長澤まさみの毒母ぶりに注目! 映画『MOTHER マザー』の魅力

17歳の少年が、祖父母を殺害した。『MOTHER マザー』は、この実際に起きた衝撃的な事件に着想を得て紡ぎ出された新たな物語。社会の底辺で長い歳月をかけて築かれた母と息子の共存関係が、息子を凶行に向かわせる過程を描いている。残酷な結末が待ち受けているとわかっていても惹きつけられるのは、タイトルになっている「母」という存在が、誰にとっても大きな意味を持つものだからだろう。

しかも、その母親・秋子を長澤まさみが演じるのだ。コメディからシリアスまで、ジャンルを超えて魅力的な人物を演じてきた人気実力派が、息子に恐ろしい行為を強いるシングルマザーをどう演じるのか。いわば、新境地開拓なわけだが、これがもうこちらの想像をはるかに超える役どころ。世間の常識では計り知れない秋子の行動には、衝撃を受けっぱなしなのだ。

秋子ときたら、自分で働いて子供を養おうという気はさらさらない。幼い周平(郡司翔)を家に残したまま、出会ったばかりのホストの遼(阿部サダヲ)と何日も家を空ける。そんなネグレクトの一方で、内縁の夫となった遼との間にできた子供の命は頑として守ろうとする。母性があるのか、ないのかわからない。実に不可解な存在ときている。

やがて成長した周平(奥平大兼)にも母親らしいことをするどころか、歪んだ愛情で支配する一方で、ときには恋人や友達のような存在として頼っているようなところもある。子供の未来など考えず、ただ独占していたいだけに見える秋子は、“毒母”という言葉で簡単には片付けられないほど。

けれども、そんな母親でも、子供にとっては大切な存在。秋子という人間が理解できなければできないほど、母親という存在の大きさや、母と子の絆について考えずにいられなくなるのが、この作品の面白いところ。それもキャストが迫真の演技を見せてくれているからこそ。秋子の身勝手さに絶句させつづける長澤はもちろんのこと、阿部は久々の“クズ”ぶりで驚かせつつ、遼の身のこなしの軽やかさにさえも、この男の薄っぺらさを感じさせて、なんと魅力的なことか。出会いや再会のシーンで披露するダンスのみならず、ちょっとした動きにも滲む愛嬌がたまらない。

そして、16歳からの周平を演じる奥平大兼。過酷な日々のなかで芽生えた未来への希望の芽を摘み取られてもなお、母親や幼い妹を支えようとする周平の選択が、せつなくてたまらない。作品の世界はヘビーだけれど、初めてのオーディションで、この難しい役を手にした新星のデビューを目撃することができるのは、映画好きにはたまらない幸せだ。

さらに、もうひとり、観客の心を鷲掴みにするのが、子供時代の周平を演じた郡司翔くん。ガスも電気も止められた真っ暗な部屋で、たった一人で母親の帰りを待つ周平のいたいけなことときたら。といって、ただ健気なだけではなく、秋子に言うべき文句はちゃんと言う。子供の“リアル”を感じさせる彼は、数年後、「ああ、あのときの子が!」と驚かせてくれる注目俳優に育っているはず。いや、2人の周平のどちらも、すぐにいろんな作品でお見かけするようになるんだろうな。

『MOTHER マザー』 自堕落に生きてきたシングルマザーの秋子が、息子の周平を祖父母殺害に向かわせる。監督・脚本/大森立嗣 出演/長澤まさみ、阿部サダヲ、奥平大兼、夏帆、木野花ほか 7月3日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。?2020「MOTHER」製作委員会

※『anan』2020年7月8日号より。文・杉谷伸子

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)