“刑事”白洲迅、親友を思うあまりとんでもない行動に!「拓海の1つ目の集大成です」<刑事7人>

東山紀之演じる天樹悠を中心に、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)の刑事たち、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)という個性あふれる7人が、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』。

これまで天樹をはじめとした専従捜査班の先輩たちの背中を見ながら、時にはいじられながらも真っすぐに事件解決のため走ってきた拓海だが、9月8日(水)放送の第8話では、親友を思うばかりにとんでもない行動に出てしまう!

事の発端は、天樹たち専従捜査班へ届いた一通の手紙。14年前に起きた未解決事件の犯人を名乗る男からの「今度こそ捕まえてみろ」という挑戦状だ。

14年前、兄とスーパーに来ていた7歳の女児が、兄が目を離した隙に屋上から何者かに突き落とされる事件が発生。容疑者が何人か挙がるも特定には至らず、迷宮入りしていた。

その被害者の兄の名前が伊藤優(マサル)と聞き、拓海は警察学校時代の同期でルームシェアをしている伊藤優(ユウ)(松倉海斗・Travis Japan/ジャニーズJr.)と読み方は異なるものの、同じ名前だったことに驚く。

単なる偶然だと思い、天樹たちとこの事件の再捜査を開始する拓海だが、聞き込みを進める中でユウが被害者の兄である可能性が高まっていく。

その矢先、当時の事件関係者が襲われるという新たな事件が発生。嫌な予感が頭をよぎる拓海は真実を突き止めるべく走るが、やがて親友を思うあまりに刑事としてあるまじき行動に。

ユウは本当に被害者の兄なのか、だとしたら何を企んでいるのか。そしてユウを思う拓海はどんな行動に出てしまうのか。

14年の時を経て、衝撃の展開が待ち受ける!

◆白洲迅「拓海の中での1つ目の集大成」

これまで拓海は、専従捜査班の中で一番の若手として時にはいじられ、時には支えられながら真っすぐ事件と向き合ってきた“愛され後輩キャラ”だったが、第8話ではひと味違った一面も披露。

白洲いわく、親友のユウの前での拓海は専従捜査班のときとは打って変わって、「どちらかというと引っ張っていくお兄さんのような頼れる存在」だと言い、「これまでの『刑事7人』ではあんまり見せてこなかった部分」が見られるとコメントする。

また、親友であるユウを思うがゆえにある行動に出るシーンでは、「いつもと少し違うエッジを効かせ、狂気に近い面を際立たせてやったつもりです」と、さらにこれまでにない表情を披露している様子。

そんな拓海が新たな一面を覗かせる第8話。白洲は、「拓海の頼りない面から成長している面まで見せられる、今のこのタイミングだからこそ今回の話がきてくれたのかなと思います。ある意味、拓海の中での1つ目の集大成としての回」と語っている。

◆白洲迅(野々村拓海・役)コメント(全文)

第8話の台本を読んでまず感じたのは、「これまた熱いシーンがきたな!」ということですね。基本的に拓海は熱い男なんですけど、ここまでパーソナルな部分を掘り下げて見せる“熱さ”は、これまでのものとは種類が少し違うなと感じました。

また普段の拓海は、専従捜査班の中では一番の新人なのですが、今回の親友のユウの前で見せる拓海は、どちらかというと引っ張っていくお兄さんのような頼れる存在で。これまでの『刑事7人』ではあんまり見せてこなかった部分だったので、そこをどこまで表現するのかなど、あんばいを考えながら演じました。

さらに、親友を思うがゆえにある行動をとるのですが、そこは監督といろいろとお話をしながら、いつもと少し違うエッジを効かせ、狂気に近い面を際立たせてやったつもりです。そういう意味では、今回はいつもの元気でうるさくて明るくて、みんなにいじられるキャラクターからの振れ幅が大きかったので、難しかったですね。

ユウ役の松倉(海斗)さんはまじめで素直で、すごく気持ちがよく、とにかくいい方でしたね。それに後輩感を漂わせて、可愛かったです(笑)。

でもそういう意味では、物語の中の拓海同様、現場でもふり幅があったかもしれませんね。基本は大先輩の方々と一緒にやるのが僕の中での『刑事7人』の現場なのですが、そこに今回、年下の松倉さんとのシーンもあり、いつもと少し違う現場の空気感も味わえて楽しかったです。

拓海が加わって今シーズンで4年目ですが、拓海の頼りない面から成長している面まで見せられる、今のこのタイミングだからこそ今回の話がきてくれたのかなと思います。第8話は、ある意味拓海の中での1つ目の集大成としての回だと思うので、そういう面でも楽しんでいただきたいですね。

そしてユウとの友情をはじめ、拓海の未熟さを見せる場面では専従捜査班の方たちとの絆も感じる、さまざまな“情”が描かれた熱い話なので、ぜひ熱い気持ちで見ていただけたらうれしいです。

◆第8話 あらすじ

天樹悠(東山紀之)たち専従捜査班のもとに、一通の手紙が届いた。「役立たずの警察へ。14年前の事件の犯人は私だ。今度こそ捕まえてみろ」と警察を挑発する文章が記されていたほか、髪の毛とヘアゴムが同封されていた。DNA鑑定の結果、それらは14年前の事件の被害者のものと一致する。

その事件とは、7歳の女の子が大型スーパーの屋上から何者かに突き落とされたというものだった。事件当日、被害者は5歳上の兄とともに来店していたが、兄が目を離した隙に悲劇が起きたという。

数名の容疑者が挙がったものの、週末で人の出入りが多かったことから特定はできず、迷宮入りとなっていた。そして脳挫傷を負った被害者は、21歳になる現在まで昏睡状態が続いていた。

野々村拓海(白洲迅)は、被害者の兄の名前が伊藤優(マサル)と聞いて一瞬、驚く。警察学校時代の同期でルームシェアしている伊藤優(ユウ)(松倉海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.))と、読み方は異なるものの同じ名前だったからだ。単なる偶然だと思った拓海は、天樹たちと被害者家族や当時の関係者の聞き込みを開始する。

当時、現場の周辺では女児の髪を切って収集しているという不審者の噂があり、匿名の通報から矢吹宝太郎(山内圭哉)という男が浮上していたと判明。だが事件当日、矢吹はスーパーにいなかったとされ、逮捕まで至らなかった。ところが専従捜査班の再捜査により、なんと矢吹が事件の日、スーパーを訪れていた事実が明らかになる。

一方、被害者家族に確認したところ、マサルは数年前から消息不明だとわかる。だが、昏睡状態で入院中の被害者のもとを兄らしき若い男が見舞いに訪れていることが発覚。その似顔絵を見た拓海は、ユウ=マサルなのではと疑いはじめて…。

本当にユウは被害者の兄、マサルなのか…? その矢先、14年前の事件関係者が襲われる新たな事件が発生。親友の暴走を心配する拓海は、やがてとんでもない行動に出るが――!?

※番組情報:『刑事7人 season7』第8話
2021年9月8日(水)よる9:00〜よる9:54、テレビ朝日系24局

※『刑事7人 season7』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

関連記事(外部サイト)