『刑事7人』シーズン8、クランクアップ!東山紀之「この空間が一番平和でした」

東山紀之演じる主人公・天樹悠を中心に、深い人間模様とサスペンスフルなドラマが共存する人気刑事ドラマシリーズ『刑事7人』

そんな最新章「シーズン8」の全10話にわたる撮影がついにすべて終了! キャストたちが、笑顔で共演者やスタッフら仲間たちへの感謝や熱き思いを語った。

“座長”として出演陣、スタッフを引っ張り続ける東山はクランクアップ直後、開口一番に「コロナ禍がまだまだ厳しい中、皆さんとまた作品を作れたことを光栄に思います」と、たくさんの制限のある中で乗り切った撮影を感慨深げに振り返る。

また、昨今の世界情勢にも触れながら「この空間が一番平和だった」と、培われた信頼関係をあらためて感謝した。

今シーズンからの参加となった坂下路敏役の小瀧望は「忘れられない夏となりました」と、充実した期間であったことを感じさせるコメントを。そして「すごく緊張していましたが、スタッフの皆さんと、キャストの皆さんに助けられ、導いていただき、ここまで頑張ることができました」と感謝を述べ、撮影現場は大きな拍手に包まれた。

◆笑顔あふれる撮影現場の“ホーム感”

そんな小瀧と、以前から友人関係でもある野々村拓海役の白洲迅は「今作の記者発表のときに、のんちゃん(小瀧)が僕のことを親友と言ってくれましたが、これからも親友として、一役者として、切磋琢磨していけたら」とコメント。

一方、今シーズンで卒業となった倉科カナ扮する水田環と淡い恋模様を展開するなど、関係の深かった青山新役・塚本高史は「環と青山との関係は、まだ決着がついてないので!これからも青山を演じ続けられたら」と、多くのファンも待ち望む環と青山の今後の展開に希望を膨らませた。

倉科が卒業した後、「すごく寂しかった」と回想したのは片桐正敏役の吉田鋼太郎。しかし「男だけになって、結束は固くなったのかな」と、倉科が抜けた穴を埋めるべく、皆が同じ方向を向いて撮影に臨んでいたことを明かした。

また、海老沢芳樹役の田辺誠一は「ワンカット、ワンシーン、共演者の方々やスタッフの皆さんとご一緒に作れるのが幸せでした」と振り返り、堂本俊太郎役の北大路欣也は「本当にあっという間でした。あっという間ということは、いかに素晴らしいチームワークの中で仕事をさせていただけたかということ」と語る。

誰のコメントからも、あふれ出ていたのは撮影現場の“ホーム感”。この現場への強い愛が感じ取れるクランクアップとなった。

◆路敏(小瀧望)に隠された“真実”が明らかに?

9月14日(水)放送の最終回は、交番勤務の巡査部長が射殺されるところから物語は始まる。しかし、その背景には、12年前の未解決事件も絡んでいて…。

天樹悠(東山紀之)を筆頭に新専従捜査班メンバーは事件解決に奔走するが、やがて天樹は坂下路敏(小瀧望)に隠されたある“真実”にたどり着くことに。

路敏の秘められた過去とは? そのとき、天樹は…。

◆東山紀之(天樹悠・役)コメント(全文)

コロナ禍がまだまだ厳しいですが、皆さんとまた作品を作れたことを光栄に思います。世界情勢もいろいろとありますが、『刑事7人』の空間が一番平和でした。

またこの平和な空間を、皆さんとともに作っていけたらと思います。ありがとうございました!

◆田辺誠一(海老沢芳樹・役)コメント(全文)

今回も無事にここまで走ってこられてよかったと思います。ワンカット、ワンシーン、共演者の方々やスタッフの皆さんと一緒に作れるのが幸せでした。また、みんなでバシッとできればいいなと思います!

◆小瀧望(坂下路敏・役)コメント(全文)

忘れられない夏となりました! この作品に出演させていただいたことも光栄ですし、皆さんと一緒にお芝居ができて本当に楽しかったです。

長くシーズンが続いている作品に初めて参加するということで、すごく緊張していましたが、スタッフの皆さんと、キャストの皆さんに助けられ、導いていただき、ここまで頑張ることができました。ありがとうございました!

◆白洲迅(野々村拓海・役)コメント(全文)

今年は路敏くんという後輩が入ってくれて、イジられ役を卒業したつもりでいましたが、いつも通り、東山さんからの愛が止まらなく(笑)…今回もありがとうございました。

記者発表のときに、のんちゃん(小瀧)が親友と言ってくれましたが、これからも親友として、一役者として、切磋琢磨していけたらと思います!

◆塚本高史(青山新・役)コメント(全文)

ルームシェアなど、環と青山のタッグがこれからどうなるのか…というときに、いきなりかなっぺ(倉科カナ)がニューヨークに旅立ってしまいました。

環と青山との関係は、まだ決着がついてないので! これからも青山を演じ続けられたら幸せですね。

◆吉田鋼太郎(片桐正敏・役)コメント(全文)

皆さま、お疲れさまでした。倉科さんがいなくなった直後はすごく寂しかったですが、男だけになって、わりと好き放題にさせていただいて(笑)、結束は固くなったのかなと思います。新しく入ってきた、のんちゃんが…今、のんちゃんと初めて言いましたが(笑)、優れた俳優で、現場を活性化してくれました。

オリジナルメンバーは僕とヒガシと欣也さんしかいないですが、このメンバーを来シーズンではぜひ深く掘り下げていただいて、さらに『刑事7人』を名作にするために、オリジナルメンバーではない連中に対して(笑)、もっとビシビシやっていきたいと思います!

◆北大路欣也(堂本俊太郎・役)コメント(全文)

本当にあっという間でした。あっという間ということは、いかに素晴らしいチームワークの中で仕事をさせていただけたかということ。スタッフの皆さん、お一人お一人に心から感謝申し上げます。

願わくば、またお会いしたいと思います。ありがとうございました。

※番組情報:『刑事7人』シーズン8 最終回拡大SP
2022年9月14日(水)よる9:00~10:04、テレビ朝日系24局

※『刑事7人』最新回は、TVerにて無料配信中!(期間限定)

※動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、地上波放送終了後にドラマ本編を配信!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?