東山紀之、『刑事7人』撮了でシリーズ継続へ意欲「またお世話になりたいと思います!」

東山紀之演じる天樹悠を中心に、海老沢芳樹(田辺誠一)、水田環(倉科カナ)、野々村拓海(白洲迅)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)の刑事たち、そして法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)という個性あふれる7人が、時代とともに複雑化する超凶悪犯罪や難解な未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』

9月15日(水)放送のシーズン7最終回に先立ち、このたび東山たち7人が揃って無事クランクアップを迎えた。

専従捜査班のセットで撮影を終えたキャストたち。

最初に挨拶に立った白洲が「シーズン7の最初に首を吊られ、後半も崖から吊るされ…」と体を張った今シーズンを振り返りながらも「充実したシーズン7でした!」と語ると、続く塚本は「そろそろやりましょう!映画を!」とシリーズの映画化への期待を口に。

シーズン1から出演している倉科は「シーズン7という節目を迎えられたことがとてもうれしかったです」と語り、特別なシーズンになった様子。

一方の田辺は、「もし来年またあったら、1年分パワーアップした姿をお見せしたいところなんですけど、現状維持で精一杯なので、1年分維持した姿をお見せできるように頑張りたいと思います」と笑い、来年に向けたコメントを披露した。

また、吉田が「東が演じる天樹がシーズン毎にとっても素敵になってきているので、天樹をずっと見ていたいなと思うのは私だけでしょうか!?」と問いかけると、セットにいるキャスト・スタッフ全員が口々に賛同。

さらに北大路からは、「最終話の僕のセリフはとても意味深だったよね?これを言わせてもらって感謝しております」と、何やら気になる発言も飛び出した。

そして、いよいよ主演の東山。「今年も本当にお世話になりました。いろんな意味で緊張感があり、こういう時代の中、撮影をさせていただけることのありがたさを感じました。またお世話になりたいと思います!」とシリーズ継続へ意欲を見せながら挨拶を終えると、セットからは大きな拍手が沸き起こった。

充実したシーズン7の振り返りや感謝、今後への期待が語られるなど、キャスト全員から『刑事7人』への愛が溢れたクランクアップ。

キャストたちがスタッフと一丸となって全力で作り上げたシーズン7の最終話は、いよいよ明日9月15日(水)放送だ。

◆片岡信和、フリーライター役で最終話に登場!

2006年にデビュー以降、『炎神戦隊ゴーオンジャー』(2008〜2009)や『法医学教室の事件ファイル』シリーズ、『広域警察』シリーズなど俳優としても活躍する一方、『羽鳥慎一モーニングショー』のお天気キャスターを務め、お天気コーナー“ワンポイントストレッチ”が話題沸騰の片岡信和が最終回となる第9話に出演!

片岡が演じるのは、25年前に起きた連続婦女暴行殺人事件を追うフリーライターの三条。

凶悪事件を追っていたフリーライターという役だけあって、少し尖った印象の三条。片岡がこれまでヒーローやお天気キャスターで見せていた姿とはまったく違う、新たな一面を披露する。

※番組情報:『刑事7人 season7』最終回
2021年9月15日(水)よる9:00〜よる10:04、テレビ朝日系24局

※『刑事7人 season7』最新回は、TVerにて無料配信中!

※過去回は、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中!

関連記事(外部サイト)