『ザ・トラベルナース』に超豪華キャスト集結!松平健が院長、寺島しのぶが看護部長に

この秋放送の痛快医療ドラマ『ザ・トラベルナース』(脚本/中園ミホ)から待望の出演者続報が到着。

松平健、寺島しのぶ、柳葉敏郎、安達祐実、恒松祐里、泉澤祐希、浅田美代子ら超豪華キャスト陣の出演が決定した。

 

◆錚々たる名優が“病院の長たち”を体現

手術場で医師を補助し一定の医療行為を実施できる看護資格「NP(ナース・プラクティショナー)」をもつ、一見感じが悪いけどアメリカ仕込みの優秀なナース・那須田歩(岡田将生)。

そして、柔らかすぎるほどの物腰なのに、ここぞという場面では痛烈な一言で理不尽な体制や思想を一刀両断する謎多き嘘つきスーパーナース・九鬼静(中井貴一)。

熱き哲学を持った2人の“優秀&変人トラベルナース”が、患者ファーストで医療現場を改革していく痛快医療ドラマ『ザ・トラベルナース』。

ドラマの舞台は「天乃総合メディカルセンター」。奇しくも同じ日から、歩と静が働くことになる民間病院だ。

松平健が演じるのは院長・天乃隆之介。VIP患者を優先するなど、トップダウンで経営第一主義を貫く天乃は、歩と静の前に“不穏な存在”として大きく立ちはだかる。というのも天乃、静とは“ある因縁”が…。さらに、優秀な歩にも興味を示すのだが、どうも腹に一物ありそうな気配で…。

この得体の知れない男を、松平が圧倒的な迫力で立体化。ドラマに緊張感をもたらす。

また、寺島しのぶが演じるのは、強い責任感のもと看護師たちを時に優しく、時に厳しく教育する看護部長・愛川塔子。

医師の言うことは絶対、3歩下がった看護を心がけ、問題が起きれば院長にひたすら頭を下げる一方、実は職位や職場の体質を改善したいと思っている。そんな悩める彼女の心に歩と静が明かりを灯していくことに。寺島が繊細に演じる“実に人間らしい心模様”に注目だ。

そして、柳葉敏郎が演じるのは、ゴッドハンドと崇められる外科部長・神崎弘行。

病院の看板ドクターである彼は、スマートな佇まいとは裏腹に、独りよがりでプライドが高い。看護師はもちろん、ほかの医師のことも見下している。そんな神崎は第1話から早々に歩と衝突し…。

柳葉がいけ好かない男の仮面をかぶって演じきる序章のキーパーソン。彼が巻き起こすまさかの騒動共々、目が離せない。

◆安達祐実ら“女性ナースチーム”が物語を多彩に彩る

一方、ナースチームも実に個性的なメンバーが勢ぞろい。

安達祐実は、ネガティブ思考のクールビューティーナース・金谷吉子を熱演。

仕事はできるが、コミュニケーション面では不器用。だけど、どうにも憎めない。そんな気になる存在を丁寧かつチャーミングに演じ、絶妙なスパイスを効かせる。

さらに恒松祐里は、心優しい“へたれナース”・向坂麻美を演じる。

勉強熱心だけど、技術も経験値も一人前と呼ぶにはほど遠く、目の前のことで精いっぱい。彼女が歩&静と出会うことで、もがきながらも少しずつ成長していくさまを恒松が誠実に表現していく。

また宮本茉由は、日々婚活に励む准看護師・弘中スミレを力演。野呂佳代は、井戸端会議と間食が大好きな看護師・森口福美を演じる。

さらに、この個性豊かなナースたちを温かく見守る看護師寮「ナースハウス」の寮母・土井たま子を池谷のぶえが演じ、ほっこりとした空気で包み込む。

このほか、浅田美代子が自身のほんわかとした雰囲気を封印して演じるのは、実は天乃院長とワケありの事務長・西千晶。「天乃総合メディカルセンター」の跡取り息子でもある内科医・天乃太郎役は泉澤祐希が務める。

そして吉田ウーロン太は、看護師や女性を見下す自信家の外科医・古谷亘を嫌味全開で体現。そんな古谷と神崎外科部長の腰巾着である外科医・新田明を前原瑞樹が演じる。

◆安達祐実(金谷吉子・役) コメント

だいぶ早い段階でオファーをいただき、具体的な役柄などはまだわからない状況でしたが、10代の頃からご一緒させていただいている内山聖子プロデューサーが手がける作品ですから、とてもうれしく楽しみにしていました。

登場人物たちの成長とともに、医療のあり方や難しさ、そこで懸命に働く医療関係者と精一杯闘う患者さん、そして心に寄り添う人の温もりを感じていただけたら、と思います。

吉子は、仕事はできるタイプの人ですが、コミュニケーション能力に関してはかなり不器用。でもどこか憎めない人です。謎も多いけどおもしろみのある、魅力的な人物を作っていけたら、と思っております。

岡田将生さん、中井貴一さんともに2度目の共演になります。岡田さんは、いつでもとても穏やかで優しくて、お芝居に向き合う姿を見ていると、心が美しい方なのだと思います。

中井さんは、20年近く前にご一緒させていただいたとき、一緒にお芝居していると心が勝手に動かされ、感動に包まれるような感覚になったことを今でも覚えています。俳優として尊敬している中井さんとまたご一緒できて、とてもうれしいです。今回も現場を盛り上げてくださり、温かいお芝居を間近で拝見でき、本当に幸せです。

◆恒松祐里(向坂麻美・役)コメント

岡田将生さん、中井貴一さんをはじめとする、魅力的な俳優の皆さんとの共演、そしてナースを主人公にした物語にはじめて挑戦できることが、とにかくうれしいです。

私の役はどのナースよりも経験値が少なくて、要領が悪いのですが、患者さんときちんと向き合いたいという気持ちがある子なので、そこを大切に演じています。

このドラマは職場の環境に困っている私たちを歩さんや静さんが助けてくれるシーンも多く、スカッとするシーンがたくさんあるので、見ていて気持ちがいいと思います! また、私の役は全編を通して一番成長していく役なので、そこにも注目していただけたら、うれしいです。

岡田さんは、ツンケンしている歩さんとは180度真逆の、とっても優しいお方です! ナースチームはゲーム好きな人が多くて、今みんなで隙を見て一緒にやろうという話をしているのですが、そのときも優しくまとめてくださりました!

