇中で説明されるからね。

お杉:主人公ヴィンセントと従兄弟アントンは、大物投資家からの資金援助で極秘裏に計画を進行。

B子:でも、技術は日々進化。彼らを出し抜こうとする人も出てくる。

お杉:生き馬の目を抜く世界だよ。

B子:そんな秒単位の取引に神経すり減らしてたら、早死にするよ。彼らの邪魔をする元上司エヴァもめっちゃこわい。『101』のクルエラ・デ・ビルみたいだったわ。

お杉:ヘアカラーもきっと意識してるね。現実では優雅な大富豪夫人のサルマ・ハエックが、銭ゲバを怪演しているのもオモロいでんな。

B子:急に関西弁? アントン役のアレクサンダー・スカルスガルドは、キャップ姿が多いのに、わざわざ頭頂部の髪を抜いたの。痩せてオスカーを獲る俳優がいるんだから、ハゲ頭でオスカーもいいよね。

お杉:見上げた役者魂よね。イケてるのは顔だけじゃない。主演のジェシー・アイゼンバーグは、お得意のマシンガントークで金儲けに取り憑かれた男の狂気を体現。

B子:その中に人間味を感じさせるの。そのへんが『ソーシャル・ネットワーク』のマーク・ザッカーバーグ役とは違うわ。お楽しみに!

お杉とB子 『パリに見出されたピアニスト』(9月27日公開)、クラシックファンでもないのに主人公のピアノに引きこまれちゃった!(お杉)台湾料理のスパイス本にも掲載されていなかった「海山醤」を購入。海産物にも肉類にもマッチする不思議な味わいです。(B子)

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち』監督・脚本/キム・グエン 出演/ジェシー・アイゼンバーグ、アレクサンダー・スカルスガルドほか 9月27日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開。?2018 Earthlings Productions Inc./Belga Productions

※『anan』2019年9月25日号より。

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)