「アニソン業界」が一種のカオス状態に!業界に影響あたえた4人の重要人物を大分析

昨年の『紅白歌合戦』には、アニメから飛び出した声優ユニット「Aqours」が出場、アニソンフェスが開催されると15万人を超える人が訪れるなど、ますます加熱するアニソン業界。

実はそんなアニソン業界が今、とんでもないことになっているという。アニメのオープニング曲の作詞・作曲者がアニメ本編の原作までを手がけたり、あるアニメでは声優が歌だけでなく楽器演奏もしたりと、一種のカオス状態になっているのだ。

しかし、評論家の冨田明宏によると、4人の重要人物を知っておけばこのアニソン業界の謎が解けるという。

そこで2月17日(日)に放送される『関ジャム 完全燃SHOW』では、知らない人でも楽しめる、何でもありの今のアニソン業界を解説する。

©テレビ朝日

スタジオに登場するのは、水樹奈々や宮野真守のヒット曲ほぼすべての作詞・作曲を手がけ、現在のアニソンの基盤を作ったと言われる上松範康、大ヒットアニメ『けものフレンズ』のオープニングテーマ曲『ようこそジャパリパークへ』でアニソンに革命を起こした大注目のクリエイター・大石昌良、そして評論家の冨田明宏だ。

彼らがアニソンの歴史を振り返りながら、その特徴や今のアニソンにつながる秘密を明らかに。そして、今のアニソンを語る上で外せない4人の重要人物のスゴさと業界への影響を大分析する。

そして番組恒例の“ジャムセッション”では、大石昌良(ボーカル&ギター)×関ジャニ∞(丸山隆平=ボーカル、横山裕=トランペット、村上信五=キーボード)で、大石が作詞・作曲・編曲を手がけた『ようこそジャパリパークへ』を原曲とは一風変わったバンドアレンジで披露する。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW』
2019年2月17日(日)午後11:10〜深夜0:05、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)