中井さんは子どもの頃からずっと拝見していた方だったので、初日はとても緊張しました。中井さんのお芝居を間近で拝見できていることに、日々感激しています。お2人とも近くで拝見していて勉強になることばかりで、充実した日々を過ごさせていただいています!

◆泉澤祐希(天乃太郎・役)コメント

別の作品で以前ご一緒させていただいた中井貴一さんともう一度共演をしたいと、ずっと思っていたので、出演が決まったときは本当にうれしかったです。初の医師役に挑戦できること、中園さんの脚本も楽しみつつ頑張りたいです。

岡田将生さんは言葉の発し方や動きなど、すべてがとっても優しくて柔らかい方。現場ではいろんな方を見て声を掛けていますし、完璧な方だと思いました。もっともっと距離を詰めて仲良くなれたら…と密かに企んでます(笑)。

現場での貴一さんは何度見てもカッコいいです。そしてお芝居がおもしろくて、こんなに近くで見れるのはやはりぜいたくです!

今回は濃ゆいキャラクターたちが集まった作品。現場の楽しさが、視聴者の皆様にも伝わればいいなと思います。

僕が演じる太郎は、父には頭が上がらず怯えているビビリです。対してナースさんたちにはまったく気を使わず、思い切り羽を伸ばし、さらに歩にはライバル意識的なものも持っている。

演じるにあたっては、小物感を前面に出しています。そこの切り替えも含め楽しんでいただけるよう、全力で頑張ります!

◆柳葉敏郎(神崎弘行・役)コメント

オファーをいただき、ありがたいなと思いました。何と言っても、ツーと言えばカーくらいの仲である、きいっちゃん(中井)と久しぶりにお仕事ができる! それが本当に楽しみで、胸が躍りました。

実際に撮影に入ってからは、今を役者として担っていく世代の岡田将生くんと、同世代のきいっちゃん――それぞれの世代の情熱を感じられました。

岡田くんとは初共演ですが、撮影合間に2人きりでお話したときに、この作品に対する思いを 10~20分話してくれたんですよ。「頼もしいな!自分と同じ種類の人間なのかな?」と思いましたね(笑)。

僕が演じる神崎は、決して道から外れない人間。あくまで自分は組織の中の1つの駒であり、そこで順当に対応していくという、彼なりの医師としてのポリシーをもって行動しています。なので、岡田くんときいっちゃんが演じられるキャラクターと対局にいる人間という認識で、演じさせていただいています。

この作品は医療施設の裏話でもあり、そこに携わる人間たちのヒューマニズムを描いています。ポップな気持ちで見ていただけると、ちょっとした隙間からおもしろいものを発見できるドラマなので、そんな感覚で見ていただけると、ありがたいです。

◆浅田美代子(西千晶・役)コメント

トラベルナースという職業があることをはじめて知り、なんだかおもしろそう…と思いました。こんなナースがいる病院、いいなぁ。

トラベルナースを演じられる岡田将生さんも中井貴一さんも、ユーモアがあり、現場を和やかに楽しくしてくれています。そんななか、私が演じる千晶は事務長という上の立場の人なので、キチッとした言葉使いや態度で接するようにしています。衣装は自前で考えました。

今回は毎回豪華なゲストを迎え、繰り広げられるドラマ。患者や病院側のいろんな葛藤がわかり、考えさせられます。中園ミホさんが脚本を書かれる作品に出演するのは『花子とアン』(2014年)以来ですが、今回の脚本も笑ってしまうところあり、ドキッとするところあり――毎回、本ができあがってくるのが楽しみです。皆様にもぜひ見ていただきたい作品です。

◆寺島しのぶ(愛川塔子・役)コメント

今回は『愛しすぎなくてよかった』(1998年)でもご一緒した内山聖子プロデューサーがお声がけくださったので、とてもうれしかったです。

塔子は院長と患者にはさまれて、常に謝っている感じです。看護部長という立場ですが、人間的な部分を出せたらいいなと思います。現場では、岡田将生さんと中井貴一さんのコンビネーションがほほえましく、毎回見ていて楽しいです。

どの世界でも今、ナースが不足している現実。この作品を通して、ナースの皆様の奮闘ぶりを見ていただけたら、と思います。

◆松平健(天乃隆之介・役)コメント

経営第一主義の院長役と聞き、イメージ的には悪役だったので少し迷いましたが、メンバーが素敵な方々だったので挑戦してみようかと思いました。

天乃は病院経営のためなら冷酷になれる、非情な男。院長らしく存在感のある人物でありたいと思いながら、演じています。

岡田将生さんとは以前共演したこともありますが、とても好青年で努力家。また、中井貴一さんはとても存在感があり、いろいろな役をこなす頼もしい俳優さんです。

そんな2人を中心に展開していく『ザ・トラベルナース』は、医療従事者の苦労や笑いが満載。とても楽しいドラマです。

※番組情報:2022年10月期 木曜ドラマ『ザ・トラベルナース』
2022年10月スタート!【毎週木曜】午後9:00~午後9:54、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?