河野景子、貴乃花光司とは離婚後も連絡。ストレスで、円形脱毛症になったことを告白

河野景子さんが『徹子の部屋』で、貴乃花光司氏との離婚の経緯を明かす 

記事まとめ

  • 河野景子さんが黒柳徹子の『徹子の部屋』に出演し、貴乃花光司氏との離婚について語る
  • 河野さんは、様々なストレスが溜まって円形脱毛症になってしまったことを告白する
  • 離婚のキッカケは、相撲協会を脱退して貴乃花部屋が消滅してしまったことだという

河野景子、貴乃花光司とは離婚後も連絡。ストレスで、円形脱毛症になったことを告白

3月27日(水)に放送される『徹子の部屋』に、河野景子が登場する。

©テレビ朝日

昨年10月に、電撃的に貴乃花光司との離婚を発表した河野。番組冒頭から離婚の理由を聞く黒柳徹子に、言葉を選びながらも話をそらすことなく、その経緯を明かす。

その23年間の結婚生活は、波乱に満ちたものだった。

数年前より色々なことからすれ違いがあったという2人だが、一番のキッカケは元親方が相撲協会を脱退して貴乃花部屋が消滅してしまったことだという。

さらに様々なストレスが溜まって円形脱毛症になってしまったことも告白する。

©テレビ朝日

しかし、離婚後の2人は今でも連絡を取り合い、元弟子の貴景勝が優勝したときは電話で喜びを分かち合ったという。

また、一男二女の母でもある河野の想いも明かされる。

※番組情報:『徹子の部屋』
2019年3月27日(水)正午〜午後0:30、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)