水沢アリー、“整形したい人”に送る言葉「本当の幸せをつかむには、外見ではなく…」

この4月よりレギュラー番組として復活を果たした『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。4月15日(月)放送の同番組では、かつて“先輩にタメ口で噛みつくキャラ”を武器に人気を集めた水沢アリーが登壇した。

©テレビ朝日

これまで「顔を整形しているんじゃないかと100万回くらい言われてきた」と語る水沢は、冒頭から「もういい加減にしてください。この場を借りてはっきり言わせてもらいます。整形してます」とカミングアウトし、生徒たちをザワつかせた。

そればかりか、“先輩にため口で噛みつくキャラ”や“おバカキャラ”も「すべて売れるために作った大ウソでした。キャラも顔も作ってました」と告白したのだ。

◆BBP=暴飲・爆買い・プチ整形に走り…

©テレビ朝日

なんとデビューのたった1週間前に、「整形しちゃお〜」とファッション感覚の軽いノリで目に整形を施したという水沢。その後、無自覚で“噛みつきキャラ”に手を出したところ、これが“世の中でいちばん楽に笑いをとれる方法”だと気づいてしまう。

立場が下の自分が、上の人たちに噛みつけばウケる!この法則を発見した水沢は、自分からじゃんじゃん先輩に噛みつきに行く「みずからカミー」となった。しかも、きっちり返して面白くしてくれる若手お笑い芸人に好んで噛みつくという確信犯。

そんな噛みつきキャラも最初こそ順調だったが、嘘の自分を演じるうちにある変化が…。

オンとオフが上手く切り替えられず、あくまでも演じているだけだったはずの“噛みつき”が、プライベートでも出るようになってしまったのだ。

こうして大嘘キャラにより、本来の人格まで変貌した水沢は強いストレスを抱え、“BBP”=暴飲、爆買い、プチ整形を繰り返す羽目に

それでも噛みつきキャラが辛く、BBPでストレスを発散しても心は満たされない。そんな悪循環に陥り、とうとう噛みつきキャラを封印し、おバカキャラに転身する。

「わからな〜い」という鉄板の一言で“キャラ変”は順調に滑り出した。しかしおバカ以外にこれといった特徴のない“ただのおバカ”キャラは早々に飽きられ、仕事は激減。水沢は、自ら作り出した大嘘キャラに振り回され、完全に自分を見失ってしまう。

◆父の死により人生を見つめ直し、涙の告白

©テレビ朝日

本当の自分の性格を変えてまでこの仕事を続けなければならないのかと自問自答した結果、「芸能界を休むことに決めました」と休業に至った経緯を打ち明けた水沢。

こうして自分を見つめなおすため休業に入ったものの、何から始めていいか分からない。ただ休み続けるなか、人生観を変える大きな出来事が…

それは父の死だった。母親と離婚したせいで、水沢は父親を軽蔑さえしていたと話す。その葬儀に訪れた人々が「お父さんいい人だったんだよ」と涙を流すのを目の当たりにして、“なぜ生きている間にお父さんの悪いところばかり見て、良いところを見ようとしなかったのだろう”と激しく後悔する。

このエピソードを涙で言葉を詰まらせながら語った水沢。そんな経験を経て気づいたのは、本当の幸せをつかむには、外見ではなく内面を磨くこと「心を整形すること」だという

愛をもってすべての物にいいところを見つけ出そうと「一日一褒め」を実践している水沢は、整形したい人へ「整形する前に、そのまま、不完全な自分を愛する心を手に入れる」ことをしてほしい、という言葉を送った。

授業の完全版はAbemaTVで放送。さらにAbemaTVでは、芸人の“笑わそうとして怒られてしまったしくじりネタ”をどうすれば怒られなかったのかを考える「お笑い研究部」もお届け。2017年のM-1ファイナリストであるマヂカルラブリーが登場する。

※番組情報:『しくじり先生 俺みたいになるな!!』
毎週月曜日 深夜0:20〜0:50放送 、テレビ朝日(※一部地域をのぞく)

※AbemaTVの完全版は毎週月曜日 深夜0:50から「Abemaビデオ」、4月16日(火)夜10:00〜夜11:00「AbemaSPECIAL2」無料放送

関連記事(外部サイト)