相葉雅紀「マジメに練習してきてよかった」“お父さん”と慕う寺尾聰に寿司ふるまう

4月28日(日)に放送される『相葉マナブ』の1時間スペシャルで、相葉雅紀が包丁王子として3年間修業し続けオープンの準備をしてきた「寿司処相葉亭」がついに開店する。

©テレビ朝日

相葉がおもてなしするゲストとして、前回発表した井ノ原快彦、遠藤憲一に続き、寺尾聰のゲスト出演が決定。現在『特捜9 season2』で井ノ原と共演中の寺尾が、先に来店していた井ノ原快彦のもとに後から合流する。

相葉は、事務所の先輩・井ノ原とともにかつてドラマ『ようこそ、わが家へ』(2015年)で親子を演じて以来、「お父さんみたいな感覚」と慕う寺尾の来店に大感激!「寺尾さんが来てくださるなんて…マジメに練習してきてよかったよー!」と張り切る。

寺尾は「寺尾さん、バラエティーに出られることってあまりないですよね?」と言う渡部建と澤部佑に、「バラエティーにも出ますよ、“サワタベさん”(笑)」と切り返すなど、大ベテランながらおちゃめな一面も披露。

さらに、「今日は井ノ原くんって先輩がいるから大変だね。オレは親代わりみたいなもんだから何食わせてもいいよ」と相葉をリラックスさせる。

そして、昨年に引き続き2シーズン目に突入したドラマで寺尾と共演中の井ノ原が「寺尾さんが現場にいてくれるだけで、思いきってやれる安心感ってない?」と言うと、「あります、あります!」と相葉が共感するなど、2人と寺尾の絆を感じるエピソードも続々登場。

また、寺尾から「魚をさばく姿って男っぽくて色っぽいね」と包丁さばきをほめられた相葉は、2人にブリ・ホタテ・マグロ(漬け)の握り、さらにハマグリのお椀を振る舞う。ホタテの握りを口にした寺尾は、「本当にうまい!もうお寿司屋さんになったらどう?」と大絶賛。

相葉が「恩返ししたい」と語る先輩・井ノ原と、「お父さんみたい」と慕う寺尾と繰り広げるトークに、思わずほっこりすること必至だ。

さらに高橋克実、勝村政信といった俳優陣も続々来店! 大将の相葉は、修業の成果を発揮しベテラン俳優陣をうならせることができるのか?

◆相葉雅紀 コメント

「今回は、直の先輩の井ノ原くんと一緒に、寺尾聰さんも来てくださって、本当にありがたかったです。渡部(建)さんと澤部(佑)さんは緊張していましたが、寺尾さんって、僕にとってはそこまで緊張感がある感じじゃないんです、実は。ドラマで親子役をさせていただいて以来、今も“お父さん”の感覚なので。

だから、“寺尾さんはきっと何でも食べてくれるだろう”…って、ある程度安心してできました。本当に優しいんですよ、寺尾さん! 久々にお会いできて嬉しかったです。

今後は、外国の方に日本の文化を知ってもらって、お寿司も食べてもらう…そんな企画もできたらいいですね。その時は、ぜひ天ぷらも一緒にやりたいなって思います!」

◆寺尾聰 コメント

「今一緒にドラマをやってる井ノ原くんとか、親子役をやった相葉くんとか、自分が近い距離感で関わった若い人たちのことは、普段から気になるんです。

井ノ原くんが歌番組に出ていたり、相葉くんがバラエティーに出ていたりすると、普段ならスルーしちゃうものでも、タイミングが合えば見ますね、やっぱり。番組の内容よりも“あいつ、元気かな?”って。

今回、相葉くんの包丁さばきを見ていて、料理をするという環境の近くにいたのかなと感じました。習ったというよりも、包丁でのさばき方とか、持ち方ひとつにしても、自然に身についたものという感じがしましたね。しかも、ちょっと遠目に見たらお寿司屋さんの兄ちゃんだもん(笑)。

それぐらい佇まいも美しかったですよ。相葉くん、寿司職人のドラマをやればいいのに! 吹き替えなしで違和感なくできると思います。たいしたもんですよ。しかも、本当にうまかった! もっと食べたかったです。

最後、ハマグリを食べようとしたら、井ノ原くんが、しゃべらなきゃいけないからってお椀を置いたんですよ。だからオレも“こういう時は置くものなんだな”って、我慢して置きました(笑)。もし、相葉くんがお店を開いたら…行くぜ(笑)」

※番組情報:『相葉マナブ』
2019年4月28日(日)よる6:00〜6:56、テレビ朝日系24局

関連記事(外部サイト)