『未解決の女』×『警視庁・捜査一課長』再びコラボ!4人で胸熱シーンを展開

昨年の4月期、3度にわたって“テレビ朝日連続ドラマ史上初の相互コラボ企画”を展開した『未解決の女 警視庁文書捜査官』と『警視庁・捜査一課長 season3』。

両作品のキャストが同じ日に同じ役どころで互いの作品に出演するという夢のコラボは大きな話題を呼んだ。

その伝説のコラボが復活! 4月21日(日)放送の『警視庁・捜査一課長スペシャル』と翌週4月28日(日)放送の『未解決の女 警視庁文書捜査官〜緋色のシグナル〜』が、平成ドラマ史のラストを華々しく飾るスペシャル・コラボを展開する。

©テレビ朝日

◆『捜査一課長』では言わない言葉も…

今回は、『警視庁・捜査一課長』の主人公である捜査一課長・大岩純一を演じる内藤剛志と、彼の右腕である庶務担当管理官・小山田大介を演じる金田明夫がそろって『未解決の女』に出演。

『未解決の女』で主人公の肉体派熱血刑事・矢代朋を演じる波瑠、そして彼女とバディを組む文字フェチ刑事・鳴海理沙を演じる鈴木京香と久々に共演する。

しかも、4人は“胸熱”のシーンを展開! 品字様(=同じ漢字が3つ連なる文字)がカギとなる未解決事件に挑む朋&理沙の“勘”を頼りに大岩が指揮を執るなど、以前よりもさらに深化した信頼関係が描かれる。

このシーンについて内藤は、「大岩たちは勘なんて信じず、ちゃんと証拠を固めていくタイプの人間。だから、劇中でも“勘”という言葉はなかなか言わないんですよ。たぶん僕、今回の『未解決の女』で初めて言いました!」と感慨深げ。

そして「自分たちはいつも勘では動かないけど、矢代と鳴海はその信念を上回るくらい優秀。信頼する彼女たちが言うのなら間違いない――そう思って演じました」と、芝居に込めた熱い思いを明かした。

そんな大先輩の力強い言葉を受け、波瑠も「内藤さんとコラボシーンでご一緒するのは3回目ですが、今回はより一層、矢代たちに対する大岩一課長の信頼を肌で感じることができました」と告白。「まさかスペシャルでもコラボできるとは思ってもいなかったので、本当にうれしかったです!」と声を弾ませた。

◆鈴木京香、コラボで「深みと広がり」を実感

かたや、コラボシーンに出演するのは2回目となる鈴木は、「地下深くにある私たちのオフィスの上で(笑)、『警視庁・捜査一課長』というシッカリとした世界が繰り広げられている…。2つのドラマの世界がコラボ企画のおかげでちゃんとつながり、『未解決の女』のお話にも深みと広がりが出たと思います。本当にありがたい限りです」としみじみとコメント。

また、以前『未解決の女』で沢村一樹とコラボシーンを演じた金田は、「前回は一樹ちゃんとだったけど、今回は美女2人がお相手で新鮮でしたね〜。朝から気合が入っちゃって、すごい歯を磨いちゃったよ!」とおどける一方で、「このコラボは両チームともに“よいしょ!”って腰掛け的にやってるんじゃなくて、どこまでも真面目にやってる。それが一番いいと思うし、この真面目さは視聴者にもズシッと伝わるんじゃないですかね」と真面目に分析。真剣コラボの醍醐味を噛み締めた。

なお、『警視庁・捜査一課長スペシャル』の1シーンにも波瑠が登場し、内藤と共演している。

※番組情報:『警視庁・捜査一課長スペシャル』
2019年4月21日(日)午後9:00〜午後11:05、テレビ朝日系24局

※番組情報:ドラマスペシャル『未解決の女 警視庁文書捜査官〜緋色のシグナル〜』
2019年4月28日(日)午後9:00〜午後11:05、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)