11年目突入!異例の長寿番組『ももクロChan』 今から見始めても楽しめる“魅力”の数々

ももいろクローバーZ初の冠番組『ももクロChan』。2010年にスタートした同番組が、2021年、ついに11年目に突入!

女性アイドル番組としては異例の長寿番組『ももクロChan』をこの春から楽しみたいという人に向けて、現在YouTubeチャンネル「logirl 【テレ朝動画公式】」では『はじめてのももクロChan』が公開中。

まだ見たことがない人でも、この番組を見れば『ももクロChan』のすべてがわかる!

そこで今回は『はじめてのももクロChan』の内容をもとに、アイドル番組として常に“おもしろい”を追求する『ももクロChan』の魅力をひも解いていく。

◆メンバーの“素の表情”が見られる

百田夏菜子が「ときには見られたら恥ずかしい部分も『ももクロChan』のカメラにはたくさん収まっている」と話すように、『ももクロChan』にはメンバーの“素の表情”が満載!

その代表格ともいえるのが、『ももクロChan』恒例企画「定点観測」だ。

ライブ会場の一角に無人の定点カメラを設置し、メンバーたちの様子をとらえるこの企画では、舞台裏で“カニダンス”を踊りながら大はしゃぎするももクロの姿も! メンバーたちの“素顔”を思う存分堪能することができるのは、『ももクロChan』ならでは。

◆破壊力のある企画が多い

そして、アイドルの番組とは思えない攻めた企画の数々も『ももクロChan』の魅力のひとつ。

「こってりパトロール」では、ももクロの“食いしん坊2トップ”佐々木彩夏と玉井詩織が大活躍! 300グラムの大きな肉の塊がトッピングされたボリューム満点のカルボナーラに思い切り食らいつくなど、圧巻の食べっぷりを見せている。

また『ももクロChan』のなかでも異彩を放つのが、夏場の納涼企画「キモだめしChan」。

次々と襲いかかる“恐怖の仕掛け”に、メンバーたちは大絶叫! 過去には1人で肝試しに挑戦した佐々木があまりの恐怖に号泣しつつも、最終的にはまさかの“逆ギレ”をする場面もあった。

◆メンバーの成長がよくわかる

10年以上にわたり、ももクロとともに歩んできた『ももクロChan』。

高城れにの「ももクロそのものが『ももクロChan』」という発言からも、ももクロと『ももクロChan』は“一心同体の存在”ということがわかる。

メンバーの成長を見届けるうえでは外せない企画、社会人としての常識を学ぶ「大人検定」では大事件も発生!

大人の味を学ぶため、高城が“タコの踊り食い”に挑戦するシーンでは、タコの足がなんと突然高城の鼻の穴に! 芸人が本気でうらやましがったという、バラエティ番組史上に残る驚きのハプニングに見舞われた。

◆芸人さんとの絡みがおもしろい

『ももクロChan』で数多くのお笑い芸人たちと共演し、バラエティ力を鍛えてきたももクロ。

長年ももクロとともに『ももクロChan』を盛り上げてきた東京03・飯塚悟志は、「百田さんには相方のような扱いをしていることがある」とのこと。

ボケ続ける百田に飯塚の鋭いツッコミがさく裂するという、まるで“コント”のようなやり取りが見られるのも『ももクロChan』の醍醐味だ。

◆舞台裏ドキュメントの密着度がすごい

『ももクロChan』では表も裏もない、“ありのままのももクロ”を追い続けてきた。

天真爛漫なメンバーの姿が印象的だが、番組開始当初、その後の『ももクロChan』のスタンスを決定づけた“忘れられない出来事”があったという。

それは元メンバー・早見あかりの“脱退”シーン。

涙ながらに脱退の意思を伝える早見に、思わず大号泣するほかのメンバーたち…。心打たれるこの涙のシーンを、鈴木さちひろプロデューサーは「(このシーンで)ドキュメントの部分が成立したとすごく感じた」と振り返った。

ももクロの魅力が丸ごと詰まった『ももクロChan』。

さらに、これを見れば番組のすべてがわかる『はじめてのももクロChan』では、メンバーが番組の楽しみ方を語る場面や、初々しい姿を収めた貴重映像も登場。これから『ももクロChan』の世界に足を踏み入れたい人、必見だ!

※動画の視聴は、こちらから!

※テレ朝動画『ももクロChan』
次回は2021年4月30日(金)よる6時ごろ配信開始予定 過去のアーカイブも公開中!

※テレ朝動画『川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし』
毎週月曜よる7時〜生配信!ももクロもゲストで出演も!?アーカイブも公開中

※テレ朝動画『Mus?e du ももクロ 〜アートの学びをデザインする〜』
絶賛公開中!

※『logirl』の詳細はこちら!

関連記事(外部サイト)

×