ELLY「僕とオミは最強の相性」三代目のライブ裏でハイタッチ

三代目 J SOUL BROTHERS・ELLYによるソロプロジェクト“CrazyBoy”。その初パッケージシングルが発売に。そこに込めた想いと、持ち前の色気の秘密を聞きました。

ファンの人に身近に感じてもらえる存在でありたい。


三代目 J SOUL BROTHERSのパフォーマー・ELLYさん。メンバーからも“アイデアマン”や“天才”と評される彼の音楽センスが存分に詰まったソロプロジェクト“CrazyBoy”初のパッケージシングル『DONNA???』がついに発売!

――「DONNA???」という曲に込めた想いを教えてください。

ELLY:最初は別の英語のタイトルがついていたんですけど、日本語でもっとパンチのあるワードを使いたいと思ったんです。その時に自分が普段から友達の予定を聞く時に使っている「どんな?」を思い出して。「どんな?」って、好きな女性をフランクに誘う時にも使える言葉。サビに出てくる“夜どんな?”は「今夜デートしたい」、“着てる服はどんな?”は「じゃあ俺もそんな感じで行くわ」、“明日の予定はどんな?”は、「今夜は泊まりたい」という想いを遠回しに表現しているんです。その裏側にある気持ちはどストレートなんですけど(笑)。そういう付き合う前の男女間の話を書きたくて。

――ちなみに、ELLYさんは「夜どんな?」「明日の予定はどんな?」ですか?(笑)

ELLY:俺ですか!?(笑) 今日の夜はサウナでも行こうかなーと思って。明日はオフなんですよ。でも今さっき聞いたので、予定は未定です。天気がよければ、買い物とかマッサージに行きたいんですけどね。

――久しぶりに全国ハイタッチ会も開催されたんですよね。これだけご多忙なのに、驚きました。

ELLY:僕が提案したんですけど、周りも「マジで!?」ってなってました。ハイタッチ会はデビュー当時よくやっていたんです。今回、CrazyBoyとしては初めてのCDですし、新人アーティストと同じなので、そういうのもやってみたいなって。ファンのみんなにありがとうも言いに行けますし。

――ファン想いのELLYさんらしいですね。

ELLY:友達感覚でも恋愛感情でもいいから、ファンの人にとっていつも身近に感じてもらえる存在でありたいというのがあるんですよね。

――作る曲はもちろん、ELLYさんはパフォーマンスや立ち居振る舞いもとてもセクシーですが、その色っぽさの秘訣は何ですか?

ELLY:セクシーって言われるの、嬉しいなぁ(笑)。もともとR&Bとか、アーティストでいうとアッシャーとか、自分がセクシーだと思うものを聴いて育ったことが影響しているのかもしれないですね。ストリートでダンスをやっている時も、ちょっとセクシーに踊るのが好きだったんですよ。でもやっぱり、女の子が超好きじゃないと、セクシーにはならないと思うんですよね(笑)。セクシーって、いい意味で異性へのアピールが出ちゃってるってことだと思うから。

――女性もセクシーな人のほうが好きですか?

ELLY:全部好きですね(笑)。自分のスタイルがあれば、セクシーな人も、ショートカットで個性的な人も全部好き。なんだろう…、別に嫌なものないんですよね。年齢も全然気にならないですし。占いによると、僕とオミは最強の相性らしいです(笑)。

――ELLYさんといえば、音楽活動以外にもゲーム用アカウント「リテイルローの村長」としてeスポーツの世界大会に出場されるなど、多才な人というイメージ。その頭の中の割合が知りたいです。

ELLY:おもしろいですね(笑)。でも最近忙しすぎて、村長の割合が減ったんですよ(笑)。今はELLYとCrazyBoyが50%で、サウナが20%くらい。あと、ごはんと買い物がちょこちょこあって、ゲームは最近5%くらいです。

――他にも野球やバスケができたり、スポーツも万能ですよね。できないこと、ありますか?

ELLY:できないことか…。全然あると思うんですけど、苦手なことには一切触れないタイプなんですよ。平均点を取りに行くんじゃなくて、苦手なことをやるくらいなら好きなことを伸ばしたほうがいいと思っているので。でも最近、料理もできるようになったんです。よく麻婆茄子を作ってますね。

――アイデアマンと言われるELLYさんが三代目のメンバーから刺激を受けることはありますか?

ELLY:ありますよ。とくにオミ(登坂広臣さん)。オミとは共通点が多いんです。年も近いし、血液型も一緒。曲の作り方や考え方、好きなタイプも似ています(笑)。オミも僕のことをリスペクトしてくれていて、この間の三代目のライブでも僕のソロステージが終わった時、オミが一番にハイタッチしに来てくれて。顔を見ただけで“お前、かましたな〜!”と思ってくれているのがわかりました。

――すごくいい関係ですね。

ELLY:占い師のイヴルルド遙華さんによると、雨星人の僕と鉄星人のオミは、最強の相性らしいんです(笑)。「このコンビは奇跡だから」と言われて、なんかすごく納得がいきましたね

――今後の野望は?

ELLY:三代目としてはまたヒットソングを作りたいし、‘20年はまたライブもあるのでみんなで楽しみたいです。いつまでもライブをやり続けるグループでいたいんですよね。ソロでの目標は、ここからどんどん世界に出ていくこと。ジェシカちゃん(元少女時代)と「Call Me Before You Sleep」という曲でコラボしたことで、今いろいろなところから「一緒にやろう!」というお話もいただいていて。アメリカのビルボードでトップ10に入りたいです。いつかジャスティン・ビーバーとも一緒にできたら。

――音楽以外でやりたいことは?

ELLY:朝ごはん屋さんを作りたいんですよね。アメリカンランチみたいな、スクランブルエッグとパンを焼いて出してくれるようなお店。朝、女性が仕事に行く前に1時間だけゆっくりできるような場所を作ってあげたくて。

――すぐに叶えてしまいそう!

ELLY:明日休みなんで、早速LDHに話をしに行こうかな(笑)。

クレイジーボーイ 1987年9月21日生まれ、青森県出身。ELLYとして三代目 J SOUL BROTHERSパフォーマーを務める。ソロプロジェクトCrazyBoyとしての初のCDシングル『DONNA???』が大好評発売中。

※『anan』2019年12月11日号より。写真・内田紘倫(The VOICE) インタビュー、文・菅野綾子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)