中尾ミエ・研ナオコ・平野レミの“人生”をひも解く!オードリー若林「エネルギーがすごい」

6月24日(金)放送の『激レアさんを連れてきた。』ゴールデン2時間スペシャル。

「若林VS強レア大先輩2時間SP」と題し、加藤シゲアキ(NEWS)、DJ松永(Creepy Nuts)、近藤春菜(ハリセンボン)、上川隆也、岸優太(King & Prince)、ホラン千秋をゲストに迎え、中尾ミエ、研ナオコ、平野レミという芸能界を代表する“強レア大先輩”の体験談を紐解いていく。

◆紐解かれる中尾ミエの“最強伝説”

「真の芸能界最強の人」として紹介されるのが中尾ミエ。

1962年、16歳でリリースした『可愛いベイビー』がミリオンヒットとなり、一躍時の人となった中尾だが、最近では毒舌を活かしたコメンテーターとしても活躍。

そんな彼女の“最強伝説”を紐解いていくが、DJ松永も「ホントに物語みたいな人生」だと語る衝撃のエピソード揃い!

さらには、仲良しの森山良子やミッツ・マングローブからの証言で、自分に正直に芸能界を生きてきたことも明かされる。また、中尾の生き方が招いた、あの和田アキ子を救ったという逸話も!

そんな頼れる大先輩に、スタジオメンバーから悩み相談のコーナーも実施。はたして中尾からどんなアドバイスが飛び出すのか?

加藤シゲアキが「自分には真似できない、だからこそすごい」と感動する、衝撃的な中尾の“強レア人生”とは。

◆「本当にNG無しの人」研ナオコ、唯一のNGをスタジオで発表!

「本当の本当にNG無しの人」として登場するのは、デビューから51年となる研ナオコ。

実力派シンガーに加えて、バラエティでも大活躍する研だが、実は51年もの間、仕事でのNGを出したことがないそう。

当の本人は「そこに断る理由がないから」と飄々と答えるが、新人時代の過酷なキャンペーンや、お風呂に2か月入れないこともあった地方への営業回り、今では考えられないガチンコのBOATRACE体験など過酷な仕事も数多く、スタジオは驚がく。普通なら断る仕事も「すべて正面突破してきた、もはや“文化”が違う」と、DJ松永は目を大きく見開く。

しかし、そんな研ナオコがスタジオで発表した“唯一のNG”とは。

◆痛快!平野レミの“時短人生”とは?

さらに「料理だけかと思いきや人生も時短の人」が平野レミ。

平野といえば、料理愛好家として、おいしいだけではなく料理時間を短縮した“時短料理”で知られているが、なんと彼女の人生自体が“時短”の連続だった。

せっかちな性格で有名な平野。ずっと座っているのが嫌で高校を2年で自主退学し、夢のシャンソン歌手に。しかし歌う楽曲が嫌すぎて、わずか2年で歌手活動を引退してしまう。

その後は、久米宏を相手にラジオパーソナリティデビュー、イラストレーター・映画監督の和田誠さんと“出会って10日の超スピード婚”、料理愛好家としての成功のウラに秘められた視聴者からのクレーム殺到事件、大ヒット商品“レミパン”誕生秘話など…。

超合理的に物事を進めながらも、平野流のこだわりが詰まった“強レア人生”に、岸優太も「やっぱり、いい意味で“普通の人”ではない!」と驚きを隠せない。

さらには、平野の性分を知り尽くした家族からは、スタジオもビックリのあるメッセージが。上川隆也も「レミさんのように、快刀乱麻を断つように生きられたら気持ちがいいでしょうね」と憧れの気持ちを吐露する。

◆若林正恭(オードリー) コメント

やっぱり皆さん、とにかくエネルギーがすごかったですね。こちらがコメントしているときにもガンガン入ってきますし(笑)、エピソードもそれぞれの“人生”が詰まっているものでした。

自分も、もうちょっとワクをはみ出て生きてもいいんじゃないか、生きるべきなんじゃないか、そう思わせてくれました。大先輩たちですが、ある意味で若ささえ感じましたね。

あらためてみなさんの人生をひも解くと、そんなことがあったんだ、ここであの人が現れるんだ、などドラマがあって、それで今のお三方があるんだと思うと、3人の魅力もさらに伝わるのではないでしょうか。

それと、3人とも髪型に勢いを感じましたね。どうやってブローしているんだろうっていう(笑)。そこも見どころです。

◆弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー) コメント

みなさん、三者三様の人生を歩んでいらっしゃいますね。今回、とくに全員が女性でしたので、働く女性にとってのパイオニア的存在と言えると思いますし、時代を切り開いてきたと思うのですが、それをあまり苦に感じていらっしゃらないところも、魅力的に感じられました。大先輩ではありますが、こういう風な大人になりたいと思いました。

生きているだけで抑圧される現代社会において、お三方のお話は人生の突破口になるような、勇気をもらえるようなお話が多くて、見てくださる方のやる気を起こさせてくれるような回になっているのではないでしょうか。いつもの『激レアさん』より勉強になる、学びの多い回になっています!

