Mr.Children『星になれたら』誕生秘話!意外な“仮タイトル”が明らかに

関ジャムでMr.Children「星になれたら」の誕生秘話明らかに 関ジャニとセッションも

記事まとめ

  • 「関ジャム 完全燃SHOW」で、寺岡呼人といしわたり淳治が"上京ソング"を紹介する
  • 寺岡は、自ら作曲に携わったMr.Children「星になれたら」の誕生秘話を明かす
  • ジャムセッションでは、寺岡と関ジャニ∞の丸山・安田・横山によるセッションも披露

Mr.Children『星になれたら』誕生秘話!意外な“仮タイトル”が明らかに

もうすぐ4月。この季節になると、進学や就職で上京してくる人や、かつて上京したときのことを思い出す人も多いはず。

ということで、3月24日(日)の『関ジャム』では、「グッとくる上京ソング」を大特集! 上京を経験した10代〜50代の視聴者にアンケートを実施し、上位20位にランクインした思い入れの強い上京ソングを発表する。

©テレビ朝日

加えて、寺岡呼人&いしわたり淳治が“グッとくる上京ソング”の傾向と特徴を解説。

寺岡によると、上京するときに人が抱く想いはそれぞれ違うため実は曲にも色々なパターンがあり、法則性がないことが上京ソングの面白さだという。

また、いしわたりは、上京ソングのグッとくるポイントは対比や言葉のギャップなどが歌詞でしっかり描かれていることだというが、果たしてどんな歌詞が人々の心を掴むのか?

希望や不安など様々な物語を描いた名曲や、誰もが上京した頃を思い出す名曲に込められた歌詞やメロディーの秘密を紐解く。

さらに、寺岡は自ら作曲に携わった“上京ソング”、Mr.Children『星になれたら』の誕生秘話も披露。桜井和寿との合作プロセスや、当時付けられていた意外な仮タイトルも明らかになる!

ジャムセッションは寺岡(ベース)×関ジャニ∞(丸山隆平=ボーカル、安田章大=ギター&ボーカル、横山裕=パーカッション)で、『星になれたら』をお届け。シングル化されていないにもかかわらず多くの人に珠玉の上京ソングとして愛される名曲で、新生活を迎える人々の背中を押す。

※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW』
2019年3月24日(日)午後11:27〜深夜0:22、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)