人気ドラマ『Lの世界』の続編が登場! “ハートフル”配信動画おすすめ6選

おうち時間が増え、動画配信サービスにハマる人が続出。そこで、配信で観られるハートフルなヒューマンドラマを6つ紹介します。教えてくれたのは映画ライターの山縣みどりさんです。

『Lの世界 ジェネレーションQ』(2020年/Huluにて独占配信中/全8話)


LGBTQ+への理解が深まる傑作。女性同士の恋愛にフォーカスした革新的な人気ドラマの続編。LGBTQ+にフレンドリーな街として知られるシルバーレイクを舞台に、セクシュアル・マイノリティの恋愛や家族問題、さらにはジェンダー・アイデンティティを切り口にした物語が展開する。知識として理解したつもりの“性の多様化”を可視化し、マジョリティな人々と何ら変わらないと実感させてくれる傑作。シーズン2の製作も決定した。?2019 “The L Word: Generation Q” Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

『トゥループ・ゼロ〜夜空に恋したガールスカウト』(2020年/Amazon Prime Videoにて独占配信中/97分)


自分らしさと多様性を大事にしよう!宇宙オタクな少女クリスマスと、はみ出し者の仲間が、ガールスカウト大会優勝を目指して奮闘する姿を追う友情の物語。女の子らしいのが美徳とされた時代に、ブレずに自分らしくあり続ける子供たちがキラキラと輝いている! スカウト活動をしながら友情を培い、それぞれの特技で自信を深め、互いを思いやる姿には大人も学ぶ点が多数。キッズの物語だが、多様性を認めることの重要性も教えてくれる。

『テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく』(2020年/Apple TV+で配信中/全10話)


思いやり&ウィットが人心をつなぐ!ひょんなことからイギリスのプレミアリーグの監督に就任した大学アメフトのコーチが、チーム立て直しに奮闘! サッカーのサの字も知らない新米監督は、思いやり&ウィットという強力な武器を持ったポジティブな男性で、人心に訴えかけるコーチングを披露する。人間同士は結局、腹と腹を割って話すことが重要と思わせる心温まるコメディだ。部下とのコミュニケーションに悩む上司必見かも。

『これからの人生』(2020年/Netflixにて独占配信中/95分)


寛容と愛の大事さが伝わってくる。元娼婦のマダム・ローザは、知り合いから頼まれ、セネガル移民の孤児モモを預かる。二人は徐々に絆を深めていくが、老いたマダムが病に倒れ…。ホロコーストのトラウマを抱えながら、寛容と愛を持って不良少年を受け入れるマダムの人間性が素晴らしい。毒舌マダムに「約束を守る子だ」と言われたモモが彼女の信頼を支えに、人間として成長していくクライマックスは涙なしには見られない。

『この茫漠たる荒野で』(2021年/Netflixにて独占配信中/119分)


分断された社会に希望を示す物語。南北戦争後、退役軍人キッドは各地でニュースを読み聞かせている。ある土地でネイティブ・アメリカンに育てられた白人少女と出会った彼は、彼女を親戚宅に送り届ける旅に出る。トム・ハンクスが演じる主人公は、戦争で疲弊し、分断に困惑する人々に真実の重要性を伝える存在だ。そこに家族と引き離された少女が絡む図式は現代アメリカと重なり、物語が示してくれる癒しと希望が胸に響く。

『パーマー』(2021年/Apple TV+で配信中/110分)


偏見に負けず、自分らしく生きる。窃盗で有罪となり、プロになる夢を断念した元アメフト選手と、母に捨てられた少年の絆を描く人間ドラマ。保守的な田舎町で偏見に晒される青年が、ジェンダー規範にとらわれない少年の強さにインスパイアされる展開を情緒的に描いている。ドラマの核となる少年を演じるライダー・アレンはこれが初めての映画出演だが、彼のエモーショナルな熱演と、主役J・ティンバーレイクの相性が素晴らしい!

やまがた・みどり 映画ライター、セレブ・ウォッチャー。レビューやインタビューなどを中心に、弊誌をはじめ、数多くの女性誌や映画雑誌、ウェブサイトなどで幅広く執筆。

※『anan』2021年2月17日号より。

(by anan編集部)

関連記事(外部サイト)