高橋みなみ、極寒ノルウェーでワイン飲みながら“AKB48卒業後の恋愛”を語る

『世界の村で発見!こんなところに日本人』 高橋みなみがAKB48卒業後の恋愛観を語る

記事まとめ

  • 世界各国の極地で暮らす日本人を訪ねる番組『世界の村で発見!こんなところに日本人』
  • 26日の放送では、2度目の日本人探しとなる高橋みなみがノルウェーへと旅立つ
  • 高橋は列車移動でワインを飲みながらAKB48卒業後の恋愛観や結婚観を話す

高橋みなみ、極寒ノルウェーでワイン飲みながら“AKB48卒業後の恋愛”を語る

世界各国の“極地”で暮らす日本人を訪ねる番組『世界の村で発見!こんなところに日本人』(ABC・テレビ朝日系)。

「アフリカ&北極圏の果て! 日本人女性スペシャル」と題した3月26日(火)の放送では、2度目の日本人探しとなるスタジオレギュラーの高橋みなみがノルウェーへと旅立つ。

©ABCテレビ

朝9時にノルウェーのオスロに到着したが、この時期の日の出は9時過ぎ。早朝のような日差しのなか、目指す町トロムソにあるターモクダーレンについての聞き込みを開始する。

まずは、オスロから北へ1100キロの先にあるトロムソへと向かうことに。トロムソは“北のパリ”とも呼ばれる観光地域で、現在はオーロラのハイシーズンだという。

前回、カナダの北極圏でオーロラを見逃した高橋は「今度こそ見れるかも!」と胸を高鳴らせるが、その道程は長く過酷なものになる。しかも日照時間が6時間弱という短いなか、体力も気力も消耗する過酷な旅に…。

©ABCテレビ

トロムソまでは飛行機で行けるが、現在はオーロラ観光客の予約で3日先まで満席だという。別ルートを聞いてみると、列車を乗り継いで2日がかりでファウスケまで行き、そこからはさらにバスを乗り継いで行くルートに。

スタート地点のオスロ中央駅では「海外での列車移動は初めて!気分が上がりますね!」と意気揚々と乗り込んだ高橋だったが、旅が進むに連れ長時間移動の疲れが…。

さらには、日照時間が短いために「夜の時間が長いので、真夜中の気分になってしまいますね」と話す。しかも途中の町ナルヴィクでの気温はマイナス5℃(風が強いため体感気温はマイナス10℃!)。「寒すぎて涙が出る…」と極寒の地での洗礼も浴びることになる。

©ABCテレビ

そして長い列車移動では、食堂車でワインを飲みながら「AKB48を卒業したら彼氏と手をつないで街を歩きたいと思っていたんです。私は中学2年生でAKB48に入ったので、恋愛観が中2で止まったまま」など恋愛観や結婚観について語る高橋。

旅の果てに出会った日本人女性とも結婚観について話し、盛り上がったようだった。

また「犬ぞりに乗るのが夢だったんです!」という高橋は、人生初の犬ぞり体験が実現し大はしゃぎする一幕も。そして、奇しくもオーロラのハイシーズンにトロムソへとやってきた高橋。満を持してオーロラを見に行くのだが…。

※番組情報:『世界の村で発見!こんなところに日本人』3時間スペシャル
2019年3月26日(火)午後7:00〜午後9:48、ABCテレビ・テレビ朝日系全国ネット

関連記事(外部サイト)