“科警研の女”檀れいとバトル勃発!『科捜研の女』1年間のロングラン、遂にスタート

京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心としたひと癖もふた癖もある研究員たちが、それぞれの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く人気ミステリー『科捜研の女』

1999年10月に「season1」がスタートして以来、シリーズを重ねるごとに支持を集め、今年10月には放送20周年に突入。新シーズンでは、春・夏・秋・冬の4クールに及ぶ1年間の放送に挑む。

©テレビ朝日

4月18日(木)に放送される第1話では、檀れいが科学警察研究所から乗り込んできた主任研究員役でゲスト出演。「科捜研の女VS科警研の女」――美しき女たちの鑑定バトルが勃発する。

◆第1話あらすじ

兵庫、和歌山、大阪で計3人の女性を絞殺し、大阪府警に逮捕されたものの、弁護士との接見中に逃走した容疑者・荒木田修(ドランクドラゴン鈴木拓)の姿が、京都駅の防犯カメラで発見された。京都府警にも捜査協力が命じられ、榊マリコ(沢口靖子)ら科捜研でも防犯カメラ映像の分析を開始する。

そんな中、京都市内の置屋で芸妓・鶴藤(浦まゆ)の遺体が発見された。首に索条痕があり、絞殺された可能性が高かったが、マリコは防御創がないことに疑問を抱く。ところが、思わぬ事実が判明! 現場からなんと荒木田の下足痕が見つかったのだ。

荒木田による4件目の犯行なのか…!? 騒然となる科捜研に乗り込んできたのは、科学警察研究所の主任・橘つかさ(檀れい)。一連の事件が“警察庁広域重要指定事件”となったため、今後の鑑定には彼女も加わるという。

©テレビ朝日

マリコと風丘早月(若村麻由美)による検視の結果、被害者の直接の死因は窒息ではなく胸部圧迫による心破裂の可能性があると判明、マリコは荒木田の犯行とは断言できないと指摘する。しかし、つかさは荒木田が容疑者だという見方をまったく崩さず、マリコを論破する。

少しでも疑問が残っている以上、鑑定は続けるべき…。そう考えるマリコは地道に調べを続行。一方、土門刑事(内藤剛志)は被害者が同じ置屋に属する芸妓・まめ房(片山萌美)らとトラブルがあったことをつかむが…!?

©テレビ朝日

芸妓・鶴藤を殺害したのは、本当に荒木田なのか…!? そして、荒木田は京都のどこに潜んでいるのか…!?  マリコ、そして科捜研のメンバーは真実を求めて執念の鑑定を続けるが――!?

※番組情報:テレビ朝日開局60周年記念 木曜ミステリー『科捜研の女』第1話
2019年4月18日(木)午後8:00〜午後8:54、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)