“納豆”はカレーに入れると美味!? 横澤夏子が魅力を熱弁

出会った女性がネタの源という横澤夏子さんが、街で見つけたいい女を実演。今回は、健康を意識している粘り強い女性、「納豆が好きな女」になりきり。

オリジナルの納豆の食べ方を見つけてみよう。


女優さんがインタビューなどで「納豆が好き」と話しているのを見ると、好感度が一気に上がりませんか? 健康に気を使っているイメージがあるし、お寿司やステーキが好きと答えるよりも庶民的でいいですよね。しかも、ねばねばした食べ物だから、粘り強い感じもします(笑)。あと、ホテルの朝食ブッフェで納豆を取っている人を見かけた時も、ちゃんとしていて偉いなと思ってしまいます。『松屋』や『すき家』の朝食も、納豆があるとすごく美味しそうだし、バランス良く見えますよね。そんなふうに、梅干しや明太子などいろいろある中で、ご飯のお供に納豆を選ぶ人には、好感を持たずにはいられません。なかでも、納豆ご飯にして食べている人は、“ちゃんと炭水化物も摂っているんだ…!”と、より健康のことを考えた食事をしている感じがあって素敵だなと思います。それに、納豆をご飯にのせると、お茶碗がベタベタしてしまい、洗うのが面倒くさいもの。にもかかわらず、体や健康のためを思って納豆を積極的に食べるのは、美への意識が高い証拠ですよね。

納豆を食べる習慣をつけるためには、まず、お気に入りの商品を探してみるのはどうでしょうか。粒のサイズやタレの味もそれぞれに違うので、さまざまな種類を食べ比べてみると楽しそう。自分好みにアレンジしてもいいですよね。私は、チューブタイプの青じそを入れているのですが、これがものすごく美味しい! ほかにも、ゴマや梅、キムチなどを入れてもいいし、炭水化物と相性がいいので、パスタやおもちと一緒に食べても最高です。このあいだ、番組のロケでカレーに納豆を入れて食べたら、信じられないくらい美味しかったです。無限の可能性がある納豆。いろいろ試しましょう!

よこさわ・なつこ 芸人。『バイキング』(フジテレビ系)や『王様のブランチ』(TBS系)など、数多くのバラエティ番組にレギュラー出演している。著書『追い込み婚のすべて』(光文社)が発売中。

※『anan』2019年10月2日号より。写真・中島慶子 イラスト・別府麻衣 文・重信 綾

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)