◆加藤シゲアキ(NEWS) コメント(全文)

いつも見ている番組なので、自分が参加できることは嬉しかったですし、お話もすごくおもしろかったです!

一線で活躍されてきた方はやはりすごい経験をされてきているし、だからこそ、魅力的ですし、伝説がいっぱいあるんだと思いました。今日の収録で先輩方から学ぼうと思いましたが、自分には真似できないなとも思いました。だからこそすごいんだなぁと!

芸能人の方じゃなくても、生き方として勉強になるというか、参考になるというか…。明日から少し元気になれるような気がしますし、僕も収録でたくさん笑えて、楽しかったし、元気になれましたね!

◆DJ松永(Creepy Nuts) コメント(全文)

ホントに物語みたいな人生を歩んできた方々だな、と思いましたね。まるで漫画のような世界観でした。きっと、“乗り越えなきゃいけないもの”に一つひとつ全力で向き合い続けていった結果、常識では考えられないぐらい波乱万丈な人生になっていったんでしょうね…。

一般常識をある種、常識として捉えてないというか、「これ、普通なら避けるよね!?」ということをすべて正面突破してきた先輩方を見て、もはや“文化”が違うのでは、とすら感じました(笑)。

やっぱりこの世界で輝き続ける人は“人間力”というか、ひとりの人間としてチャーミングなんだなとも思わされました。だから、表現者としてもそうですが、人間として全方位的に頑張らなきゃいけないんだなと痛感させられました。

とにかく、自分たちが当たり前に思っている価値観を取っ払って見ていただいたほうがいいかもしれない。「これは常識の範囲外だろう」みたいな考えは、ぶっ壊されます!

◆上川隆也 コメント(全文)

平野さんの圧倒的な“人間力”というのでしょうか、愛嬌もあり、その場を掌握してしまうような人間性があるからこそ、歌にしてもお料理にしても、万人に訴求するものになり得るのでしょう。力強さというものをひしひしと感じました。

また、誰かから「こうしなさい」と指示されている局面が一切なく、ご自身が決められたことで、自らの人生を開いてらっしゃる裏には、お父様だったり、旦那様だったり、巡り合う人たちの暖かいサポートがあったのがとても興味深いエピソードでした。

誰もができることではないからこそ、誰もが憧れる生き方でしょうし、僕も目を開かれる思いで伺っていました。僕自身は腰が重いほうで、ひとつのことをはじめるにも試行錯誤を重ね、ようやく動き出す性質ですから、レミさんのように、快刀乱麻を断つように生きられたら気持ちがいいでしょうね。

『激レアさん』という番組には、想像もつかないような人生経験や体験をなさってきた方が数多く出演なさっていますが、そのなかでもまた一味違った体験談・人物像としてお楽しみいただける回になっているのではないかと思います。

◆岸優太(King & Prince) コメント(全文)

平野レミさんは、やっぱり、いい意味で“普通の人”ではないですよね(笑)。よく「早起きは三文の徳」と言いますが、急いでいるからこそ得をしている方だなという印象を受けましたし、自分ももっと急がないとダメだなと思いました!

僕はシンキングタイムを多く取ってしまうタイプなので、相手の方が質問をしたらすぐに返答するような姿勢であったり、見習うべきところがたくさんありました。

“せっかち”なイメージがある平野レミさんの数々の伝説を見させていただいて、すごく濃い人生を歩んできた方だなと実感できました。まだ自分にはそこまで語れるものがないので、いつか“激レアさん”として呼んでいただけるような伝説や武勇伝をこれからたくさん作りたいです!

※番組情報:『激レアさんを連れてきた。』若林VS強レア大先輩2時間SP
2022年6月24日(金)午後8:00〜午後9:48、テレビ朝日系24局

※『激レアさんを連れてきた。』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※過去回は、動画配信プラットフォーム「テラサ」で配信中!

関連記事(外部サイト)