『遺留捜査』主題歌に小田和正の3曲が決定!上川隆也「もはやなくてはならない存在です」

2022年7月からスタートする木曜ミステリー『遺留捜査』の主題歌に、小田和正の『やさしい風が吹いたら』『小さな風景』『風を待って』の3曲が決定した。

『遺留捜査』は、2011年に第1シーズンがスタート。

小田和正の主題歌は、2013年に放送された第3シーズンの『やさしい風が吹いたら』からで、2017年放送の第4シーズン『小さな風景』、2018年の第5シーズンからは『やさしい風が吹いたら』『小さな風景』の2曲、そして2021年の第6シーズンでは『風を待って』が主題歌として起用された。

今回の第7シーズンでは『やさしい風が吹いたら』『小さな風景』『風を待って』の3曲を主題歌として、ドラマの回により主題歌を変えて番組を盛り上げる。

なお、『小さな風景』『風を待って』の2曲は、小田和正のニューアルバム『early summer 2022』にも収録されている。

◆主演・上川隆也 コメント

――今作は主題歌を3曲使用しますが、あらためて主題歌は上川さんにとってどんな存在でしょうか?

小田和正さんのご提供くださった数々の作品の存在は“僕にとって”などという矮小な話ではなく、『遺留捜査』にはもはやなくてはならない存在です。

まるでこの物語の“羽衣”のようにすら思えます。優美で美しく光り輝き、手に取ると儚げに思えて力強く、そして物語をより高々と飛翔させてくれる…。余談になりますが、京都にも羽衣伝説があるそうです。

――小田和正さんへメッセージをお願いいたします。

これ程までに物語を支えてくれる楽曲に巡り会うことは、望んで叶うものではないと思います。

小田さんの歌声は、11年目を迎えたこの作品を「前へ前へ」と推し進める大きな駆動力の一つであり、その響きにスタッフ・キャスト一同、常日頃から背中を押されるような気持ちでいます。本当にありがとうございます。

※番組情報:木曜ミステリー『遺留捜査』
2022年7月スタート!毎週木曜 午後8:00〜8:54放送、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)