SEVENTEEN、Mステで最新曲をパフォーマンス!サビの“手を使った振り付け”に注目

5月7日(金)放送の『ミュージックステーション』に、SEVENTEENが出演する。

©PLEDIS

韓国の13人組ボーイズグループ・SEVENTEENは、4月21日発売の日本サードシングル『ひとりじゃない』を韓国からパフォーマンス。

オリコン週間シングルランキングで1位を獲得した同曲は、あらためて夢に向かってスタートラインに立つ青春の勇気と誓いを歌った書き下ろしオリジナル作品で、困難な時代に青春をすごす、すべての人へエールを送る内容となっている。

今回の楽曲について、「タイトルから僕が知っている日本語だったので親しく感じました。 この『ひとりじゃない』という難しくない、シンプルなメッセージがきっとお聴きになる方にもストレートに伝わると思います」と、エクスプス。

パフォーマンスについても、「最後にメンバー4人を持ち上げる振り付けがあるんですが、パフォーマンスをする僕たち自身も楽しくて、見ていてとても綺麗なので、多くの方々に注目してほしいです」(ジュン)、「最初にジョンハンとジュンのペアの振り付けがあるんですが、そのパフォーマンスがとくにかっこいいので注目してほしいです」(ホシ)と注目ポイントを語る。

また、ディエイトは「サビの手を使った振り付けがポイントだと思います。よく見ていただくと、指で数字を表現していますが、ひとりではなく2人が出会って手を握る動作なんです。ぜひ一緒にやってみてください」と呼びかけ、ディノも「手を使ったポイントダンスがまさにこの曲のメッセージを圧縮した振り付けだと思います」とアピールした。

2020年9月にMステ初出演をはたした際には、大きな反響があったそう。ジョンハンは「ありがたいことに、誰よりも日本のCARAT(ファンの総称)の皆さんがとても喜んでくださって、僕たちも本当にうれしかったです」と感謝の言葉を。

誰もが“ひとりではない”という励ましの思いが込められた新曲『ひとりじゃない』。

「皆さんにとって力になってほしいというメッセージを込めて作りました。ひとりだと感じる瞬間、心のなかで“私はひとりじゃない”と自分自身を励ます勇気を与えたかった」(ウジ)、「多くの方に元気になっていただきたいと思いますし、皆さんは“ひとりじゃない”ですというメッセージを必ず伝えたいです」(ウォヌ)と、この楽曲に込められた強い思いを明かした。

※番組情報:『ミュージックステーション』
2021年5月7日(金)よる9:00〜、テレビ朝日系24局

【出演アーティスト】(50音順)
[Alexandros]:『閃光』
EXILE:『PARADOX』
ジャニーズWEST:『僕らの理由』
SEVENTEEN:『ひとりじゃない』
乃木坂46・4期生:『I see…』
WANIMA:『旅立ちの前に』

関連記事(外部サイト)

×