白濱亜嵐、第二の故郷フィリピンでは子ども3人の“父”。家族のため日本で活躍し続けたい思い

4月23日(金)の『徹子の部屋』に、白濱亜嵐が登場する。

中学時代の夢を叶えてEXILEとGENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーを兼任し、大活躍の白濱。

愛媛県・松山の出身で、フィリピン人の母と日本人の父をもち2つの文化で育ったため、日本語と英語、フィリピンで使われているタガログ語の3カ国語が話せるようになったという。

そんな母語でもあるタガログ語で黒柳徹子に挨拶を披露する。

ダンスをはじめたキッカケは、中学2年生で観たEXILEのライブに憧れたこと。

15歳で愛媛から上京し、オーディションを受け見事合格! 夢だった先輩たちのうしろで踊れたときには泣きそうになったという。

ライブで踊っている西城秀樹さんのカバー曲『Y.M.C.A.』を黒柳が『ザ・ベストテン』風に紹介し、ダンスを実演。さらに、もっと見たいという要望にこたえて『徹子の部屋のテーマ』でもダンスをみせる。

もうひとつの故郷フィリピンには、第二の父の役割を担う「ニーノン」という文化があり、白濱は現在「ニーノン」として3人の子どもの父になっている。

また、フィリピンにいる親戚たちが集まれる別荘の建築や、母が働いて家族のために建てた家を新たに建て直したエピソードも。家族を支えていくため、これからも日本で活躍し続けたいと語る。

※番組情報:『徹子の部屋』
2021年4月23日(金)午後1:00〜午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

関連記事(外部サイト)

×