マツコ&有吉、10代からのタメ口は「なんとも思わない」

5月20日(金)に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、視聴者からの「相手は年上だけど、あえてタメ口を使うこと、ありますか?」という投稿をテーマに熱い議論が繰り広げられた。

「ある程度年が離れてくると逆に敬語がなくなったり…」という有吉弘行。

マツコ・デラックスも大先輩のほうがタメ口で話せるといい、「向こうが直の後輩じゃなくて可愛い子ども、孫くらいに思っていると自然とそうなる」と話す。

「10代の子のタメ口はなんとも思わない」という2人。有吉は年が近い芸人からタメ口で話されるとイラっとするが、逆に年齢の離れたタレントなら気にならないのだとか。

また、有吉いわく「70歳くらいの人で僕らに敬語の人もいる」とのこと。“ちゃんとしている方”だと感じる反面、「こっちもしくじれないぞ」という思いから恐縮してしまうと明かす。

そして、黒柳徹子や明石家さんまなど、大御所にはフランクに会話できるというマツコ。

その理由について「あまりにも偉大な方だから、甘えられちゃう」と説明するが、逆に年が近い先輩には甘えられないと語る。

さらにマツコは、「学校生活が被っていたぐらいの年代って、先輩の立場でも後輩の立場でもお互いに苦手なんだと思う」と主張。年代が変わることで「違うシマの人になる」といい、お互いにタメ口でも平気になるのではと熱弁した。

一方、年上にあえてタメ口を使うことは「できない」という久保田直子アナ。

そんな久保田アナと大先輩の大下容子アナの関係性を探っていくなか、マツコ&有吉は「大下さんも寂しいかも…」と勝手に代弁。はたして、その理由とは?

※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!

※『マツコ&有吉?かりそめ天国』は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

※番組情報:『マツコ&有吉?かりそめ天国』
毎週金曜よる8:00〜8:54、テレビ朝日系列(※一部地域を除く)

関連記事(外部サイト)