高橋一生×斎藤工×滝藤賢一『東京独身男子』スタート!AK男子たちの“難婚”ワールド

高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が「AK男子」を演じる新ドラマ「東京独身男子」がスタート

記事まとめ

  • 高橋一生・斎藤工・滝藤賢一出演の土曜ナイトドラマ『東京独身男子』がスタートする
  • 同作は「AK男子(あえて結婚しない男子)」たちにスポット当てたテレビ朝日の新ドラマ
  • 主人公3人の職業は、メガバンク勤務、審美歯科クリニック院長、法律事務所のボス弁

高橋一生×斎藤工×滝藤賢一『東京独身男子』スタート!AK男子たちの“難婚”ワールド

没頭できる仕事と趣味を持ち、家事能力も高く、友達と充実した日々を過ごすAK男子(あえて結婚しない男子)たちにスポットを当てた土曜ナイトドラマ『東京独身男子』が、本日4月13日(土)よりスタートする。

©テレビ朝日

高橋一生斎藤工滝藤賢一の3人が、今までにない恋愛・結婚観でアラフォー独身男性の本音を体現していく本作。

“何でもひとりで事足りる”彼らは気の合う仲間とつるみながら独身ライフを謳歌していたが、あるときを境に結婚を猛烈に意識し始める。しかし、その先に待っていたのはとんでもない“難婚ワールド”で…!?

◆第1話あらすじ

メガバンクに勤務する石橋太郎(38)、審美歯科クリニック院長の三好玲也(37)、法律事務所のボス弁・岩倉和彦(45)は仕事も私生活も充実しており、何でも1人で事足りる『AK(あえて結婚しない)男子』。結婚しないことに不安も不満もない。

3人で夜な夜な太郎の部屋に集っては、ああでもないこうでもない、と肩を寄せて語りあい「今のままで十分。独身生活、幸せです」と自由な独身生活を謳歌している。

©テレビ朝日

だがある日、太郎は、かつてプロポーズまで考えた元恋人の舞衣と偶然にも再会。3年前、海外へ旅立つ彼女と別れてしまったことに後悔を覚える。

同じ頃、三好は彼のアイデンティティに関わる問題に直面して不安を感じ、岩倉は、郷里の父に病で倒れられ……。

それぞれの身に起きた出来事が3人の気持ちを動かす。そして彼らは、結婚を強く意識することに。

©テレビ朝日

順風満帆な独身人生から一転、人生の岐路に立たされたAK男子たちだが、その先に待ちうけていたのは、とんでもない“難婚ワールド”だった!

※番組情報:土曜ナイトドラマ 『東京独身男子』第1話
2019年4月13日(土)午後11:15〜深夜0:05、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)