夏目漱石の孫でエッセイスト、半藤末利子。「猫の死亡通知を出していた」漱石の興味深い話が続々

5月24日(火)の『徹子の部屋』に、エッセイストの半藤末利子が登場する。

かの文豪・夏目漱石を祖父に持ち、自らもエッセイストの半藤。現在87歳、漱石の長女の娘である。

見合い結婚だった漱石と妻・鏡子の一目惚れエピソードや、甘いもの好きが高じてアイスクリームを作る機械まで買っていた話など、半藤の語りには漱石の人間味あふれる素顔が見えてくる。

さらにデビュー作『吾輩は猫である』誕生秘話も。

主人公の猫には実在のモデルがいた。野良猫だったその猫を飼うに至ったいきさつや、小説の大ヒットで猫に感謝をしていた漱石が、猫が亡くなった際、丁寧に「猫の死亡通知」を出していたなど、興味深い話が続々。

そして半藤自身は、夫で戦史研究家・作家の半藤一利さんを2021年に亡くしたばかり。

反戦を唱え続けていた夫の遺言は、今の世に大変意味のある言葉だった。

※番組情報:『徹子の部屋』
2022年5月24日(火)午後1:00〜午後1:30、テレビ朝日系列

※『徹子の部屋』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

関連記事(外部サイト)