電脳少女シロ、猫宮ひなたら人気VTuber集結!『ガリベンガ―V』4月6日にSP

3人のバーチャルユーチューバー(VTuber)が、「地球にはびこる超難解な現象」を、バイきんぐ小峠英二教官の指導のもと、特別講師による講義を受けて解明。頭脳を徹底的に鍛えていく、新しい形の知的情報バラエティー『超人女子戦士 ガリベンガーV』

©テレビ朝日

1月にリニューアルした同番組は、動画配信を行うVTuberがその“特性”をフルに発揮し、突拍子もないリアクションで小峠教官から厳しく突っ込まれたり、教室から突然ワープ、タイムスリップするなど破天荒な行動で立体的に授業を構成。

小峠教官が笑いすぎてツッコミを忘れてしまうほどとんでもないボケをかましたり、超難解な現象の謎を解明することで成長していったりと、VTuberたちの様々な姿を目にすることが出来る。

◆“アニソン界の帝王”水木一郎とシロがEDでデュエット披露

同番組のオープニングソングとナレーションは、『仮面ライダーX』『グレートマジンガー』などアニメ・特撮作品の数多くの主題歌・挿入歌を歌い“アニメソング界の帝王”の異名をとる水木一郎が担当。

オープニングソングの作曲にも『宇宙戦隊キュウレンジャー』の主題歌を手がけたKoTaを起用するなど、ヒーローアニメ感をふんだんに盛り込んでいる。

さらに今回、番組にも出演中の人気VTuberのシロちゃんこと、電脳少女シロがエンディングで水木とデュエットすることが決定! 果たしてどんな曲となるのか?

本編に入らなかった部分はWeb上で無料公開されており、公式Twitter経由で視聴が可能。加えてシロちゃんからは、「番組ご視聴の際は、ぜひTwitterを開いて頂いて、#ガリベンガーV で検索したり、実況していただくと、より一層番組が面白く感じられるのでオススメです!」と、メッセージも寄せられた。

◆人気VTuberが続々登場するスペシャルも

4月6日(土)には、よる23:15〜24:05(※一部地域を除く)のスペシャル放送も決定。電脳少女シロ・ライアカリ・猫宮ひなた・月ノ美兎ら、全員合計するとYouTubeチャンネル登録数200万オーバーの人気VTuberが勢揃いする。

◆小峠英二(バイきんぐ)コメント

©テレビ朝日

「僕が全く初めて触れさせていただく機会になったVTuberの方々と一緒にレギュラーをやるというのは、まだいまいちピンと来ていないというか(笑)。不思議な感じはあるかもしれませんね。

電脳少女シロちゃんは、すごく頭の回転も速く、知識も豊富で博学。その場の空気もきちんと飲み込める、頭のいい人だと思います。賢いです。ただ単に無茶苦茶なことを言うのではなく、きちんと考えて自分の役割をわかってやっているという感じは素晴らしいと思います。

そんなVTuberと僕という人間が同じ画面で一緒にトークしたり、ボケたり突っ込んだり、本当に近未来のバラエティーではないかと思います。講師の先生方もわかりやすく教えていただけるので、しっかりと勉強にもなります。そんな内容と合わせて、これまでに見たことがないような画面を楽しんでいただければ、と思います」

◆VTuber 電脳少女シロ コメント

「小峠さんを起点とするVTuberの珍道中が…!地上波でこれからも放送されると思うと・・・全方位感謝太郎な気持ちでいっぱいです! 嬉しいです! みどころは、小峠さんのVへの理解度がぐんぐん上がっていっている様子や、小峠さんによるゲストVTuberへのツッコミや掛け合い部分…でしょうか。

シロ、以前から小峠さんが大好きなんです。『陸海空』ではにかみながらMCをされてる小峠さんも好きですし、魅力を語り始めたら止まらないんですが…。本当に素敵な方ですよね。

まだ小峠さんの残り香を嗅げるほど近づいたことがないので、いつか近づいて…秘孔を突きたいですね。本当にお優しくて、収録前もたくさん話しかけたり褒めてくださいます。シロにとってお父さんのような方です」

◆菅原悠平プロデューサー コメント

「番組のMC兼教官のバイきんぐ小峠さんが、最近いろいろな現場で、芸人仲間に『なんか変な仕事やってるね』と言われるそうです。この一言に色々詰まっているなと思います。

実写の世界にアニメタッチのキャラがいる違和感、普段はYouTubeで活動しているVTuberの型破りなキャラクター、テレビのセオリーは一切無視、急にワープで教室から抜け出るVTuberたち、『教養&ぶっ飛び』が融合した新しい時代の“なんか変な”知的バラエティーになっていると思います」

※番組情報:『超人女子とズケ女プレゼンツ 超人女子戦士 ガリベンガーV』
毎週木曜 深夜1:29〜1:59、テレビ朝日ほか(※他の地域では放送時間が異なります)

関連記事(外部サイト)