“鉄”でなくとも気になる〜! 鉄道会社の“お宝”大集結イベント

乗り鉄、降り鉄、食べ鉄も! アクティブに鉄道ライフを楽しむ女子が、昨今急増中。それを機に、日本の鉄道会社が一丸となり、アイデアと各社に眠るお宝を蔵出ししたスペシャルな展覧会『特別展 天空ノ鉄道物語』が始まった。

まず注目したいのは空間演出。52階からの景色と融合した会場では、ビジュアルデザインスタジオ〈WOW〉による演出&AR技術により、様々な鉄道が天空や目の前を走っているかのような迫力映像を体験できる。また鉄道車両ドアをモチーフにした映像インスタレーションも注目作。タッチすると電車の扉が開き、様々なイメージが飛び出す映像が幻想的だ。他にもアーティスト島英雄氏が手掛けた段ボールで作る原寸大のSL一号機関車も。さらに館内では往年の寝台特急「トワイライトエクスプレス」の原寸大レプリカを初公開、展望A個室スイートと食堂車両も忠実に再現されている。

〈nendo〉がプロデュースしたガチャガチャマシンによる挽きたてのコーヒーや、オリジナル駅弁、駅そばなどのグルメも充実。マニア垂涎のグッズまで圧巻の内容だ。

制服からヘッドマーク、時刻表までコンプリート。


JR発足時についていた電車のヘッドマーク全国7社分に加え、JR7社、新幹線5社の現行制服が一堂に。また1964年から現在までの時刻表すべてが360度見渡せる展示も圧巻!

他では売っていない駅弁、駅そばなど鉄道グルメが集結!


会場のカフェでは種類豊富なオリジナル駅弁や駅そばを提供。グッズショップでは全国の人気駅弁も販売する。また併設のレストランでは限定メニュー〈観光列車豪華コース〉も。

鉄道ファンの間で話題沸騰、オリジナルグッズも多数!


各鉄道会社のオリジナルグッズや本展限定品が多数販売される。鉄道ファンに大人気だった「国鉄冷蔵コンテナ保冷バッグ」のサコッシュ版も数量限定でグッズセット券の特典に。

『特別展 天空ノ鉄道物語』 森アーツセンターギャラリー&スカイギャラリー 東京都港区六本木6−10−1 六本木ヒルズ森タワー52F 開催中〜2020年3月22日(日)10時〜20時(火曜〜17時、入館は閉館の45分前まで) 会期中無休 一般2500円ほか 

※『anan』2019年12月11日号より。文・山田貴美子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)